映画『るろうに剣心~伝説の最期編』珠玉のキャストで愛の物語を(含ネタバレ)

京都大火編に続くシリーズ3作目。

京都大火編で志々雄の底なしの恨みと恐ろしさを思い知らされ、薫も失った剣心。不殺の誓いを破ることなく志々雄を討つことができるのか。そして、謎の男は一体誰なのか。

原作漫画「るろうに剣心~明治剣客浪漫譚」の中の『京都編(7~17巻)』の後半部分を描いたこの映画。ついに剣心と志々雄は対峙します。

前半を描いた『るろうに剣心~京都大火編』では、ひたすら志々雄の残忍さと維新政府に対する恨みばかりが描かれていましたが、それに決着をつける本作品のテーマは”愛”です。

剣心と薫、仲間たちの愛。御庭番衆御頭:四乃森蒼紫への翁や操の愛。それはもちろんそうなのですが、一番の見どころは……。

この映画は『るろうに剣心 京都大火編』の続編です。必ず前2作品をみてから鑑賞してね!

 

スポンサーリンク

謎の男:福山雅治は… 剣心の師匠

比古清十郎:福山雅治

海辺に落ちていた剣心を拾って帰ったのは、剣心の育ての親であり師匠である比古清十郎でした。

志々雄を討つため、飛天御剣流の奥義をお教え願いたいと懇願する剣心に、「バカ弟子」「お前には欠けているものがある」「奥義の代わりに引導をくれてやるのが師匠としての最期の務め」と言いたい放題。

まあ、愛のムチなんですけどね。剣心は師匠の反対を押し切って人斬りとなった訳ですから…。

これまで無敵とも思える剣心を簡単に振り飛ばしあしらう、最強の師匠。この役を演じられるのは福山雅治さんしかいないと、監督はじめスタッフ全員の総意です。

佐藤健さんは福山さんのラジオに出演して「ぴったりの役があるんですよ。剣心の師匠。」って公の電波の乗せてオファーしたというエピソードまであります。

『るろうに剣心 京都大火編』の最後、何かが起ころうとしていることを予感させる登場シーンは、福山雅治さんの偉大な存在感あっての、映画ならではの演出です。

伊藤博文と維新政府

伊藤博文:小澤征悦

原作には伊藤博文も、志々雄が維新政府と取引する場面も出てきません。完全な映画オリジナルのストーリーです。

伊藤博文はいわば『権力の象徴』です。権力に都合のいいように使われ、都合が悪くなったら抹殺される、そんな志士たちが無数に存在していたことを、その無念さを描かなければ「るろうに剣心」は存在しえないのです。

剣心を志々雄の刺客として送り込んだにもかかわらず、志々雄もろとも見捨てようとするんです、伊藤は!血も涙もないってこういうことでしょ。

新しい日本のため?そんな大義名分でもやっていいことと悪いことがあるでしょ。

志々雄よりも何よりも、一番の悪は政治や権力なのではと思わずにいられない…志々雄はその最大の被害者なのかも…同情してしまうのは私だけではないはずです。

おまけの隠れキャラとプチ見どころ

隠れキャラ:お笑い芸人のほんこんさん

映画の冒頭、志々雄の甲鉄艦「煉獄」が浦賀に到着した時、村人が「黒船が!」と大騒ぎするシーンで「幕末の夢でも見たか」と応じる警官がお笑い芸人のほんこんさんです。

ちょい役とはいえ、セリフまであるなんて。(笑)

左之助の挑戦 ついに成功!

『るろうに剣心 京都大火編』で、剣心の真似をして川を飛び越えようとして失敗した左之助。

今回は煉獄の中でターザンのように飛び越える技を成功させています。舞台挨拶でも青木崇高さんが「今回は成功してます」と語った、密かな見せ場!

映画のあらすじ(少しネタバレ)

波打ち際に落ちていた剣心を拾って帰ったのは、孤児だった剣心を育て剣術を教えた師匠・比古清十郎でした。

剣心が維新に力を貸したいと言ったとき、一度は縁を切った師弟でしたが、剣心の「生きたい」という気持ちに動かされ、奥義を伝授します。

東京に戻る途中、剣心を討ち取ることに命をかける四乃森蒼紫と遭遇します。しかし、生きるために剣を振るう剣心に、蒼紫は惨敗してしまいます。

東京に戻った剣心は、警察に捕らえられ、志々雄真実から明治政府への揺さぶりにより公開斬首の刑に処せられることとなります。

一方、死んだと思われていた薫も無事に生きていました。そして、薫と左之助と弥彦も江戸を目指しますが、江戸に着いた薫たちが最初に目にしたのは、なんと剣心の公開処刑のお触書でした。

浜辺では志々雄の仲間である十本刀の目の前で、剣心がまさに刑に処されようとしています。しかしこれは、明治政府による演出でした。

刀を握っていたのは斎藤一であり、剣心の首ではなく、剣心を拘束していた縄を切ったのです。そこで、政府軍と十本刀との戦いが始まります。

そして、剣心は舟に乗り、志々雄の待つ決戦の場「甲鉄艦 煉獄」へと向かいます。

 

映画の見どころは?

飛天御剣流奥義 「天翔龍閃」

志々雄との対決シーンで、剣心がついに飛天御剣流の奥義をくり出します。その名も「天翔龍閃(あまかけるりゅうのひらめき)」。

ふつうは右足を前に踏み込むのが抜刀術の基本。そこからさらに一歩左足を踏み込むことで、刀に加速と加重を与えたのが「天翔龍閃」です。

志々雄との決戦で、一瞬、剣心の左足が映るカットがあり、原作を読んでいたファンは、その瞬間に「出た!」と興奮したに違いありません。何を隠そう私もその一人。

原作を読んだ人にしかわからないこの1カット、監督さすがです!

剣心の赤い着物

「京都大火編」で神谷道場に置いていった赤い着物。東京に戻った剣心に、恵が「これを着ていって」と手渡します。

これは薫の役目なのでは?という意見もありますが、薫は何度も口に出して「殺さないで」と剣心に伝えているので、これを薫がやるとなかなかしつこい演出。恵が渡すことで、抜刀斎に戻ってほしくないという仲間の気持ちを剣心が受け取る感動的なシーンになっていると思います。

剣心の罪状

浜辺で剣心の罪状を読み上げるとき、最後に「京都見廻役 清里明良」の名前があります。清里明良は剣心の回想シーンでたびたび登場する、頬の十字傷の一本目を付けた若い侍です。

神妙な面持ちで罪状を聞く剣心。その胸の中には、またあのシーンがよみがえっているのでしょう。

決戦の舞台 甲鉄艦「煉獄」

剣心 vs 天剣の宗次郎、剣心 vs 志々雄真実 …いよいよ決戦

原作での決戦の舞台は、比叡山にある志々雄のアジトですが、映画では甲鉄艦「煉獄」がその舞台となります。

これは作者の和月氏の思い入れが形になったものです。

連載当時はインターネットもなく、戦艦の情報を仕入れることは簡単ではありませんでした。戦艦を描きたくても描けなかったという作者の悔しさから「ラストでは煉獄をフィーチャーしましょう」ということになったのだそうです。

最大の見どころは、 ”愛” の物語!

四乃森蒼紫との対決

最強の称号にとらわれ剣心との対決に執念を燃やす四乃森蒼紫が、ついに剣心と刀を交えます。

満身創痍の翁は剣心に「蒼紫を殺してくれ。操のため、蒼紫自身のため…」と頼み絶命していきます。修羅に落ちてしまった蒼紫を救う方法は他にないと、蒼紫とは別の形の、御庭番衆を思う翁の愛です。

そして「翁の仇をとりたいなら遠慮なく殺れ」という蒼紫に「あなたには生きてもらうわ。爺やの分も。ほかの御庭番衆らの分も。」と応える操。生きることで仲間に報いることができると信じる操の愛です。

志々雄真実との対決

志々雄は最後の対決シーンで、由美の体ごと剣心に刀を突き立てます。「愛する人を裏切ってまで」と非難する剣心に、志々雄は「てめえのものさしで測るんじゃねえよ」と応えます。

由美は「初めて戦いのお役に立てた」と喜んで死んでいきます。そんな由美を志々雄は、敵に背中を見せながら抱きかかえて運んでいくのです。そして、その時の目は修羅の目ではなく、とても優しい目をしています。

志々雄は自分も長く持たないことがわかっています。「先に地獄で待ってろ」と由美に語りかけ、最後の戦いの場に…。

志々雄は時代の犠牲者として描かれ、心の中に残忍さと闇を宿した哀しき志士です。愛する人とともに、その魂が安らかに眠ることを感じさせる、常識では測れない深い愛の物語なのです。

主題歌はもちろん ONE OK ROCK

これまでの2作とは違って、「愛の物語」にふさわしいラブバラードです。

ONE OK ROCK -Heartache-

視聴する方法は?

『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』を鑑賞する前に、3部作『るろうに剣心』『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』を見ておくことは必須です!

動画配信サービス


単なるヒーローものと侮るなかれ。奥深い愛の物語です。
2021年6月14現在 現在の配信状況についてはホームページもしくはアプリをご確認ください。

U-NEXT レンタル 199円
FOD PREMIUM
dTV レンタル 220円
amazon prime レンタル 100円
Hulu
music.jp レンタル 299円

レンタルDVD

TSUTAYA DISCAS ならDVDの宅配レンタルが利用できます。


購入


HD(高画質)ダウンロード版 999円
Blu-ray 5853円 / DVD 4390円
【価格は2021年6月14日現在】

スポンサーリンク