『interlude 美しい彼番外編集』ひらきよワールド裏話あらすじは?

待ってました、番外編!あの場面の裏ではあんなことやこんなことが。「ひらきよワールド」をより深く楽しむためのスピンオフ集です。

清居の家族や事務所の社長、平良の家族、平良の親戚の男の子、実はいろんな人物がこの物語には重要な役割を果たしています。もちろん本編にも登場するんですけどね。

そして期待通り、平良は相変わらず「清居命」で「きもうざ」のままですが…、清居のかわいい一面なんかも存分に楽しめます♪

スポンサーリンク

『美しい彼シリーズ』読む順番は?

「番外編」と言うからには珠玉の「本編」がある訳です。必ず本編から順番に読んでくださいね♪

美しい彼
清居と平良が出会ってから付き合うまで

憎らしい彼
付き合い始めてから意思疎通困難を経て愛を確かめ合う2人。平良のきもうざ炸裂!

悩ましい彼
互いにステップアップするため別居。平良のメンタルは大丈夫なのか?!

interlude(番外編)
あの出来事の裏にこんなエピソードが!珠玉の短編15作品。「interlude」とは幕間とか間奏という意味です。

番外編のあらすじは?

素晴らしき世界

目の前にアヒル隊長を整列させ、バッハを聴きながら清居の写真を眺める至福の時間を、母親に目撃されてしまった…。

裏・月齢14

『美しい彼』の中のエピソード「月齢14」の清居目線バージョン。ちゃんとしたら平良は清居が想像していた以上にイケメンでモテた。妬けた。

Cacao 99.9

聖バレンタイン。平良から清居へは手作りチョコレートケーキが贈られた。散々迷いに迷って平良のために買ったバレンタインチョコを、清居は…。

キングのお料理

「料理ぐらい俺でもできる」と清居が挑戦した料理は死ぬほどまずかった。なのに平良は「神の鍋だ」と言う。

CRAZY FOR YOU

清居が死んでしまうドラマを見てパニックに陥った平良がとった衝撃の行動は…。

幻想の彼

俺の恋人は一途で料理上手と言ったらウソつき呼ばわりされた。嘘じゃない、ただ「きもうざ」を言ってないだけだ。

KISS ME

清居には母親が再婚してからできた弟・太緒(たお)と妹・紗英(さえ)がいる。

熱烈な告白のようなもの

菜穂の息子、5歳の智也の面倒を見ることがある。平良がいない間、清居が智也に放った一言を聞いて平良は、幸せ過ぎて悶絶し始めた。

安息はどこにある

智也が見て喜んでいる子供番組の「かぞえる天狗」。下ネタを思わせる構成にドン引きする清居。

日々是災難

芸能人のファンの中でも頂点を極めるTO、トップオタ。清居のTOをまとめているのはパン姐さん。清居の彼氏だとばれてしまった平良は「殿下」と呼ばれることになった。

50/50

平良の所属するカメラサークルで瞑想が流行りだした。平良はお香をたいて円形に並べたキャンドルの真ん中に座って清居の写真を見て瞑想していた。…きもい。

彼と彼のよくある出来事

平良の師匠・野口さんは酒癖が悪い。二日酔いには必ず平良を呼び出して味噌汁を作らせる。野口さんから借りた服を着てきた平良は、平良のくせにめちゃくちゃカッコよかった。

エターナル

イベントで声を上げて清居を助けてから、平良はTOから一目置かれる存在となった。「清居会」という打ち上げでは乾杯の言葉は永遠の愛を誓う「エターナル」。

あるふたつの視点から探る、愛と青春の逆走について

清居と平良が別居しているときの2人の日記。なんだかホラーな体験も清居と平良で受け取り方がこんなにも違う?『悩ましい彼』の続編への布石となる物語…かもしれない。

菜穂と旦那は女性関係で揉めてるし、清居は恋敵の小山と酒飲んでるし…カオス。

社長日記

清居の所属する事務所の社長・山形の覚悟。ダイヤの原石をただの石ころに変えるか輝くダイヤモンドに変えるか…。やりがいと夢はタレントだけのものじゃなくて社長のものでもある。

小説の感想

これぞスピンオフ!という珠玉の短編集。本編を2倍どころか10倍も100倍もおもしろくしてくれます。

平良だけは本編と全く変わらない不動のきもうざ思考回路をしてますけどね(笑)

個人的には清居ファンと平良の関わりが一番読んでて面白かった!最初はなんでこんなキモイ男が…ってなるんですけど、清居といっしょで結局平良の「清居愛」の前にみんなひれ伏すことになるんですよ。

『あるふたつの視点から探る、愛と青春の逆走について』でもそうですが、こと清居のことになると平良の愛の無敵っぷりは半端ではありません。

そりゃ清居も平良のそばから離れられなくなるわな。そして私もさらに虜になったのでした!

『interlude 美しい彼番外編集』を電子書籍で!

ひらきよワールドを作り上げているいろんな人たちのエピソードをぜひ!
2022年7月1日時点の情報となります。 オフィシャルサイトにて必ず最新の情報をご確認ください。

amazon prime 669円(Kindle版)
704円(紙の文庫本)
漫画全巻ドットコム 704円
ebookjapan 704円
Booklive 704円
コミックシーモア 704円
honto 704円