映画『彼女が好きなものは』愛と青春と苦悩を描くキャストは?

原作は浅原ナオトさんの『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』という、なかなかのインパクトのタイトル。

”普通”じゃないってそんなにいけないことなの?好きなものを人前で「好き」って言っちゃいけないの?

ゲイの男子高校生BL好きの女子高生。周りと違う自分を隠して生きるしかないと思っていた2人が出会い、「恋愛」を通して自分自身を見つめ、少しずつ自分を解き放っていきます。

でも世の中ってそんなに簡単じゃないんですよね。最近では一つの人気ジャンルとして確立している【BL(ボーイズラブ)】と【腐女子】の、愛と青春と苦悩の物語。

スポンサーリンク

キャスト

安藤純:神尾楓珠

年上のマコトさんという彼氏がいます。原作では普通にキスしたりからまるシーンがあるんだけど、リアルに描くのかな。

三浦紗枝:山田杏奈

純にはバレちゃったけど、みんなの前ではBL大好きの【腐女子】を隠して生きています。

このところ生きづらさや苦しさを抱えた、クセの強い役が続いている杏奈ちゃん。振り切れた紗枝が見たいですね。

高岡亮平:前田旺志郎

純の幼なじみで親友。とにかくいいやつという旺志郎くんにぴったりの役です。お笑いコンビ「まえだまえだ」の弟くん。こんなに素敵な青年になっていたんです!

原作では、純との友情の証に、挨拶代わりに、純の股間をしょっちゅう”揉みしだく”んですけど…。ま、ま、まさか、映画でも?

小野雄介:三浦獠太

クラスのリーダー的存在で、言うなれば”世間代表”みたいな正論を言います。

キングカズ(三浦知良さん)とりさ子夫人の長男、映画初出演です!

今宮くるみ:池田珠那

ボーイッシュでサバサバした性格の紗枝の親友。

佐々木誠:今井翼

純と付き合っている年上の彼氏、マコトさん。ゲイでありながら、世間的には妻子がいる男性として生活している。

ミスター・ファーレンハイト:磯村勇斗

純のネット上の友人。同じくゲイでありHIVキャリア。純以上に生きにくさを感じている謎多き人物。

映画のあらすじは?

安藤純、高校2年生。みんな知らないけど実はゲイ。妻子あるマコトさんという恋人がいます。

ある日新宿の書店で、純はクラスメイトの三浦紗枝に会いました。紗枝の手の中にあったのはなんとBL漫画…。文字通り固まった紗枝は「誰にも言わないで」と純にお願いします。

目の前にいる僕が、君の大好きなゲイなんだけど…。そんなこと言えるわけない。

次の日から話すようになった純と紗枝は、BLイベントに行ったりグループデートしたりして次第に距離を近づけていき、ついにはつき合い始めます。

純はゲイでありながらも”普通”の生活に憧れていました。結婚して子どもをつくって、幸せな家庭を築きたい。そう思っていました。

「普通になりたい」と願いながら「普通になれない」自分。心と体はちぐはぐで、思っていたより問題は複雑でした。

映画の見どころは?

自分がゲイであることを隠している男子高校生と、BL好きの腐女子であることを隠している女子高生。

腐女子であることがいきなりばれてしまった紗枝が、結構開き直って純には本当の自分をさらけ出しているのに、一方で純は決して自分がゲイであることを明かそうとはしません。

純は本当は、女性と恋をして結婚をして家庭をつくりたいと願ってはいるのです。でも体が…女性には全く反応しない…。

会いたくて、愛おしくて仕方がないのは、父親ほども年が離れたマコトさん。

普通にみんなが好きなものを好きじゃない自分が悪いのか?好きなものを好きと言えない自分が悪いのか?

苦悩にあえぎながら、不器用に、それでいて純粋に自分と向き合おうとする、愛と青春の物語です。

生きづらい世の中、マイノリティについて深く考えるきっかけになるといいな。

スポンサーリンク