映画『流浪の月』珠玉のキャストで紡ぐ2人の物語。あらすじは?

「うち、来る?」「うん、いく」たった二言で始まった更紗と文の関係。

世間が名付けた更紗と文の関係は…「女児誘拐事件」の”加害者”と”被害者”。それは事実ではありましたが、真実ではありませんでした。

不器用に純粋にしか生きられなかった2人の愛よりも切ない関係が、これ以上ない珠玉のキャスティングで映像化されます。

更紗に何が起こったのか。文に何が起こったのか。その目で見届けてください!

スポンサーリンク

珠玉のキャスト

家内更紗:広瀬すず

15年前の「女児誘拐事件」の”被害者”として生きていくことになり、文の人生を変えてしまった罪悪感をずっと抱えて生きています。

佐伯文:松坂桃李

「女児誘拐事件」の”加害者”となってしまった心優しい青年。

母親が完璧を望みすぎるあまり、自分の悩みを打ち明けることも弱みを見せることも許されずに育ちました。

中瀬亮:横浜流星

現在同棲中の更紗の恋人。亮自身も母親に捨てられたという暗い過去を持ち、愛に飢え愛を求めています。

これまでにない新しい横浜流星が見られます!

谷あゆみ:多部未華子

現在の文に寄り添う看護師の恋人。文に届かない報われない気持ちを抱えています。

映画のあらすじは?

おばさんの家にお世話になっている家内更紗(かないさらさ)、10歳。

厄介者扱いされているだけでなく、どうしても耐えられない事情で、更紗はおばさんの家には帰りたくない。

雨の公園でひとりたたずむ更紗に、傘を差しだし「うち来る?」と声をかけたのは、大学生の佐伯文(さえきふみ)

更紗のやりたいことを黙って見守る文との生活は2か月に及び、更紗にとってはとても居心地のいいものだった。

しかし世間はそれを「女児誘拐事件」と呼んだ。

2人で遊びに行った先で更紗は警察に保護されることとなり、2人の生活は終わりを迎えた。

それと同時に、文は「女児誘拐事件」の”加害者”と呼ばれ、更紗は”被害者”と呼ばれるようになった。

15年後、大人になった更紗と文は、文の経営する「calico」というカフェで再会する。

文に会いたくてたまらなかった更紗はどんどん文に近づいていって、同棲している恋人の中瀬亮の怒りを買ってしまうことに…。

亮の元を逃げ出した更紗がとった行動は…、文のそばに行くことでした。

映画の見どころ

更紗と文の、”愛”と呼ぶこともできない2人にしかわからない関係。それが痛いほど伝わってきます。

とにかく、広瀬すずさんと松坂桃李さんの目と表情の演技が鳥肌が立つくらいすごい!

亮から目をそらす更紗、文と更紗が互いにだけに見せる笑顔、更紗の強い決意を宿した目…。文と更紗だけではなく、亮のすがるような目、文とは目を合わせようとしない母親、事実に絶望し嫌悪感さえあらわにするあゆみの目…。

セリフはそんなに多い訳ではないのに、言葉よりもその目が語ることが多すぎて、どの場面でも胸がえぐられるような思いがします。

「女児誘拐事件」の”加害者”と”被害者”、それが世間の認める事実。ただ2人にとっての真実はそうではなく、誰にも理解してもらえない…。切なくて苦しすぎる物語。

それでも、もしかしたらそんな関係があるのかもしれないと、人と人のつながりには本人にしかわからない関係もあるのだと、信じたくなるはずです。

文の秘密についても、更紗への告白の仕方が衝撃的すぎました。とにかく映像の力には圧倒されてしまいました。

これ日本映画史に残る傑作ですよ!

原作との違いは?

ほぼ原作通りに物語は進んでいきます。

違うことと言えば、原作の亮の方が破滅的かな。原作ではもっと暴力的だし卑怯だし。

梨花ちゃんの登場も原作ではもっと多くて、文と更紗にとっては数少ないよき理解者です。

映画を見てしまったら衝撃度が強すぎてなかなか原作を…とはならないかもしれませんが、さすが本屋大賞を受賞しただけある傑作ですよ!