映画『恋する寄生虫』不思議な恋の物語を珠玉のキャストで!

自分は誰とも愛し合うことなく死んでいくんじゃないか。自分が死んだとき泣いてくれる人は一人もいないんじゃないか。

強迫性障害という心の病を持つ2人にとって、それは深刻な悩みでした。

そんな2人が【虫】のおかげで、恋に落ちます。

このタイトルの「寄生虫」って、経済的に独立できていないという意味じゃなくて本当の虫の寄生虫のことですよ。

ファンタジックでありながら、人間の弱さを見せつけられる、不思議なラブストーリーです。

スポンサーリンク

キャスト

高坂賢吾:林遣都

4度の転職の末、潔癖症のため再び無職の27歳。とにかく他人と接することが苦痛。と言っても対人恐怖症とかではなく、単に汚いから…。他人は細菌のようにしか見えないという、病的な潔癖症。

1日に100回以上は手を洗い、念入りにシャワーを浴びるような生活を送っているところへ、和泉という男が「子どもの面倒を見てほしい」と依頼してきます。

佐薙ひじり:小松菜奈

賢吾が子守を頼まれる不登校の女子高生。視線恐怖症で、ヘッドフォンを付けていないと外出できない。

なぜか寄生虫に興味があり、寄生虫の本ばかり読んでいる。

その他のキャスト

和泉(いずみ): 賢吾にひじりの子守を依頼してくる謎の男

瓜実(うりざね): ひじりの祖父

甘露寺(かんろじ)教授: 寄生虫の研究をしている医師

映画の見どころは?

将来に対して悲観的な、強迫性障害(潔癖症と視線恐怖症)を持つ2人が出会い恋に落ちていきます。

でもそれは恋に落ちたのではなく【虫】が2人を引き寄せただけ。

寄生虫って、普段存在を意識したことがなかったけど、何やら私たちの生活にも深く関わっているみたいです。

寄生虫好きのひじりが説明してくれる寄生虫の話は、ちょっと衝撃的です。映画にも取り上げられると思うので、ほんの少し予習しておいてね。

でも、2人が愛し合ったのは、決して【虫】のせいじゃない!そう信じて、お互いを求め合う、苦しく切ないラブストーリーです。

原作は、悲しいながらも大いに余白を残した感じの結末…。

個人的には、映画では2人が幸せになってくれたらいいなぁと思っています。

主題歌は?

主題歌はまだ発表されていませんが、切なくて純粋な恋の物語にぴったりな主題歌になることでしょう。

期待して発表を待ちたいと思います。

スポンサーリンク