美しい彼シリーズ第2弾『憎らしい彼』きよひらのその後、あらすじは?

ハッピーエンドだったのか?お互いの気持ちを確かめ合い、ついに無事に同棲生活を始めた清居と平良。

めでたしめでたし、となるべきはずが…平良の意味不明なネガティブ思考がさく裂しまくって2人の仲は大ピンチ!

今回の『憎らしい彼』とは、清居目線から見た平良のことです。平良のことが好きでたまらないのに素直に甘えられない「オレサマ」の清居と、清居はスターで自分はそれを見上げるだけの石ころとどこまでも「ネガティブ・オレサマ」の平良。

気持ち悪いやら腹立たしいやら…なんでこんなにも清居は平良のことが好きでたまらないのか。なんとも複雑で形容しがたい「ひらきよワールド」がパワーアップしてますよ!

スポンサーリンク

『美しい彼シリーズ』読む順番は?

美しい彼
清居と平良が出会ってから付き合うまで

憎らしい彼
付き合い始めてから意思疎通困難を経て愛を確かめ合う2人。平良のきもうざ炸裂!

悩ましい彼
互いにステップアップするため別居。平良のメンタルは大丈夫なのか?!

interlude(番外編)
あの出来事の裏にこんなエピソードが!珠玉の短編15作品。「interlude」とは幕間とか間奏という意味です。

この順番で読んでね!

『憎らしい彼』あらすじは?

ひと悶着もふた悶着もありながら同棲を始めた清居奏(きよいそう)平良一成(ひらかずなり)

俳優としてのキャリアを順調にスタートさせた清居には、出待ち入待ちはもちろんのこと、清居の出演したものは何から何まで感想を事細かに書いて雑誌に投稿して清居を支えてくれる熱烈なファンがいる。

帽子にサングラス、マスクといういでたちで清居の事務所の人から「不審くん」と呼ばれる熱心なファンは…平良である。恋人として付き合うことになったのに、ファンとしての立場を死守する平良の気持ちが清居には全く理解できない。

ある日清居が帰ると平良が死にそうな形相で落ち込んでいた。借りて同居している叔母さんの家を出ていかなければならなくなったらしい。叔母さんの娘の大泉菜穂が夫と別居して帰ってくると言うのだ。

清居の事務所には清居がゲイであることも平良の存在も知られているので、事務所の斡旋で新しいマンションを借りて一緒に住むことになった。平良は清居に迷惑をかけたくなくてバイトを始めた。

吃音があって人とはうまく話せない平良。週3回、夜10時~朝5時までのお菓子工場のラインのバイトに行くことにした。モンブランケーキの上にひたすら栗をのせていく作業は平良の性に合っていた。

就職のこともそろそろ考えないと…と平良が思っていると、清居がプロカメラマンを目指せと言った。平良は『ヤング・フォトグラフィカ』に応募することにした。

清居の事務所の看板女優・安奈と清居がロケをしている現場で、平良は同じ工場で働く設楽克己と会った。設楽は安奈推しで、よく現場で会うようになり話をするようになっていった。

『ヤング・フォトグラフィカ』の一次審査、落選の通知が来た。風景からわざと人物を消した写真は、ひねくれてるけど味があるとみんな褒めてくれたのに…一気に自信喪失した平良。

有名写真家の野口大海(ひろみ)が講師をしての撮影会でもテンション下がり気味の平良は課題の提出もせずに、野口に呼び出された。そしてなぜかそのまま野口のアシスタントとして働くことになった。

撮影の現場に同行するうちに、平良は野口のすごさを思い知っていった。そして同時に自分は清居をこんな風に撮れるのかと問い続けることになっていった。

一方清居は、2人がつきあっていることは神様のミスなのでいつか神様がそのミスに気付いてしまうと確信している平良に、ほとほとあきれ果て怒りの域に達していた。

同棲して半年以上になるのに、平良はいつまでも清居を低い場所から熱い視線で見つめるスタンスのままで、一向に同じ高さにまで上がってこようとはしない。

同じ事務所の清居と安奈は腹を割って話せる間柄で、清居は平良の愚痴を安奈にぶちまけまくっていた。安奈が実は人気絶頂のアイドルグループの桐谷恵介(きりやけいすけ)と交際していることも清居は知っていた。

清居と安奈が同じドラマで共演し始めると、互いのファンが狂気と化して誹謗中傷合戦を始めた。そんな中、週刊誌で安奈と桐谷の熱愛がスクープされ、安奈へのバッシングはより激しくなっていった。

ホテルに閉じこもって瀕死の状態の安奈を救うため、平良の従姉妹の菜穂のうちに安奈を匿ってもらうことになった。菜穂の夫は政界のプリンスの異名をとる国会議員でセキュリティは申し分ない。

安奈へのバッシングが少し下火になったかと思われた頃、今度は清居が安奈を心配してホテルに会いに行ったときの写真が週刊誌に出た。安奈は再び、そして清居も誹謗中傷の暴風雨の中に投げ出されることになった。

平良が野口のスタジオで桐谷の写真撮影をすることになり、清居と安奈は変装して野口の元へ向かった。安奈と桐谷は再会を果たし、より一層強い気持ちを確認し合ったようだ。

しかし、清居は…。野口との会話で平良が「撮りたいものはない」と言っていたと聞き、怒りが頂点に達してしまった。喧嘩の末、平良はマンションを出ていった。

LINEも電話も入れてこないのに、平良は相変わらず出待ちをするしファンレターを送ってくるしで、ファンとしての立ち位置に一切のブレはなかった。

出待ちの「不審くん」を見つけた清居は車を降りて歩き出した。平良がこのあたりにいないかと思って…。

急に話しかけられて振り向くと、清居は羽交い絞めにされ意識が遠のいていった。

清居が目を覚ますとそこにいたのは設楽だった。清居のスマホから安奈に電話をかけて、今すぐ来ないと清居を殺すと脅した。

しばらくしてそこに現れたのは、平良だった。ナイフを持ち出した設楽に応戦する平良。絶対に清居には手出しさせない…平良は本気だった。

清居が結束バンドを切って平良の元に行くと、平良も設楽も倒れて意識がなく、シャツは真っ赤な血に染まっていた。

結局もみ合っている際にナイフでけがをしたのは設楽だった。平良は念のために1日だけ入院することになったが、ちょっとした手首の捻挫だけで大事には至らなかった。

きっと明日は平良の両親が迎えに来て、平良は実家に帰ってしまう。清居は夜の病院に忍び込んだ。

平良は「家に帰る」と病院を抜け出し、2人で清居のマンションに戻った。2人は全身全霊で愛を確かめ合った。

安奈と桐谷は正式に交際宣言することになった。安奈が一時避難していた菜穂の家で、恋人同士のスナップショットが撮影されることになった。撮影するのは野口。

アシスタントとして平良も撮影を手伝っていると清居が現れた。安奈と桐谷の友人として清居も含めたスリーショットを撮ることになって、平良は誰よりも美しい清居を撮ると覚悟を決めた。

平良の撮った写真も雑誌に掲載された。そこに写る清居は明るくやわらかに笑っていた。

小説を読んだ感想

付き合い始めたら2人の関係は丸く収まると思ったら大間違い!平良のぶれない清居への偏愛がさらにパワーアップ!おかげで清居の心は乱れる乱れる。

清居は愛する平良になら無茶苦茶にされてもいいし、わがままも言ってほしいと思っているのに…、邪魔者などいるはずもなく、こんなにも愛し合っているのに、なぜこんなにもすれ違う?

「気持ち悪い攻めが大好き」と豪語する凪良ゆう先生が、これでもかというくらいにとんちんかんで、ネガティブ・オレサマで、きもうざの平良を描き上げました。

付き合う前より恋人同士になってからの方が意思疎通困難で揉めに揉めまくる2人。平良のネガティブ回路に「は?」となる清居に1000%同意しながら、内心ではもっと揉めることを期待してしまっているドS感情が止まらない(笑)

平良って本当に心底「悩ましい彼」だ!

でも結局最後はなんだかんだあってもとろけるように愛し合う2人の姿に、こちらもとろけるような幸せを分けてもらった感じで、これだから「ひらきよ」やめられないよぉと再認識しました。

ドラマの続編が映画になるって、この「悩ましい彼」のエピソードが入ってくるのかな?ドラマより100倍気持ち悪い平良がスクリーンで見られるなんて幸せ過ぎる!

平良の訳の分からない思考回路や清居がクールに見えて実は平良にぞっこんな様子が、小説は映像よりずっと鮮明に描かれています。

『美しい彼』を読んだ方はもちろん、ドラマ『美しい彼』を見てひらきよファンになった方にもぜひ、映画の前に『憎らしい彼』は読んでいただきたいです!

『悩ましい彼』を電子書籍で!

2022年6月29日時点の情報となります。 オフィシャルサイトにて必ず最新の情報をご確認ください。

 

amazon prime 669円(Kindle版)
704円(紙の文庫本)
漫画全巻ドットコム 704円
ebookjapan 704円
Booklive 704円
コミックシーモア 704円
honto 704円