映画『ひらいて』山田杏奈渾身の青春の愛憎劇

原作は綿矢りささんの『ひらいて』。

この物語を読んだ時からこの映画を撮るために生きてきたという首藤凛監督が、持てる才能と熱の全てを注ぎ込んで作った作品です。

高校3年生の木村愛が好きになった相手は目立たない地味系男子の西村たとえ。

愛に対して全く何の関心も示さないたとえに彼女がいることがわかり、愛の中の感情は激しく熱を帯び、たとえの彼女である美雪に向かって行きます。

歪んだ三角関係の中でもがき揺れ動きながら、3人の高校生はその先に何を見つけるのでしょう。

スポンサーリンク

キャスト

木村愛:山田杏奈

愛という人物と戦いながら演じたとコメントしているくらい、周りを焼き尽くすほど激しい女子高生を演じています。

女性同士の絡みもある杏奈ちゃんの渾身の演技に注目です!

西村たとえ:作間龍斗(HiHi Jets/ジャニーズJr)

イケイケモテ系の女子・愛が気になるのはなぜかクラスでも目立たない存在の西村たとえ。しかしたとえには中学校のときから付き合っている彼女がいました。

新藤美雪:芋生悠

たとえの彼女。Ⅰ型糖尿病でみんなの前でお弁当前にインシュリン注射をしてドン引きされて以来なんとなく浮いた存在です。

愛は届かないたとえへの気持ちを曲がった形で美雪へと向かわせていきます。

愛のお母さん:板谷由夏
美雪のお母さん:田中美佐子
たとえのお父さん:萩原聖人

映画のあらすじは?

高校3年生の木村愛は何でも要領よくこなすイケイケのモテ系女子。

3年生になって再び同じクラスになった冴えない地味系男子の西村たとえのことが気になって仕方がありません。こっそりアピールしてみてもたとえは全く愛の気持ちに気づきもしません。

そんなたとえに彼女がいることが分かります。1年生の時に同じクラスだった新藤美雪。

美雪はⅠ型糖尿病を患っていて、高校生活が始まって早々にお弁当の前にクラスみんなの前で制服をめくってお腹に注射をしてからというもの、なんだか浮いた存在になっていました。

友達もいない目立たない存在の美雪が彼女で、しかも誰にもばれないように付き合っている2人…。

熱く激しく感情を煮えたぎらせた愛が起こした行動は…。

映画の見どころは?

片思いの相手に彼女がいた、なんてことは特に珍しくもない普通のこと。

そんなとき諦めるか、もっともっとアプローチをかけて自分のものにするか、行動のパターンは人それぞれだけど、木村愛の熱く激しすぎる感情の向かった先は、好きな人の交際相手の彼女でした。

美雪のファーストキスを奪い、鳥肌が立つほどぞっとしながら美雪の体を愛撫する愛…。

歪な三角関係へと発展していく高校生の愛憎劇。彼らの”愛”に救いはあるのか。

ふだんは役に共感し、共に泣いたり笑ったりするという山田杏奈ちゃんが「愛という人との戦いだった」とコメントしている通り、全身全霊をかけて演じきった渾身の作品です。

『ひらいて』というタイトルは、原作を読む限り、誰かに受け入れてほしいという気持ちの象徴のような気がします。

誰かに受け入れてほしい一心で、時に間違った方向へと暴走してしまう、青春の痛々しい愛憎劇。間違い、暴走し、拒絶し、大いに揺れ動きもがいた3人の高校生は、どこへ向かっていくのかぜひ見届けてください!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク