映画『左様なら今晩は』の原作漫画のあらすじとネタバレ

ある日突然、幽霊と同居することになった半澤陽平。現れた幽霊は処女のまま死んでしまった女性の幽霊で、陽平のセックスと下半身に興味津々の痴女幽霊だった!

名前のない幽霊に「アイスケ」と名前を付けて、図らずも愛おしい日々を送り始める陽平。

そんなアイスケとの別れは突然やってきたのだった。

幽霊との共同生活になぜかほっこりしてしまう、温かい物語です。

スポンサーリンク

漫画『左様なら今晩は』のあらすじ

2年間付き合ってそろそろ結婚かと思っていた彼女に振られてしまった半澤陽平。部屋で一人でいると、これまでに感じたことのない気配を感じる…。

もしかして霊がいる?この部屋、実は事故物件?と思っていたら、明らかに見えてはいけない女性の姿が見えるんだが…胸の谷間に釘付けになって、怖さを感じない。

幽霊いわく、陽平の引越当初からいたけど、彼女のバリアが強くて出てこられなかったんだとか。

処女のまま死んでしまった幽霊は、陽平と彼女の男女の営みを観察することが何よりの楽しみだったらしく、今では陽平の下半身観察が日課となっている。

陽平とほぼ痴女状態の幽霊との共同生活が始まった。それは怖いどころか、なかなか楽しいものだった。

陽平が幽霊に名前を聞くとを「あ」と「い」が付いてたと思うというので、「愛助(アイスケ)」と名づけることにした。

会社では彼女と別れたことがばれるやいなや、須田果南が陽平に猛アタックしてきた。

別に付き合いたい訳じゃない。果南は単に男とやりまくりたいクソビッチだった。飲み会を設定したら陽平の一本釣り開始。

まんまと酔わせて陽平の部屋に一緒になだれ込んだ果南。エッチを始めると、アイスケが出てきてガチで観察を始めた。

追い払えるはずもなく仕方なくそのままやっていると、果南が長い髪の女が見えたと絶叫して帰っていった。

陽平に叱られ猛反省のアイスケ。でもアイスケは処女を失うなら陽平とがいいなどと言う。

性への憧れが強すぎるアイスケの念が起こした奇跡なのか、これまで陽平の手はアイスケをすり抜けて触れなかったのに、アイスケの体に触れることができるようになっていた。

陽平がアイスケの胸に触ると、アイスケは幸せすぎて身悶えした。

我慢と遠慮ばかりして生きてきたので、幽霊になってからは自分の感情に正直になろうと思っていたけれど、アイスケは改めて自分の念の強さに落ち込み始めた。

アイスケの積極的な痴女っぷりはなりを潜める一方で、陽平は幽霊のアイスケを女性として受け入れ始めていた。

まるで付き合っているかのように、アイスケに優しくキスをし、ついに2人は結ばれてしまった。

陽平はアイスケの本当の名前となぜ死んだかの原因を知りたくて不動産屋に尋ねてみたが、不動産屋はクレームと勘違いしたのか霊能者を連れてやってきた。

霊能者がお経を唱え出すと、アイスケの体は光に包まれて次第に薄くなっていき、ついには消えてしまった。

後でわかったことには、アイスケは「荒井」という名の病死したOLだったらしい。

18年後、今や幽霊との共同生活は陽平の鉄板ネタになっているが、今でもアイスケのことを忘れた訳ではなかった。

実はアイスケは成仏する瞬間に、絶対にすぐに生まれ変わって陽平にもう一度会うと念じていた。

43才になった陽平のすぐそばには、18才のアイスケがいるのかもしれない。

漫画『左様なら今晩は』の感想

幽霊と同居するお話ですが、全然怖くないですよ。怖いどころか幽霊の女の子は男性の下半身に興味津々のほぼ”痴女”状態。ほっこり笑えるコメディです。

最初は怖がっていた陽平もまんざらではない様子。そしてついに幽霊とエッチ。

ありえない設定が面白すぎて笑えるんだけど、2人の関係になんだかほっこり幸せな気持ちがしてしまう物語です。

ラストは切ないけど秀逸だったなぁ。2人の魂と魂が呼び合ってる感じっていうのかな。43才と18歳の2人に、これから何が起こるんだろう♪と思うところで終わるのが素敵でした。

映画『左様なら今晩は』の見どころは?

いや~まさかとは思いながらちょっと期待してみたけど、やっぱりくぼちゃんは痴女幽霊ではありませんでした(笑)。

ちなみに須田果南もビッチじゃなかったからエロ要素は一切ありませんよ!

「アイスケ」っていう名前は「あ」と「い」が付いたという記憶と、スケベの「助」を足して陽平が付けたんですが、映画では犬みたいで可愛いからということになっています。

そうなんです!何から何まで可愛い普通の女の子っていう幽霊なんですよ。2人の空気感はごく普通のカップルそのもので、当たり前の日常を描いてるんですよね。

ただ当たり前のように見えるけど、片方は幽霊なので実は全然当たり前じゃなくて…、だからこそ、最後のお別れはすごく切なかった。

最後は原作と同じように生まれ変わったアイスケと陽平がニアミスで終わるんですが、その場所がアイスケが生きていた時に好きだった、2人の思い出の場所っていうのがすごく素敵でキュンキュンしました。

きっとこの二人なら年の差なんて関係なくうまくいくんだろうなぁ。

超絶癒し系のラブストーリーですよ♪

『左様なら今晩は』を電子書籍で!

幽霊との共同生活という不思議な物語に癒されてください♪1巻完結です。
2022年11月11日時点の情報となります。 オフィシャルサイトにて必ず最新の情報をご確認ください。

U-NEXT 935円
music.jp 935円
amazon prime 842円(Kindle版)
935円(紙のコミック)
漫画全巻ドットコム 935円
ebookjapan 935円
まんが王国 850pt
Booklive 935円
Renta! レンタル 200pt
購入 850pt
コミックシーモア 935円
honto 935円
いつでも書店 850pt
Amebaマンガ 850pt
コミック.jp 935円