柚月裕子のヤクザ小説『孤狼の血』衝撃の結末とあらすじ(ネタバレ)

ヤクザもの小説は数々ありますが、「やくざvs警察」という血なまぐさい構図の中で描かれるのはむしろ警察の話。

しかも物語を仕切っている警察官がヤクザよりヤクザみたいという…、面白くない訳がない!

柚月裕子さんってこんな方↓

この美しい女性がこんなにも荒々しい物語を執筆されているなんて、にわかには信じられません。

ヤクザもの大好きと豪語するだけあってその過激で荒々しい描写は凄まじいものがあります。

ただ荒々しいだけではなく、物語の根底には人間の性や情、美しい感情もドロドロした感情もすべて包括されていて、熱い血の流れる物語です。

スポンサーリンク

小説『孤狼の血』のあらすじは?

昭和63年、一旦は沈静化しているように見えた暴力団同士の抗争に再び火種が見え始め、荒々しい血がうごめく広島県呉原市。

呉原東署の捜査二課に配属されたのは広島大学卒の超真面目ぼっちゃん刑事・日岡秀一

下で働くことになった班長の大上章吾は県下でも有名な凄腕のマル暴刑事で、物騒なうわさは数知れず、パナマ帽がトレードマークで見た目も極道顔負けの身なりをしていた。

最初に連れて行かれたパチンコ店では、大上は日岡に明らかに堅気ではない男に因縁をつけてくることを命じた。

「一戦交えそうになったら出ていっちゃる」と言う大上の言葉を信じて、日岡は男に喧嘩を売ったが、ボコボコにされついに男が刃物を出したところでやっと大上が登場。

その男は加古村組の若い衆・苗代という男で、加古村組系列の呉原金融で働いていた上早稲が行方不明になっている件について何か重要なことを知っているらしい。

次に日岡が大上に連れられて訪れた尾谷組事務所では、若頭の一ノ瀬と大上は極めて親し気で、尾谷組と敵対する仁正会滝井組の滝井銀次とも大上は昵懇の関係のようだ。

封筒のようなものが大上に手渡され、大上はヤクザから現金まで受け取っている癒着関係にある。

銀次から得た情報によると、広島市内の連れ込み宿に潜伏していた男が4人組の男に連れ去られたとのこと。その連れ去られた男が上早稲じゃないかということだ。

大上と日岡は広島の連れ込み宿に行き、防犯カメラの映像を確認すると、上早稲が4人の男に拉致されるところが映っており、その4人組の1人は先日日岡が喧嘩をふっかけた苗代だった。

尾谷組準構成員・柳田孝の殺害、加古村組への発砲、尾谷組幹部宅への発砲…と、報復合戦ともとれるきな臭い事件が続く中、大上は一ノ瀬に「わしに任せろ」と説得した。

大上はいきつけの小料理や「志乃」の晶子をつかって加古村組の吉田を呼び出し、極道顔負けに脅しあげ上早稲を殺害したいきさつを聞き出した。

大上と日岡が志乃で飲んでいると「安芸新聞社」の高坂という男がやってきた。広島県警の裏金を嗅ぎまわっている記者で、14年前に五十子会の若頭・金村が殺された事件は大上が犯人だというタレコミがあったと言う。

情報を元に瀬戸内海に浮かぶ無人島を捜索したところ上早稲の遺体が見つかり、加古村組を壊滅させることができると喜んだのもつかの間、大上が自宅謹慎を命じられた。

吉田に渡した500万円の件を安芸新聞社の高坂が署長の耳に入れたということだった。

五十子会の幹部・吉原が尾谷組の永川に銃撃され、事態はもう引き返せない状況に。警察としては五十子会と尾谷組の両方に顔が利く大上の力を頼らざるを得ない状況になっていた。

日岡が謹慎している大上に会いに行くと、大上は「五十子に会ってくる」と言い、大事にしている狼の絵柄が彫られたジッポーを日岡に渡した。

大上が五十子に会いに行くと、五十子は尾谷組から一ノ瀬を破門することを要求してきた。大上は五十子の秘密を切り札に一ノ瀬破門の要求を取り下げるよう五十子と交渉した。

そのことを日岡に話した夜から、大上の消息はぷっつりと途絶えた。5日経っても全く姿を見せない。日岡は胸騒ぎが止まらなかった。

それからしばらくして港で男性の水死体が上がったとの連絡が日岡の元にもたらされた。大急ぎで現場に急行した日岡は、遺体を見て愕然とした。それは間違いなく大上だった。大上は五十子によって消されていた。

晶子は、大上から「万が一のことがあったら日岡に渡してくれ」と頼まれていたものを日岡に渡した。

現金2000万円とノートが1冊。

現金は捜査費用に充てるため、ヤクザから上前を撥ねて貯めていたものでノートには警察幹部の不祥事やもみ消しなど汚行の限りが記されていた。

一見ヤクザと癒着しまくりやりたい放題やっているように見える大上が、上からのお咎めなく自己流の方法で捜査を続けられたのは、このノートのおかげだったのだ。

そして晶子は衝撃の真実を告げた。高坂が「大上が犯人だ」と言っていた金村殺しは実は晶子が殺ったのだと…。

晶子の夫・賽本は尾谷組の若頭だった。五十子会の金村が賽本を殺し、その妻である晶子に言い寄って体を求めてきたので、金村をめった刺しにしたのだった。大上は何事もなかったかのように事件を処理し、大上と晶子は「同志」になった。

日岡は筆ペンで、呉原東署に赴任してから書き綴っていた日誌を黒く塗りつぶし始めた。

実は日岡は大上の動向を観察するために県警本部の監察官・嵯峨が送り込んだスパイだった。県警上層部は大上が持つ秘密のノートを手に入れ、大上を何らかの形で処分するつもりでいたのだ。

市井の人々の生活を守るなどという正義は嘘っぱち。結局は上層部の保身のためだけに利用されただけだと悟った日岡は、黒く塗りつぶした報告書を嵯峨に叩きつけ、大上の血を受け継ぐ覚悟を固め大上からもらったジッポーを握りしめた。

小説を読んだ感想

原作では最後の最後まで日岡がスパイだということがわからないので、映画と比べると日岡のスイッチが入る瞬間がわかりにくく感じるかもしれません。

大上の真実、黒塗りされた日誌…全てはこういうことだったのかと、点がつながったとき時は鳥肌が立つくらい衝撃を受けました。

結局、ヤクザ小説ではなく警察小説だったという大どんでん返し。本当にお見事でしたね。

大上自身も警察官になる前はけんかっ早く、銀次とはそのころから持ちつ持たれつの腐れ縁だとか、大上の妻子が五十子に殺されたという過去があり、その息子の名前が秀一だったとか、映画では描かれていない珠玉のエピソードも満載です。

映画ももちろん見てほしいのですが、ぜひ小説の方も!

『孤狼の血』を電子書籍で!

2024年2月5日時点の情報となります。 オフィシャルサイトにて必ず最新の情報をご確認ください。

ebookjapanで初めてログインする方は70%OFFクーポン配布中(6回利用可)!

U-NEXT 836円
music.jp 836円
amazon prime 418円(Kindle版)
836円(紙の文庫本)
ebookjapan 836円
Booklive 836円
コミックシーモア 836円
honto 836円