映画『前科者』完全オリジナルストーリ―を彩るキャストは?

「保護司」とは、「前科者」の更生と社会復帰のために伴走する無給の国家公務員のことです。

そんな「保護司」の目を通して描かれた漫画『前科者』がドラマとなり、さらに完全オリジナルストーリーで映画になります。

「前科者」に寄り添い更生を信じて奔走する佳代が、その目の先に見つめるのは「希望」です。

立場は違ってもそれぞれに壮絶な過去を持ち心に闇を抱える登場人物たちが、それでも前を向いて必死で生きている姿は、何か大切なものを教えてくれます。

人はひとりでは生きていけないから…。サスペンスと共に描かれるのは壮大なヒューマンドラマです。

スポンサーリンク

映画を彩る珠玉のキャスト

阿川佳代:有村架純

ドラマに引き続き保護司として懸命に働く女性を体当たりで演じています。映画版では佳代が保護司を目指すことになった経緯も描かれます。

工藤誠:森田剛

職場でのいじめが原因で同僚を殺してしまいましたが、本当は気弱で優しい男です。

過去にトラウマを抱える難しい役に「勝負したい」と6年ぶりに映画出演!森田剛さんの意気込みが感じられる難役です。

誠が幼い頃、蒸発した義父・遠山史雄はリリー・フランキーさん。一体どんな風に関わってくるのでしょう。

滝本真司:磯村勇人

失踪した工藤を追う若手刑事。

複雑な生い立ちを持っていて、心の中には人知れぬ闇を抱えています。複雑な感情を「まなざし」で表現したという岸監督絶賛の演技は必見です!

マキタスポーツさん演じるベテラン刑事・鈴木充とバディを組んでいます。

ドラマ版からの引き続きキャスト

北村有起哉さん演じる佳代の監督・指導をする保護観察官・高松直治、宇野祥平さん演じる佳代が働くコンビニの店長・松山は、映画でも時に優しく時に厳しく佳代のことを支えてくれます。

そして石橋静香さん演じる佐藤みどりという素晴らしい友達(?)!みどりは元は佳代が担当していた保護観察対象者なのですが、何事もあきらめず親身になってくれる佳代の良き理解者でもあります。

映画のあらすじは?

保護司になって3年の阿川佳代。相変わらず「前科者」のために泣いて笑って奔走する日々が続いていますが、次第に大きなやりがいも感じ始めていました。

工藤誠は、職場でのいじめが原因で同僚を殺めてしまい服役していました。根は非常に真面目で大人しい男です。出所後は佳代が担当することになり更生は順調に進んでいるものと思われました。

ところが、工藤の社会復帰まであと少しというある日、工藤は忽然と姿を消し、再び警察に追われることとなります。

一方で連続殺人事件が起こっており、その捜査の中で工藤は追われる身となっているようでした。

事件を担当する若い刑事・滝本真司は工藤を追っていく中で佳代と出会うことになります。滝本と佳代は同じ中学校の同級生でした。

工藤の更生を信じる佳代と工藤を追い続ける滝本。対峙する2人には壮絶な過去がありました。

そして佳代が保護司になった理由も明らかになっていきます。

映画の見どころは?

佳代が保護司として凶悪犯罪に立ち向かうサスペンスではありますが、物語の根底にあるテーマはドラマから不変…、これは壮大なヒューマンドラマです。

犯罪を犯した工藤だけでなく、犯罪者に寄り添う保護司の佳代にも、犯罪者を追う刑事の滝本にも壮絶な過去が存在します。

過去が現在の自分を作っているというと当たり前のようなことですが、そのことが自分の価値感を作り上げてしまったり、トラウマを生んでしまったりします。

犯罪を犯したりすることはもちろん、人には話したくないような壮絶な過去を持ちながら、懸命に生きようとする人たちの織りなす人間模様。

”個”を尊重する現代だからこそ、誰かを助けるということ誰かを支えるということはどういうことなのか、感じながら鑑賞したいですね。