豪華キャストで描く映画『[noise]ノイズ』藤原竜也が殺人犯に!

過疎化と高齢化が進む絶海の孤島・猪狩島。

島の若き農園主・泉圭太が作った【黒イチジク】は特産品となり、猪狩島に明るい未来と希望をもたらそうとしていました。

そこに現れた、悪意に満ちた1人の男。このたった一つの悪意ノイズ】が悪意の連鎖を引き起こし、島の運命を大きく狂わせていきます。

引き返すことができなくなった島の行きつく先は?

スポンサーリンク

物語を描く最高のキャスト

泉圭太:藤原竜也

妻と娘と幸せに暮らし、島の復興を一身に背負う若き農園主。島と娘の身を案じるがゆえに、不本意にも殺人を犯してしまいます。

田辺純:松山ケンイチ

圭太の犯した殺人をなかったことにする、圭太の幼なじみの猟師。

守屋真一郎:神木隆之介

地元猪狩島の駐在所に勤務することになった新米警察官。圭太と純を兄のように慕う幼なじみ。

憧れの警察官という仕事に就き理想と正義感にあふれる青年が、殺人という犯罪の共犯者となっていきます…。

物語後半の4分以上にわたる長回しのワンカットは、鳥肌ものの衝撃!

小御坂睦雄:渡辺大知

島に落とされたたった1滴の悪意…まさに【ノイズ】そのものです。

映画のあらすじは?

過疎化と高齢化の波に飲まれる絶海の孤島・猪狩島。

島に住む若き農園主・泉圭太が生産を始めた「黒イチジク」が世間で人気になり高く評価され始め、地方創生推進特別交付金5億円の支給がほぼ確実なものとなり、島は明るい未来と希望に満ちていました。

そこへ現れた小御坂睦雄と名乗る、悪意ある1人の男。

圭太と純と真一郎は、小御坂の不穏な言動に違和感を覚え、追い詰めようとします。そして圭太の娘の失踪を機に、図らずも小御坂を殺してしまいます。

島と家族の未来を守るため、圭太と純と真一郎はこの殺人をなかったことにしようとします。

ところが、この小御坂という男は元受刑者のサイコキラーだったため、小御坂の足取りを追って県警が島に押し寄せてきます。

殺人の事実を隠そうとする3人、真実を暴こうとする警察、そして島民たちの結束が交錯する中、第2、第3の死体が増えていきます。

凶悪犯が島に持ち込んだたった一つの悪意ノイズ】が、悪意の連鎖を生み、島は引き返せない状況へと呑み込まれていきます。

映画の見どころは?

15年前『デスノート』で夜神月(やがみらいと)とL(エル)として対決した2人が、今度は殺人の共犯者として共演することになり話題沸騰中です。

この物語は殺人事件の犯人を捜すというよくあるサスペンスではありません。

殺人事件は物語の序盤で、島を背負って立つヒーローとも言うべき圭太の手によって侵されます。

その殺人を隠すために、辻褄を合わせるために、次から次へと犯し続けなければならなくなる犯罪。

悪意を葬り去るための悪意が、さらなる次の悪意を招いて、島はもう後戻りできない極限状態へと追い込まれていきます。

原作よりさらに尖った物語へと発展させた劇場版。果たして島に希望に満ちた明るい未来は訪れるのでしょうか。そして圭太の運命は…。

たった1滴の悪意【ノイズ】から始まった新しいサスペンスです。

スポンサーリンク