漫画『ノイズ[noise]』どんな結末?あらすじとネタバレ

過疎化と高齢化の進む限界集落で町の救世主となった黒イチジク。それを作ったのは若き農園主・泉圭太でした。

明るい未来だけを見据える町民の前に現れたのは、かつて女子大生ストーカー殺人事件を起こし、仮釈放中の逃亡犯・鈴木睦雄。

悪意にまみれた鈴木睦雄の行動は、不幸な悪意の連鎖を起こし、後戻りできないところへと向かって行きます。

本来善良であるはずの人間を、次々に巻き込み試していく新感覚サスペンス。ある意味、本当に怖いです…。

スポンサーリンク

漫画のあらすじは?

名古屋から2時間のところにある猪狩町。地域の特産品”黒イチジク”が評判になり、ふるさと納税の返礼品に指定されると、納税が殺到し過疎化と高齢化が進んでいた町は一気に活況を呈しました。

この”黒イチジク”を作ったのはイズミ農園の泉圭太、34才。町を建て直し、現在離婚協議中の妻・加奈と小学校3年生の娘・恵理奈と一緒に暮らせることを願っています。

幼なじみで農園の手伝いをしていくれている田辺純と話をしていると、販売所のところでお金を払わずに黒イチジクを食べている男が見えました。

声をかけるとその男は「鈴木睦雄」と名乗り、農園の求人のチラシを見てやってきたと言いました。

言い知れぬ嫌な雰囲気を感じ取りその場で返事は保留にして追い返しましたが、調べてみるとその男は14年前に女子大生ストーカー殺人事件で逮捕された「小御坂睦雄」でした。

一方、愛知県警本部には保護司をしている父・賢治と連絡が取れないと、鈴木景子が訪ねていました。景子によると、父は間もなく出所してくる受刑者の名字「小御坂」が珍しいもので社会復帰の妨げになるから養子縁組をすると言っていたとのこと。

相談を受けた愛知県警捜査一課の畠山努は、かつて小御坂が起こしたストーカー事件を担当していた刑事で、犠牲となった女子大生を守り切れなかったばかりか、両親から怒りを買い額に傷を負っていました。

「鈴木睦雄」の家に行ってみると、郵便物から仮釈放中の身でありながら出頭要請を無視していることが分かり、鈴木賢治の部屋から、鈴木睦雄に猪狩町の農園の仕事を紹介したというメモ書きが見つかり、畠山は猪狩町に向かうことにしました。

圭太は猪狩町の駐在所に事情を話しにいきました。対応したのは着任したばかりの若い巡査・守屋真一郎でした。そこに舞い込んできたのは鈴木睦雄が逃亡しているという県警本部からの情報。

そして純が、圭太の家の草むらの影から鈴木睦雄が荷物を取りに来ていた加奈と恵理奈のことをずっと見ていたことを知らせに、駐在所に飛び込んできました。

圭太と純と守屋巡査は、とりあえず3人で鈴木睦雄の身柄を確保して県警本部に引き渡そうということになり圭太の家へと急ぎました。純は威嚇用に弾の入っていない猟銃を携行していました。

加奈と恵理奈を大急ぎで名古屋に返し、圭太と純と守屋巡査の3人は鈴木睦雄から話を聞くことにしました。

守屋巡査は、鈴木睦雄という仮釈放中の受刑者が逃亡していることを告げ、免許証の提示を求めました。服役中に免許証を更新すると、住所が服役していた刑務所の所在地になるということです。

泣いたふりをした鈴木睦雄が胸ポケットからナイフを取り出すのを見逃さなかった圭太は、鈴木睦雄を組み伏せました。守屋巡査に手錠をかけるように促しましたが、手錠が紐に絡まってなかなか取れず、ようやく取れた時には鈴木睦雄はすでに息絶えていました。

圭太と純と守屋巡査の3人は、事件をなかったことにするために鈴木睦雄の遺体をとりあえず純の家の冷温室に隠すことにしました。

そこへ愛知県警の畠山が到着しました。狩猟期間でもないのに純が猟銃を持っていることや、絞められているときに鈴木睦雄が圭太の腕に噛みついた歯型についてしつこく聞かれましたが、なんとかその場はごまかしました。

警察が鈴木睦雄が乗ってきたと思われるレンタカーをGPSで発見すると、車の中からは鈴木賢治の遺体が発見されました。

捜査本部が立ち上がると猪狩町に刑事が次々と聞き込みに訪れ、駐在所ではなぜ不審な人物が目の前に現れながら身柄を確保しなかったのかと守屋巡査が叱責を受けていました。

町議会助役の庄司義昭はひょんなことから横田庄吉じいさんから「圭太と純と新入り警察官が、ネコ車で死体を運んでいるところを目撃した」という話を聞きます。助役は「お前が殺したんだろ。警察をやめろ。」と守屋巡査を脅しにいきます。

守屋巡査は自分が鈴木睦雄を殺してしまったとボイスレコーダーに録音し、拳銃で自殺を図ろうとしましたが、失敗。一命はとりとめましたが昏睡状態が続いていました。

守屋巡査一人に罪を着せるはずが計画が狂ってしまい、助役は今度は純に罪をかぶれと脅してきました。そして泉圭太にも町を出ていってもらうと。

全ては町のためなどと言いながら、結局は財を独り占めしたいだけの助役に、後ろから鋤を突き立てたのは庄吉でした。純は持っていた斧でとどめを刺しました。

鈴木睦雄を殺したことも助役を殺したことも1人で背負うつもりの純に、圭太は「借りを返したい」と言いました。

高校生のころ、純も圭太も同級生の加奈のことが好きでした。純は圭太のために身を引いて、圭太と加奈は結婚するに至っていたのでした。

圭太は鈴木睦雄と助役の遺体を冷温室ごと燃やし、助役の不正横領を糾弾していた圭太が助役を殺してしまい、その後自殺をしたというシナリオを作りました。

鈴木睦雄の焼死体は圭太として処理されるはずでしたが、もちろん警察が鵜呑みにするはずがありません。泉圭太の行方を全力で探そうとしますが見つかりませんでした。

意識不明の重体だった守屋巡査は数週間後意識が回復しましたが、事件に関する記憶は一切なくなっていました。

そんな中、鈴木睦雄のスマートフォンが富士の樹海につながる道路上で発見されたことから鈴木睦雄は樹海に消えたとされ、事件は不可解な謎を残したまま捜査本部は解体されました。

3年後、イズミ農園はタナベ農園と名前を変え、純は加奈と結婚して恵理奈と3人で暮らしていました。イズミ農園が農林水産大臣を受賞したおかげで町に3億円の交付金がおり、新しい小学校も建設され若い家族の移住も増え、町はさらに活気づいていました。

ある日純が燃やしているゴミの中から、圭太の筆跡のメモを見つけた恵理奈。圭太はどこかに隠れて生きていて、純はその支援をしているに違いないと踏んだ恵理奈は、純のスマホから次に圭太に物資を届ける予定の日と場所を特定し張り込むことにしました。

恵理奈は、純が物資を運んだことを確認し、圭太が現れるのを待つことにしましたが、不覚にも眠ってしまい、目が覚めた時には物資はなくなっていました。

慌てて森の中に駆け込み圭太を探す恵理奈は、崖から転がり落ちてしまいました。大けがをして動けなくなった恵理奈は、葉っぱを丸めて笛を作りSOSのサインを吹きました。それは昔圭太に教えてもらったサインでした。

恵理奈の姿が見えなくなり慌てた純と加奈は、圭太との約束よりも恵理奈の身の安全を優先し、警察に通報しました。

警察と純と加奈が、物資を届けた場所に行くと、ケガをした恵理奈を抱きかかえた圭太が現れました。

圭太はこれでやっと罪が償うことができると少しほっとした表情で帰ってきたのでした。

漫画の感想は?

前向きに上向きに進み始めた町に落とされたたった1滴のノイズ。それを消すために侵してしまった殺人が、次から次へとノイズを生み、後戻りできなくなってしまいます。

町民にとって泉圭太は町のピンチを救ったヒーローのような存在なので、圭太が犯罪に加担しているかもしれないという事件に対して町民が嫌な気持ちになるのは当たり前のような気がします。

犯罪はダメなのは、殺人は罪なのは頭ではわかってるんですよ。命の重みに差がないことも。

だけど犯罪を犯して服役しても一切の反省なく、悪意にまみれた人間が自分の身の回りに現れたら…。その人間と大事な人とを天秤にかけたら…。自分の身に起こっても、世間で「正しい」とされる選択ができるかどうか。

殺人事件が起きて犯人捜しをするという、いわゆる普通のサスペンスとは違います。

たった1滴の悪意が、次の悪意を呼び、さらなる悪意を呼び起こしてしまう…。もしも自分がその立場になったら、同じことをしてしまうかもしれない…そういう怖さに満ちたサスペンスです。

映像化されると、人の心の動きがもっとリアルなものに感じられて怖いんだろうな。映画化されるのはすごーく納得の物語でした。

購読する方法は?


8/31までebookjapanスペシャルクーポン利用で329円/巻!
【価格は2021年8月9日現在】

U-NEXT 658円/巻
FOD PREMIUM 599pt
music.jp 658円/巻
amazon prime 659円/巻(Kindle版)
693円/巻(紙のコミック)
漫画全巻ドットコム 658円/巻
ebookjapan 658円/巻
まんが王国 599pt/巻
Booklive 658円/巻
Renta! 599pt/巻
コミックシーモア 658円/巻
honto 659円/巻
スポンサーリンク