小説『沈黙のパレード』ガリレオシリーズ第9弾あらすじとネタバレ

静岡県の住宅の火事現場で見つかったのは、この家に住む老婆だけでなく3年前に行方不明になった女性の遺体…。

その家は23年前の少女殺害事件容疑者・蓮沼の実家でした。

23年前、蓮沼が無罪となり煮え湯を飲まされた形の草薙たちは、今度こそ蓮沼に裁きをと捜査に全力を挙げている最中、蓮沼の遺体が発見されます。

容疑者は、蓮沼に恨みを持つと思われる幾人もの善良な市民。

アメリカ帰りの湯川は親友である草薙のために事件解決へと協力を惜しみませんが、一方で、顔見知りになった人たちへの配慮も忘れないというかなり人間的な部分を見せます。

東野圭吾の大人気「ガリレオシリーズ」待望の第9弾。今回は短編集ではなく長編小説なので、早速映画化が決定しましたね!

スポンサーリンク

「ガリレオシリーズ」読む順番は?

超人気シリーズで大半のエピソードが映像化されています。短編集はドラマに、長編は映画にといった具合に。

元々、物理学者の「湯川学」は俳優の佐野史郎さんをイメージして書かれたそうですが、ドラマと映画のイメージからすっかり福山雅治さんのイメージが定着してしまいましたね。

小説も映画も単独で十分におもしろく楽しめるようになっていますが、できれば前から順に読んでいただくと、前のエピソードに絡めたいろいろな発見がありますよ。

タイトル 映像化
探偵ガリレオ ドラマ「ガリレオ第1シーズン」
予知夢 ドラマ「ガリレオ第1シーズン」
容疑者Xの献身 映画
ガリレオの苦悩 ドラマ「ガリレオΦ」
ドラマ「ガリレオ第2シーズン」
聖女の救済 ドラマ「ガリレオ第2シーズン」
真夏の方程式 映画
虚像の道化師ガリレオ7 ドラマ「ガリレオ第2シーズン」
禁断の魔術ガリレオ8 ドラマ「ガリレオ第2シーズン」
沈黙のパレード 映画

小説のあらすじは?

静岡県の小さな町で起こった火災。町でも有名なゴミ屋敷の焼け跡から発見されたのは、人間の遺体が2体。

そのうちの1人は、そのうちで一人暮らしをしていた老女と思われましたが、もう1人は3年前に東京都菊野市で行方不明になった若い女性・並木佐織であるとのことでした。

そしてさらに、亡くなった老婆の息子は「蓮沼寛一」といい、23年前の「優奈ちゃん事件」の容疑者でした。警視庁の草薙俊平は19年前に静岡のその家に訪れたことがあったのでした。

当時12才だった本橋優奈ちゃんが姿を消し、4年後遺体となって発見されました。蓮沼が静岡の実家に運んだ冷蔵庫からは、優奈ちゃんの血液が検出され、状況証拠から蓮沼寛一が逮捕されました。

しかし蓮沼は頑なに黙秘を続け、結局「無罪」となって釈放され、刑事補償金と裁判費用として1000万円を手にしていました。

蓮沼は佐織さんの失踪事件当時菊野市に住んでいて、無関係ではないと読んだ草薙は、内海薫とともに佐織の両親が経営する定食屋「なみきや」へと向かいました。

蓮沼の写真を見せると、佐織の両親・並木祐太郎真智子、妹の夏美は明らかに顔色を変え、佐織に酌をさせたり隣に座らせたりとしつこかったので出入禁止にした男だと言いました。

失踪当時佐織と交際していた高垣智也、佐織の歌の才能を見出し歌手としてのデビューに向けての準備をしていた新倉直紀と妻の留美の元にも聞き込みを行いましたが、目新しい情報は得られませんでした。

状況証拠から再び蓮沼を逮捕しましたが、蓮沼はまただんまりを決め込み、処分保留の結論が下った後、釈放されました。

草薙は、アメリカから帰って来てたまたま菊野市の研究施設にいるという湯川学と会い、腑に落ちない事件のことを話しました。湯川はそれ以来「なみきや」に定期的に食事をしに通うようになりました。

祐太郎の幼馴染の戸島修作や湯川が「なみきや」に来ている時間に、蓮沼がやってきて「俺は冤罪を着せられそうになった被害者だ」と祐太郎に賠償金を請求する意思を告げてきました。

尾行した刑事によると蓮沼は、以前勤めていた廃品回収会社の倉庫の管理事務所で暮らしている増村栄治のところに転がり込んでいるとのこと。

菊野市の一大イベント「キクノ・ストーリー・パレード」の行われる日がやってきました。湯川は夏美にパレードがよく見える場所を案内してもらい、初めてのパレードを楽しみました。

母・真智子から「お客さんが具合が悪くなったので病院に付き添う」という電話が夏美の元に入り、夏美は大急ぎで店に戻りました。幸い大したことなく両親はすぐに店に戻ってきて夜のお店の準備を始めました。

戸島・新倉夫妻・高垣智也・湯川のいる「なみきや」に、パレード実行委員長であり「チーム菊野」のリーダーでもある宮沢麻耶も加わってパレードの話で盛り上がっていると、チームのメンバーが遅れてきて、こう言いました…

蓮沼が死んだって

蓮沼は、転がり込んでいた廃品回収会社の倉庫の管理事務所の奥にある物置のような狭い部屋で遺体で発見されたとのこと。司法解剖の結果、血中からは睡眠薬成分が検出され、死因は窒息死でした。

草薙と内海は、蓮沼に恨みを抱いている「なみきや」の祐太郎、真智子、夏美はもちろんのこと、智也、新倉夫妻にアリバイを聞きました。しかし、空白の数十分があるものの犯行可能と思われる人物はいませんでした。

事件に興味をもった湯川は自分から草薙に連絡を取り、蓮沼の遺体発見現場を見せてもらうことにしました。これまでも数々の難事件を科学の力で解決に導いた「ガリレオ先生」の考察は警察にとっては有難いものでした。

蓮沼が狭い空間で死んでいたことから、湯川はヘリウムガスなどで窒息死させられたのではないかと言いました。そしてその後現場近くで空のヘリウムボンベと蓮沼の髪が付着したゴミ袋が見つかりました。

ヘリウムボンベの発見で進展するかと思われた捜査は、逆に迷走し始めました。意見を仰ぎに行った内海に湯川は「ピースが1つ足りない」と、23年前の本橋優奈ちゃん事件の関係者の現況を調べるように言いました。

草薙と内海は、かつての本橋優奈ちゃんの自宅に向かいました。優奈ちゃんの母親・由美子は優奈ちゃんが行方不明になってから1か月後に自分を責めて自殺をしており、父親・誠二は6年前に亡くなって誠二の妹・沢内幸江が移り住んでいました。

草薙は幸江に身内の中に蓮沼を恨んでいる人間はいなかったかを聞いているうちに親族の話になり、由美子の結婚前のことや家族について写真もなければほとんど何も知らないことに違和感を覚えました。

詳しく調べてみると、増村と本橋由美子は父親違いの兄妹でした。優奈ちゃんだけでなく由美子まで殺されたも同然で、増村が蓮沼に恨みを抱いていない訳がないと思えてきます。

実際、蓮沼に睡眠薬を飲ませた人物が存在するので、増村が何らかの形で事件に関わっているのはほぼ確実と思われました。

またヘリウムガスはフェイクだと仮定して捜査をし直してみると、食品加工会社を営んでいる戸島がパレード当日にライトバンで工場から出ていっていることや20リットルの液体窒素がなくなっていることがわかりました。

事件の真相は?

増村栄治の供述
増村栄治は愛する妹と姪っ子を殺され、心底蓮沼を恨んでおり、蓮沼に天誅を下すのは自分しかいないと決意していました。

ある日雇いの工事現場で増村は、「人殺しで逮捕されたのに、裁判で一言も口をきかなかったから無罪になった」と自慢げに話す蓮沼という男の噂を聞いたことがあるという男に出会いました。

蓮沼がいるのは菊野市の廃品回収会社だということが分かり、増村はすぐさまその会社の採用担当者に連絡し、就職を決めました。

増村は少しずつ蓮沼との距離を縮め、復讐の機会をうかがっていましたが、ある日突然、蓮沼は姿を消しました。

後に並木佐織という若い女性が殺された事件で蓮沼が逮捕されたことを知りましたが、後日蓮沼は釈放されてしまいます。

ところが幸運なことに、住むところが無くなった蓮沼は増村のところに転がり込んできました。増村は今度こそ蓮沼の息の根を止めてやると決意を新たにしましたが、きっと並木祐太郎も同じ気持ちに違いないと思い至り「一緒に天誅を下そう」と持ちかけました。

計画の全貌は?
並木祐太郎は、蓮沼を殺害することより、佐織を死に至らしめた経緯を知ることにこだわりました。

そこで窒素で酸欠状態にして脅して自白させたいと幼馴染の戸島に相談し、液体窒素を調達してほしいと頼みました。

戸島が全ての役割分担を調整し、パレードの日に決行することになりました。

新倉直紀が戸島が会社から持ち出した液体窒素を、パレード前にチーム菊野の出し物の小道具・宝箱に隠す役を担い、智也はパレードゴール地点で回収した液体窒素を増村が住処にしている事務所の前に運ぶ役割を担いました。

増村は蓮沼に睡眠薬入りのビールを飲ませて、蓮沼が奥の小さな物置部屋で寝始めたら、掛け金をかけて出られないように閉じ込めることに成功しました。

犯人は誰?
並木祐太郎は、店で食事をしたお客の具合が悪くなり急遽病院に付き添うことになったため、蓮沼の眠っている現場には現れませんでした。

祐太郎とともに蓮沼を詰問するつもりだった新倉直紀の元にも戸島から計画中止の連絡が入りましたが、新倉は自分一人で計画を実行することにしました。

蓮沼は佐織を襲ってやろうと、車に連れ込む隙をねらっていたと言いました。抵抗されされたため押し倒したら死んでしまったようで、自分の実家に捨てに行ったのだということでした。

自首する気も謝る気もないようで、新倉は怒りに任せて蓮沼の元に液体窒素を注ぎ続けました。物音がしなくなり蓮沼が心肺停止状態となったことがわかると、大急ぎで証拠の品を片付けて現場を後にしました。

戸島に蓮沼を殺してしまったことを報告すると、戸島は当初の予定通りフェイクのヘリウムボンベを用意し、捜査を撹乱する準備を整えました。

警察は増村と優奈ちゃんの関係、戸島が液体窒素を持ち出したことなどから、根気よく関係者から聞き取りを続け、ついに自供へとこぎつけました。

事件に関わったのは、大切な人の命を蓮沼によって奪われた善良な人たちで、草薙も内海もやりきれない気持ちでいっぱいでした。

その中で湯川は、被疑者死亡となっている「蓮沼の処遇」を気にかけていました。

事件の真相は?
湯川はすべての真相を知るために、新倉留美のところへ出向いていきました。

事件当時、佐織が歌手デビューをするという夢はもはや、佐織だけの夢ではなく新倉夫妻の夢でもありました。

高垣智也と交際を始めた佐織は、明らかにレッスンに身が入らなくなり、智也とデートをするために嘘をついてレッスンを休むことまでありました。

デビューしてそれなりの結果が残せるまでプライベートは我慢してほしいと新倉留美が懇願すると、佐織は「歌手を目指すのをやめる」と言い出しました。

智也の子どもを妊娠したようで「結婚してお母さんになる。」「夢を押し付けないで。重いし気持ち悪い。」という佐織と言い合いになり、留美は佐織を突き飛ばしてしまいました。

動かなくなった佐織を見て怖くなった留美はその場を立ち去りました。自分も死んでお詫びをするしかないと歩き回っているうちに、再び佐織を突き飛ばした場所に戻ってきてしまいましたが、そこに佐織の姿はなく髪飾りだけが落ちていました。

きっと佐織は意識を取り戻して立ち去ったに違いないと願っていましたが、その夜、佐織が失踪したと告げられました。

3年後蓮沼という男が佐織の殺人容疑で逮捕されましたが、すぐに釈放されると、留美の元に1本の電話がかかってきました。

電話の相手は蓮沼で「一部始終を見ていて、佐織の遺体を隠してあげた」と、留美に100万円要求してきたのでした。

蓮沼の要求がエスカレートして、逃げ場がないと絶望的な気持ちになっているところへ、戸島の計画がもたらされ、留美は涙ながらに自分がしてしまったことを直紀に告白しました。

蓮沼にすべてを話されると、留美が逮捕されることになってしまう。そう考えた直紀は、「なみきや」で食事をして具合が悪くなる客を仕込み、並木祐太郎を現場に来させないようにして、蓮沼を殺害することにしました。

湯川の考察
佐織の遺体には頭蓋骨陥没の跡が残っており、留美が保管していた佐織の髪飾りを見た湯川は、佐織は留美に倒された時には生きていたのではないかと考えました。

湯川の予想通り、髪飾りから佐織の血液は検出されず、佐織にとどめを刺して命を奪ったのは蓮沼である可能性が濃厚となりました。

新倉夫妻は警察に事実を話すことを決意しました。

草薙は事件の経緯を「なみきや」に話しに行きました。話を聞いた祐太郎は「これでおしまいにする」と言い、これからはお店の再開に全力を尽くす決意を新たにしました。

そこへ湯川が現れました。菊野市の施設での研究が一段落したので、菊野市を去ることになったと挨拶に現れたのでした。

湯川は「今度来た時も、最高に美味しい炊き合わせを食べられるようにしておいてくれ」と言い残して去っていきました。

小説を読んだ感想は?

まず人間嫌いで深いかかわりを結んだり誰かのために何かをするような人間ではなかった”ガリレオ先生”湯川学が、「なみきや」という食堂の常連になったり親身になったりすることに、これまでのシリーズを読んだ方は驚愕するでしょう。

単に長く続いているだけではなく、湯川も人として成長しているような気がして、サスペンスの内容とは別に軽い感動を覚えます。

今回の事件の被害者・蓮沼は、2人も殺害しておきながら無罪放免となった凶悪犯。欲どうしい上に人の感情を逆なでするのに長けているという、かなり歪んだ性格の持ち主です。

殺されていい人間なんていないことは頭ではわかっているのですが、蓮沼があまりにも卑劣な人間すぎて、どうしても復讐したい気持ちの方に寄り添ってしまうのは必然なんじゃないのかなぁ。

事件の真相が気になる一方で「犯人が捕まらなければいいのに」という矛盾した気持ちで読み進めて、なんだかモヤモヤした気持ちで事件解決に至ってしまうという…。

最後にはいくらかの救いがあるにはあるんだけど…、どうしたらいいの、このやりきれない感情…。

映画だともっと感情移入して、もっと複雑な気持ちになっちゃうんだろうなぁ。

購読する方法は?


文庫本の発売は2021.9.1です。電子書籍化もされていないので、文庫本発売まで単行本でお楽しみください。
【価格は2021年8月19日現在】

U-NEXT
FOD PREMIUM
music.jp
amazon prime 1870円(紙の単行本)
891円(紙の文庫本/予約)
漫画全巻ドットコム
ebookjapan
まんが王国
Booklive
Renta!
コミックシーモア
honto
スポンサーリンク