映画『孤狼の血』

2018年の映画賞レースを席巻した、暴力と理不尽とにまみれた衝撃の映画。

ヤクザよりよっぽどヤクザみたいな刑事に役所広司さん、優等生のぼっちゃん刑事に松坂桃李という異色コンビでありながら、これ以上のキャスティングはないと思わせてくれる名作です。

原作とは違う、映画ならではのラストは凄まじすぎて驚愕しますが、日岡の覚醒に焦点を当てたこのラストはお見事です。

グロいシーンが苦手な人には決しておススメできませんが…「これは人形」と言い聞かせて、ぜひご鑑賞ください!

『孤狼の血 LEVEL2』を見るならば『孤狼の血』は必見ですよ!

スポンサーリンク

衝撃の豪華キャスト

広島県警

大上省吾:役所広司

呉原東署暴対課の刑事。ヤクザとはずぶずぶに癒着した関係で、見た目も態度もやることもヤクザよりヤクザみたいな刑事です。

原作者の柚月裕子さんによると、”おおがみ”という名前は”おおかみ(狼)”からきています。

日岡秀一:松坂桃李

ヤクザみたいな刑事・大上に振り回され、大上のやり方に大いに反発していく広島大学卒の優等生刑事。

しかしあることをきっかけに、日岡の価値観は揺らぎ始めます。

極道たち

ヤクザを演じているのは日本を代表する豪華俳優陣。彼らが演じる残酷なバイオレンスもあり得ない衝撃レベルです!

一ノ瀬守孝:江口洋介

服役中の尾谷に代わって尾谷組をあずかる若頭。大上とはかなり昵懇の間柄。

永川恭二:中村倫也

すぐに相手に噛みつきにいく鉄砲玉みたいな尾谷組若い衆。けんかでは相手の耳を食いちぎるという暴挙にでます。

野崎康介:竹野内豊

尾谷組と敵対する五十子会系加古村組の若頭。あの穏やかで顔からも優しさのにじみ出ている竹野内豊さんが、冒頭リンチのシーンでは悪魔みたいです。

吉田滋:音尾琢真

加古村組の構成員なんだけど、おらおら言うだけで実は根性なしのダメキャラ。股間に仕込んだ真珠が自慢。

滝井銀次:ピエール瀧

五十子会系右翼団体の代表。五十子会系でありながら大上とはかなり親しい間柄。

敵か?味方か?

高木里佳子:真木よう子

夫・賽本は元尾谷組幹部でしたが14年前に五十子会の金村に殺されました。それ以来五十子会のことは心底嫌っています。

岡田桃子:安部純子

日岡のケガの手当てをする薬局のアルバイト薬剤師。原作には登場しない映画オリジナルのキャラです。

映画の最後に吐くセリフは衝撃的すぎて世間を騒然とさせました。これテレビでは放送できないやつですよ。

高坂隆文:中村獅童

安芸新聞社の記者。14年前の尾谷組と五十子会の抗争にまつわるある噂を追っています。

原作とは違う映画のあらすじは?

昭和も終わりを迎えようとしている63年、広島県呉原市。

マル暴刑事・大上のいる呉原東署に、日岡という超が付くくらい真面目な優等生刑事が赴任してきます。

日岡は大上に付いて行動を共にしていると、パチンコ屋ではヤクザに喧嘩をふっかけてこいと言われ、ヤクザの事務所では大上と組員の昵懇な関係とお金まで受け取っているところを目の当たりにします。

加古村組系列の呉原金融で働いていた上早稲が加古村組の組員に拉致されたという情報を仕入れれば、情報提供を拒む連れ込み宿に放火してボヤ騒ぎを起こして、その隙に監視カメラの映像を盗み出す大上。

警察官としてあるまじき行為のオンパレードに釈然としない日岡。

加古村組が尾谷組のシマでやりたい放題しはじめ、尾谷組の若い衆・タカシが殺されると、双方の報復合戦が始まりました。

いま加古村組の挑発に乗るのはよくないと大上が尾谷組の一ノ瀬を説得しますが、3日という期限がつけられました。

大上の違法行為はとどまるところを知らず、加古村組の吉田とチンピラの善田を拷問して、上早稲が殺されて無人島に埋められたことをつかみます。

上早稲の遺体を発見してやっと加古村組を追い込めると思った矢先、安芸新聞社の高坂が、呉原東署の署長に大上の違法行為や14年前の五十子会幹部・金村殺害事件に大上が関わっているであろうことを密告し、大上は捜査から外され謹慎処分を受けてしまいます。

一方、日岡は大上の言動全てを日誌に書きとめ、尾谷組とのやり取りを録音し、監察官・嵯峨に報告していました。

日岡はスパイでした。大上とヤクザとの癒着の証拠を集め、14年前の金村殺害の証拠となる「大上の日記」を探し出すことを嵯峨から命じられていました。

大上は謹慎中にも関わらず五十子や一ノ瀬に会いに行き、なんとか戦争が起きないように奔走しています。

法が極道を抑えてくれる訳がない、堅気のふりして極道が地下に潜らないように、ヤクザを飼い殺しにするのが自分の役目だと言う大上のやり方に、日岡は納得できないながらも次第に大上の身を案じるようになっていきます。

銀次からは大上にとってヤクザは堅気を守るためのただの駒でしかないと聞かされ、リコのママ・里佳子からは「大上の日記」を見せられて金村を殺害したのは自分だと告白されました。

大上の記したノートには広島県警上層部の不祥事やもみ消しなど、汚行の限りが書き記されており、上層部は保身のために日岡をスパイとして送り込んでいたのでした。

大上にも日岡が県警のスパイだということは最初からばれていたようでした。

大上の姿が見えなくなって数日後、港で大上の遺体が発見されます。血中からは大量の睡眠薬とアルコールが検出され、10か所以上も刺されているにも関わらず、県警は大上の死亡を事故として発表しました。

大上の胃の中には豚の糞が入っていたことを知ると、日岡はかつて加古村組のチンピラが上早稲をリンチした養豚場に行き、そこで大上が大切にしていた狼の彫り物のあるジッポーを見つけました。

日岡は大上の血を受け継ぐことを決意しました。

日岡は、五十子会主催のパーティーで五十子正平がトイレに行った隙に尾谷組を誘導し、一ノ瀬に五十子の首を獲らせます。

若い衆が服役するという約束でしたが、日岡は一ノ瀬を現行犯で逮捕しました。

日岡は五十子主催のパーティーに参加しておきながら、尾谷組の討ち入りが行われたときに現場から逃走した嵯峨にも対決する姿勢を示しました。

映画の見どころは?

ヤクザものなので刺した刺されたというバイオレンスはもちろん、生首や死体などかなりグロいシーンが満載なので、そういう映像が苦手な人は見てはいけない映画です。

でも「これはフィクション、あれは人形」と自分に言い聞かせながら、なんとか頑張って見ると、こんなにおもしろい映画はないと最後には感動することでしょう。

最初はヤクザよりヤクザみたいな刑事・大上のやり方に日岡と同じように釈然としないものを感じ、もしかしたら嫌悪さえもするかもしれません。

ところが、物語が進んでいろんなピースがぴったりとはまっていくにつれて全く別の感情へと変わっていくことになります。

日岡の感情に自分もシンクロしていくとき、鳥肌が立つくらいの感情を抱くに違いありません。

原作本を読んだ時にも衝撃でしたが、映像で見ると説得力は半端ない。

しかも原作の結末とは違って、五十子正平が一ノ瀬に首を獲られるって、いくら大上の仇とは言え日岡の覚醒と覚悟には度肝を抜かれます。

この歪んだ世界の中では何が本当の正義なのか。日岡の戦いはまだまだ続きます。

『孤狼の血』を見たら『孤狼の血 LEVEL2』を見ずには終われませんよ!

視聴する方法は?

動画配信サービス


2021年7月26日現在 現在の配信状況についてはホームページもしくはアプリをご確認ください。

U-NEXT 見放題
FOD PREMIUM レンタル 400pt
dTV レンタル 330円(標準)
レンタル 440円(高画質)
amazon prime 見放題
tsutaya tv 見放題
Hulu
music.jp レンタル 330円

レンタルDVD

TSUTAYA DISCAS ならDVDの宅配レンタルが利用できます。



購入


Blu-ray 2965円 / DVD 2372円
【価格は2021年7月26日現在】

スポンサーリンク