衝撃の映画『娼年』の原作小説を漫画で読んでみた

松坂桃李さん主演の衝撃作『娼年』。女性たちのさまざまな欲望に寄り添う、リョウの優しさが感じられる物語です。

原作は石田衣良さんの『娼年』ですが、コミック版でも読むことができます。

コミック版は映画とは一味違うエロさがあります。

エロさだけではなく、映画では言葉にならなかったリョウの心の声を聞くことで、彼の優しさを、ぜひ感じてください。

スポンサーリンク

小説のあらすじ

映画は原作小説に忠実に作られていて、ほぼ同じあらすじです。

原作には、映画の女性たちのほかに、3人でプレイすることが好きなマリコ、ドイツ人の夫を亡くしたバイオリン奏者のナミコの話が収録されています。

購読する方法は?


コミック版は3巻完結です。
【価格は2021年2月現在】

コミック版 小説版
U-NEXT 477円/巻 385円
FOD PREMIUM 434pt/巻
music.jp 385円
amazon prime 477円/巻(kindle版) 385円(kindle版)
440円(紙の文庫本)
漫画全巻ドットコム 477円/巻
ebookjapan 477円/巻 385円
まんが王国 434pt/巻
Booklive 477円/巻 385円
Renta! 434pt/巻
コミックシーモア 434pt/巻 350pt
honto 477円/巻 385円

ポイント購入は、100pt購入に110円かかるので、同じ価格となります。

 

シリーズ本 『逝年』『爽年』

『娼年』には続編の『逝年』、7年後の『爽年』が出版されています。

『娼年』をコミックまたは小説で読んだ方は、ぜひとも続きを読んでみてください。

Le Club Passion だけではなく、メグミにも、リョウと御堂静香の関係にも続きがあります。

    スポンサーリンク