小説『明日の食卓』

別々の場所で、9歳の【イシバシユウ】くんを育てる3人の母親。それぞれにたくさんの愛情をそそぎ、愛する息子のことを思って子育てに奮闘しています。

そんな中【イシバシユウ】くんが母親によって殺されたというニュースが報道されます。

9歳の【ユウ】くんと母親の間に一体何があったのか。

それはどこの家庭でも起こり得る、本当に普通で些細なことでしかなかったはずなのに、どこでボタンを掛け違えてしまったのか…。

だれにでも起こり得る、母親と息子【ユウ】の物語です。

スポンサーリンク

小説のあらすじは?

押し倒した【ユウ】に馬乗りになって、思い切り平手打ちし、蹴り上げ、突き飛ばす。血液が逆流したように全身が熱くなってくる。

頭を床に打ち付け、ぐったり動かなくなった【ユウ】を見つめ、ようやく頭の中がクリアになっていった…。

石橋優

静岡県に住む専業主婦のあすみ、36才。夫・太一の実家を建て直し、同じ敷地内には義母が一人で暮らしています。3年生になったばかりの一人息子・優のことがまだまだ可愛くて仕方がありません。

優しい夫がいて、お菓子教室と書道教室に通って、菜々さんという気の合う友達ができて、息子の優は勉強もよくできて、あすみは自分がとても幸せだと実感していました。

そんなある日…優が3年生になってから友達になったレオンくんのママから突然電話があり、レオンくんの体のあちこちにアザがあり「優につねられた、学校に行きたくない。」と言っていると言われます。

太一に話しても「そんなことある訳がない。バカ親は放っておけ。」と言うだけで、全く相談には乗ってくれません。

一度は「優じゃない。光一くんにやられた。」とレオンくんが言うことを翻したので、あすみは胸をなでおろしていましたが、再びレオンくんママから電話があり「悪魔!」とすごい剣幕で罵声を浴びせられました。

優が光一くんに命令してレオンくんに暴力を振るっていたと言われ、あすみは学校に呼び出されることになりました。レオンくんの体を見ると、あちこちにアザやらかさぶたやら暴力を受けた跡がありました。

光一くんは「レオンは殴ってもいい決まりになってる。その決まりは優が作った。」と言いました。あすみは取り乱しながらも、何か理由があるはず自分が優を守らなければと思っていると、突如優は笑い始めました。

「これは実験」と悪びれもせず言う優。激昂するレオンくんママに「はいはい、どうも申し訳ございませんでした。」とおざなりな態度で謝る優の横で、あすみはひたすら頭を下げ続けました。

家に帰って話す優は、あすみにとってまるで別人でした。優は「ママだって、僕を試してる。僕はママ好みにしてあげてただけ。」と言い、太一は「お前のしつけが悪いからだ。」と。あすみは返す言葉がありませんでした。

そしてある日、学校から帰ってランドセルを背負ったままの優が、庭で義母を蹴り、踏みつけている姿に遭遇しました。義母は認知症が進んでいるようでした。

しばらく家で義母を預かることにしましたが、優は「臭い」といい顔をしません。夏の旅行は無理なので「秋の連休に旅行に行こうね」と言うと、優は「汚い奴とは行きたくない」と言います。

母親のことを汚いと言われたことにカチンときた太一が声を荒げると、優は「汚い奴って、パパのことだよ。会社の人と浮気してるでしょ。」と言いました。

怒りに任せて太一が優の頬を叩くと、優は表に出て「助けてください!虐待です!警察を呼んで下さい!」と叫び始めました。

結局警察が来て事情を聞かれる羽目になった太一とあすみ。警察は児童相談所に相談するように告げて帰っていきました。

警察が帰り、再び怒りを優にぶつけ始めた太一に対して、優は「パパが言ったりやったりしたこと、証拠として全部ノートにつけてるから。」と言いました。

石橋悠宇

2人の息子を持つフリーライターの留美子。小学3年生の悠宇と1年生の巧巳は、とにかくやんちゃ。家の中だけでなくスーパーに買い物に行っても、寄ると触るとすぐに喧嘩が始まり、走り回ったり絶叫したりと迷惑かけ放題。

留美子は、そんな2人を怒鳴りっぱなしの毎日をブログに書いてストレス解消していました。書くことによって、少し冷静になって子育てを見つめることができるのです。読者も少しずつ増えていきました。

巧巳も小学校に上がったし、そろそろ仕事を本格的にやりたいと思っていたところへ、昔お世話になった編集者から主婦向け雑誌のコーナーを任せたいという話が舞い込んできました。

意気込む留美子でしたが、同じタイミングでフリーカメラマンの夫・豊は仕事が打ち切りになり、夫婦の間に見えない溝ができ始めます。

順調に仕事を増やし忙しくなっていく留美子とは反対に、仕事のない豊は昼間からお酒を飲んだりゴロゴロしていることが多くなりました。家事や育児を助けようという気は全くないようで、留美子のイライラは募る一方。子どもたちのことも夫のことも怒鳴り散らすことが増えてきました。

仕事がひと段落してやっと夕食の用意をしても、片付けもしない子どもたちにイライラを募らせ声を荒げる留美子。豊に対してもきつい言葉を言い放つと、逆上した豊は子どものおもちゃを片っ端からゴミ袋に放り込み、子どもたちや留美子に対して暴力を振るって出て行ってしまいました。

夏休みに入り、子どもたちは1週間千葉の留美子の実家で面倒見てもらうことになりました。子どもたちがいない間の豊は、子どもたちが生まれる前の穏やかで優しい夫に戻っていました。

いつもうるさいと思っていた子どもたちもいないと寂しいもので、もうガミガミ言うのはやめよう優しく接しようと、心に誓うのでした。それなのに…

留美子の心を逆なでばかりする豊と子どもたち…。全身の血が煮えたぎるようになった留美子は、子どもたちの見ている前で豊とは殴り合いのけんかになり、子どもたちにも手をあげてしまいました。

石橋勇

大阪に住むシングルマザーの加奈は、毎朝5時に起きて小学3年生の一人息子・勇を一人残してコンビニのパートに出かけていきます。9時半から17時半までは化粧品会社で働き、学童保育に勇を迎えにいき家で晩ごはんを一緒に食べると、19時から22時まで再びコンビニでパートという働き詰めの毎日。

優しいと思っていた夫は「好きな人ができた」と、突然加奈と勇を置いて出ていき、母一人子一人の母子家庭になりました。働いても働いても生活は全然楽にならず、勇は欲しいものがあっても我慢してお母さんに言わずにいる優しい子でした。

3年生になって念願の地区のサッカークラブに入った勇にはこれ以上の我慢はさせたくないと、加奈は少しずつ貯金をしてユニフォームやスパイクも買ってあげました。

加奈の弟の正樹が「仕事を辞めた。金貸して。」と言ってきましたが、そんなお金はあるはずありません。加奈は2000円だけ渡して「はよ仕事さがし」と小言を言うのが精いっぱいでした。

勇を学童保育に迎えに行くと、担任の先生に呼ばれた加奈は「ある子の集金が足りなくて、全員の机とランドセルの中を調べたら、勇くんの机の中から千円札が見つかった。」と聞かされます。

勇は、西山力也くんが自分でお金を抜いて勇の机の中に入れたと言いました。力也くんのお母さんは、若い男と一緒によく加奈の働くコンビニに買い物に来るお客さんでした。

夏休みのある日、弟の正樹が加奈の家から通帳とハンコを持って逃げました。加奈の全財産38万円が消えてなくなりました。

力也くんのお母さんから「話がしたい」と言われたので、お金が無くなった件についてかと思って行ってみると「デリヘルで働かない?」という勧誘。コンビニの1日のバイト代が1時間で稼げると…。

弟に通帳を持ち逃げされ、化粧品会社の経営不振で契約解除となり、日々の暮らしもままならないレベルの貧乏に心は揺れ動きます。勇を育てるためには、仕事を選んでいる場合ではない…。

土曜日にコンビニで働いていると勇から「カップラーメンをこぼして火傷をした」と電話があります。仕事が終わって大急ぎで帰るとお腹にひどい火傷を負っていました。

取り急ぎ薬局で火傷用の軟膏を買って塗り、月曜日に病院に連れて行くと、病院の先生には「どうしてもっと早く連れてこなかったの!」と叱責されました。

アパートには児童相談所の人が訪ねてきました。ひどい火傷のために加奈は虐待を疑われたようでした。

そして、事件…

9月21日月曜日 午後8時40分頃

「子どもがぐったりして動かない」という女性の通報に、消防と警察が駆け付けると、9歳の男児が倒れており、まもなく死亡が確認された。

死因は外傷性硬膜下血腫。通報してきた男児の母親と思われる女性が、男児の頭を床に打ち付けたと話していることから、傷害容疑で逮捕。現在は傷害致死容疑に切り替え捜査中。

男児の名前は、イシバシユウ

石橋家のその後

石橋優
ニュースを聞いて慌てた菜々から、あすみの元に電話がありました。

あすみは、まさか優と同い年で同姓同名の子が虐待死しているなんて知りませんでした。

優の現状、太一の浮気、義母の認知症という追い詰められている状況を菜々に話すと、菜々はあるところへ一緒に行こうとあすみを誘いました。

それは、スナガミ先生という”未来を見通せる先導師”の主宰する道場でした。

スナガミ先生は「優は前世で太一の上官だった」そして、「太一との間に授かった新しい命が石橋家の救世主になる」と言いました。

太一も優もお腹の子どもが生まれてくることを楽しみにしてくれています。あすみはきっと我が家には明るい未来が来ると信じるのでした。

石橋勇
勇が火傷をしたのは加奈の虐待ではないということがわかり、児童相談所の職員は謝って帰っていきました。

虐待を疑われたことはショックでしたが、様々な人が子どもを見守っていることには心から感謝の気持ちが湧いてきました。自分もそんな仕事ができればいいのにと思う加奈でした。

「イシバシユウ」くんの虐待死事件は最近取り始めた新聞で知りました。ユウくんにも気にかけてくれる大人がいれば、死ななくてすんだかもしれないのに…。加奈はいたたまれない気持ちになりました。

コンビニで仕事をしていると、力也くんのお母さんが目の周りを真っ黒に腫らしやってきました。よく見ると腕には紫色のアザがあり口には血が固まった跡があります。

力也くんの身を心配し、加奈は児童相談所に連絡しました。暴力を振るった内縁の夫は逮捕されたようでした。

行方不明になっていた弟の正樹からは「ごめん」という電話があり、加奈は居酒屋の仕事が決まりました。勇もサッカーを頑張っています。

石橋悠宇
「ユウに手を上げたのは初めてのことでした。

体調が悪く一日寝ていて夕方になって家事を始めましたが、相変わらず2人の子どもは喧嘩ばかりで、そこへ競馬に負けて機嫌の悪い夫までもが参戦してしまい我が家は修羅場と化しました。

怒った夫が押した拍子に私はテーブルに強くぶつかり、倒れた衝撃でテーブルの味噌汁がこぼれ、熱い汁が私にかかりました。

夕食を作り直す気力もなく、夫がお弁当を買ってくることになりました。その間に子どもたちに片づけをさせようと思いましたが、全く言うことを聞いてくれません。

「うるさい!」と言って私のお腹にパンチをしたユウに、完全に頭にきてしまっていました。我を忘れるほどの怒りに取り憑かれ、ユウに平手打ちをし馬乗りになって暴力をふるいました。

夫が帰って来て、ぐったりして動かないユウを見て顔色を変えました。すぐに救急車を呼び、私は自分で警察に電話しました。

私は世界でいちばん好きなユウを死なせてしまいました。ユウの弟にも深い心の傷を負わせてしまいました。

ユウに会いたい。会って抱きしめたい。百万回謝って私を殺してもらいたい。」

返事が来るとは思わずに書いた手紙に、石橋耀子からの返事がきました。留美子は何度も何度も読み返しむせび泣きました。

悠宇と同い年で同姓同名の「石橋祐」くんの死は留美子にとって衝撃的でした。家族構成も同じで、これは我が家で起こってもおかしくない事件なのだと思わずにいられませんでした。

留美子は豊と離婚し、子どもたちと新しい生活を始めていました。そして、石橋祐くんの短い人生と、耀子の愛情と思いを書こうと決意を固めたのでした。

 

小説の感想

子どもの虐待にまつわる物語…最近、映画化めちゃくちゃ多いですよね。子育てをする母親として、毎回胸が痛くなります。

ボタンの掛け違えのように、最初はちょっとした出来事だったのかもしれません。たまたま機嫌が悪かったり、タイミングが悪かったりで最悪の方向に向かって行ってしまったのかな。

この物語に出てくる3人の母親も、それはそれは一生懸命に子育てしているんですよ。子どもの将来を心配しない母親なんていないし、周りのみんなから愛されるいい子でいてほしいと思うのは親だったら当たり前のことだと思います。

「怒り」という感情はたぶん、「好き」という+の振れ幅と同じだけ-に振れるんじゃないのかな。好きだからこそ、自分の思っている通りに動いてくれないと腹が立つ…。夫や子どもに対する感情って、そうやってできてるような気がします。

私も子育てしながら腹が立つことなんて数えきれないくらいあるし、暴力を振るったことはないけれど、言ってはいけないことを言ってしまって、後から死ぬほど後悔したことも数えきれないくらいあります。

怒りの力って本当に恐ろしい。

私の場合、私の頭を冷やしてくれるのが夫なんだけど。この物語に出てくる男ども…よりにもよってクズ男ばかりです。衝撃的レベルでクズすぎる…。

育児と言うのは”家庭”という閉鎖的な空間で、24時間365日行われているものです。1人で背負うには重すぎるんですよね。

話を聞いてくれたり、気持ちに寄り添ってくれたりする人が必ず必要です。もちろん友達でもわけのわからない先導師の先生でもいいんだけど…、できればそれが家族であればよかったのに。

でも、救いは必ずどこかにあるのだというメッセージかな。

購読する方法は?


物語に引き込まれて次々読み進めたくなってしまうので、あっという間に読めてしまいます。
【価格は2021年2月現在】

2/25まで特別価格523円で購入することができます(Kindke版は518円)!

U-NEXT 748円
FOD PREMIUM
music.jp 748円
amazon prime 748円(Kindke版)
748円(紙の文庫本)
漫画全巻ドットコム
ebookjapan 748円
まんが王国
Booklive 748円
Renta!
コミックシーモア 680pt
honto 748円
スポンサーリンク