映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち』小坂奈緒が女性ジャンパーに!

1998年、日本中が湧いた長野オリンピックでのスキージャンプ団体の金メダル。誰もが知る栄光の裏には、誰も知らない25人のテストジャンパー達が起こした奇跡がありました。

涙なしでは見ることができない実話のオリンピック物語です。

悲願の金メダルを目前で逃してしまったリレハンメルオリンピック。

今度こそ金メダルを獲ると心に誓った西方仁也は、長野オリンピックでは代表に選ばれず、テストジャンパーとして裏方に…。

金メダルへの執着、挫折や嫉妬という自分の中に渦巻くあらゆる感情と闘う西方だけでなく、テストジャンパーたちはそれぞれに熱い想いとドラマを抱えていました。

最後は仲間のために命懸けのジャンプをやり遂げたテストジャンパーたち、まさに舞台裏の英雄たちの、胸に迫る熱く深い人間ドラマ。

涙腺崩壊間違いなしです。映画館で存分に泣いてください!でも最後にはきっと笑顔になれる映画です!

挿入歌 MAN WITH A MISSION『Perfect Clarity』も魂揺さぶる素敵な曲です!

スポンサーリンク

キャスト

西方仁也:田中圭

挫折と嫉妬に押しつぶされそうになりながら”テストジャンパー”という裏方を引き受けた西方選手の苦しみは、きっと演じていても苦しかったことでしょう。

でも西方さんはリレハンメルで自身が獲った銀メダルより、長野オリンピックの金メダルの方が感動したと言います。最後は田中圭さんの最高の笑顔がはじけるのかな。

西方幸枝:土屋太鳳

西方の体を気遣い「ジャンプなんてやめちゃえば」と言いながら、西方の夢を一番理解して一番応援しているのも幸枝です。

高橋竜二:山田裕貴

聴覚障害を持つスキージャンパー。実在する高橋竜二さんは、吹雪の中のテストジャンプで131mを飛んだ実力の持ち主です。

南川崇:眞栄田郷敦

先輩に軽口をたたく今どきの若者ですが、実はケガによるトラウマを抱えています。

小林賀子:小坂奈緒

実在した女子高生ジャンパー葛西賀子さんがモデルです。1998年当時、オリンピックに女子のスキージャンプという種目はありませんでした。

これが私のオリンピック」というひたむきな姿を日向坂46の小坂奈緒ちゃんが体当たりで演じてくれます。

ジャンプの練習シーンは、コーチや共演者みんなが絶賛するくらいうまかったんだって!

すっごい真面目なコーチ役なのに、古田新太さんが出てくると笑ってしまうのは私だけなんだろうか…。どう見てもふざけてるとしか見えないのはなんでなんでしょう(笑)。

西方仁也さんてどんな方?

実在する人物の実話と聞くと、実物の西方さんってどんな方なのかなぁと気になりますよね。私はリレハンメルオリンピックも長野オリンピックもリアルタイムで応援していて記憶に残っているので、ただただ懐かしくて、当時の感動がよみがえってきます。

↓左が西方さんで右が原田さん

惜しくも金メダルを逃したリレハンメルオリンピックのスキージャンプ団体。若かりし頃のレジェンド葛西紀明選手もいます。

銀メダルでも充分賞賛に値すると思いますが、試合後の記者会見でも原田選手への質問はとても厳しいもので容赦がありませんでした。

長野オリンピック。1回目のジャンプ失敗の後、テストジャンパーたちの奇跡のジャンプがつないだ原田選手渾身の2回目は異次元のジャンプでした。

「ふなきぃぃぃ」の声は今でも忘れられません。何度見ても感動で涙が…。

映画のあらすじは?

1994年のリレハンメルオリンピック、スキージャンプ団体。日本のスキージャンプ陣は現在1位につけており、日本国民のほとんどが金メダルを確信していました。

原田雅彦選手の2本目。まさかの失敗ジャンプで日本は銀メダルに…。

1998年の自国開催、長野オリンピックでは金メダルを取ることを誓ったスキージャンプの選手たち。西方仁也もその一人でした。

しかし、西方は代表選手に選ばれず、裏方のテストジャンパーとしてオリンピックを支えることになりました。

オリンピック、スキージャンプ団体戦当日、日本はまたしても原田の不調で1本目のジャンプを終えて4位。しかも天候はどんどん悪くなっていき猛吹雪のために競技は中断してしまいます。

このまま中止となれば、1本目の成績のみで順位が決定してしまいます。

そのとき審判員たちが下した決断は「テストジャンパー25人全員が無事に飛べたら競技を再開する」というものでした。

25人のテストジャンパーたちに日本のメダルの行方が託されます。

そして、命の危険さえも伴う悪天候の中25人のテストジャンパーによる命懸けのジャンプが、奇跡をもたらします。

映画の見どころは?

涙なしでは見ることができない実話。4年間耐え忍んで、ついに悲願の金メダルを獲った団体ジャンプの話は、リアルタイムで見ていない人でもいろんなところで目にしたことでしょう。

それだけでも涙が止まらなくなるのに、まさかその裏側にこんな奇跡があったなんて!これ、涙腺崩壊するやつですよ。

25人のテストジャンパーたちにもそれぞれ抱えている思いがありドラマがあります。それを胸に秘めて、全員が命懸けのジャンプをするのです。誰も見ていないし何の歓声も上がらない場で…。

今でこそ女子のジャンプ競技は当たり前になっていますが、オリンピック競技として加えられたのは2014年のこと。長野オリンピックから16年後のことです。

小坂奈緒ちゃんが演じる「オリンピックがないのに」と言われながら、上手に飛べるようになりたいとひたむきに練習する実在した女子高生。

テレビに出られなくても記録に残らなくても自分の限界と戦う、そんなかっこいい女性がいたことにも感動です。

原田選手がインタビューに答えて「俺じゃないよ…、みんななんだ、みんな…。」と泣きながら言ったのは、裏にこんなエピソードが隠されていたんですね。

スポーツものはただでさえ挫折や嫉妬が定番で、それだけで充分人の心を惹きつける力があるというのに、その上、友情や家族という絆まで描かれる物語。やっぱりオリンピックってすごい…。

葛西選手が、リレハンメルで金メダルを逃し長野では代表に選ばれず、「どうしてもオリンピックで金メダルが欲しい」と現役にこだわり続けて、ついに”レジェンド”と呼ばれるようになったのもこの長野五輪がきっかけですね。

映画館には必ず分厚いタオル生地のハンカチを持っていきましょう。私はあらかじめ手に握りしめて見ることにします。


『ヒノマルソウル』のオフィシャルブックができました。
1540円(税込)

キャストの独占インタビューはもちろんのこと、西方仁也さんと田中圭さんの対談やオフショットなど盛りだくさんの内容です。

主題歌 MISIA『想いはらはらと』

ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんの作詞作曲です。MISIAさんは初めて聞いたとき泣いてしまったんだとか。

スポンサーリンク