映画『総理の夫』原田マハのベストセラー原作を完璧キャストで!

日本初の女性総理誕生!その時、夫は…?

コメディではありますが、こんな総理本当にいてくれたらいいのにと思える、痛快でほっこり温かい物語です。

初の女性総理を演じるのは中谷美紀さん。この美しさと堂々としたいでたちはまさに総理にピッタリ!

そして、オロオロあたふたとしているダンナは田中圭さん。抜けてるんだけど可愛くて憎めない男性を演じたら、右に出るものはいませんよね!

スポンサーリンク

これ以上ない完璧なキャスト

この物語、田中圭さんと中谷美紀さんの「あてがき」ですか?と言いたくなるくらい、もうお二人以外のキャストは考えられません!

相馬日和:田中圭

知らない間に愛する妻が「総理大臣」になっていたなんて!そんな巻き込まれ方ってあります?笑

愛する妻のために「総理の夫として頑張らなくては」と思っているのに、時に空回り、時にあらぬ方向へ暴走…と、全くトホホなダンナ。

そして相棒はクルマサカオウムの「インコ」(笑)

相馬凛子:中谷美紀

「才色兼備」という言葉を目に見える形にすると、中谷美紀さんになります。容姿端麗、頭脳明晰、それなのに人柄も完璧。

こんな人が、本当に日本の総理大臣になって、日本を変えてくれたらいいのに!

癖がすごすぎるキャストの皆さま。日和くんはこの全員から責められて、あたふたあたふた…

映画のあらすじ

相馬日和・凛子夫妻。夫の日和は鳥類学者、妻の凛子は少数野党の党首です。全く畑違いの道を歩む2人でしたが、仲睦まじく結婚生活10年目を迎えていました。

ある朝突然妻から意味深な質問が…

ねぇ日和くん、もし私が総理大臣になったら、何かあなたに不都合はある?

「え?ええ?」聞いても妻にはぐらかされ、日和は野鳥観察の出張に出かけていきます。電波の届かない孤島で10日間過ごして帰ってくると、なんと日和の妻は総理大臣になっていました!

史上最年少42歳、史上初の女性総理大臣。「初」づくしの総理大臣は見事なまでに完璧な女性。それを支える”総理の夫”は、野鳥にしか興味がない天然のゆる~い男性。

きっと日本を元気にしてくれるのは、こんな総理大臣です!

映画の見どころ

初の女性総理大臣。そんなことが実際に起こったら…。考えただけで胸が高鳴ります。

腹黒い敵ももちろん出てきますよ。順風満帆な政局なんてありえないもんね。でも、凛子さんの目は、自分ではなく国民のみんなのことを見ているのです。

寝る間も惜しんで働く妻を支えたいと、時には余計なことをしでかし、時には空回りする日和くんは「しっかりしろっ!」と言いたくなることもあるけど、凛子さんにはなくてはならない人なんです。

完璧なまでの才色兼備と、ちょっとポンコツで癒し系の夫が、日本の未来のために奔走する姿は、笑いを誘うとともに、きっとほっこりと癒されるはずです。

原作も最高におもしろかったけど、これ田中圭さんと中谷美紀さんでやったら格別におもしろいと思いますよ!だって日和くんがあたふたして叱られてる姿が簡単に想像できるもん。笑

主題歌 miwa『アイヲトウ』

凛子さんのセリフ「『信を問う』をやってみようと思う」にインスピレーションを受けて作った楽曲で、女性にとっての心強い応援歌に仕上がっていますよ!

スポンサーリンク