小説『そして、バトンは渡された』

2019年の本屋大賞で「大賞」を獲った『そして、バトンは渡された』

題名だけ聞いたときには、青春ものとかスポーツものとか想像してしまいましたが、全然違うんです!本の表紙にある女の子の顔の付いたバトン。これが答えです。

バトンになっているのは、優子ちゃんという女の子。2人のお母さんと3人のお父さんへ、次々にパスされていく…というと、優子ちゃんはグレるというのがお決まりの展開ですが、この物語はそうはなりません。

出てくる人みんないい人ばかり。ちょっと変わってはいるけど、優しくて温かくて、心から優子ちゃんのことが大好きなのです。

最後は感動の温かい涙が止まらなくなって、キラキラした気持ちになれる、素敵な物語です♪

スポンサーリンク

小説のあらすじは?

優子には父親が3人母親が2人いて、17年間で7回家族の形態が変わり、苗字は水戸→田中→泉ヶ原を経て現在は森宮となっています。現在のお父さんのことは「森宮さん」と呼んでいます。

森宮優子、高校2年生。そろそろ進路について真剣に考える時期にきています。面談で、担任の向井先生は「困ったことや辛いことがあれば話して。」と言ってくれるけど、なんか申し訳ないくらい何も困ってないし辛くもないのでした…。

一緒に生活している森宮さんの「親とはこういうものだ」は、少しずれていて、3年生になった始業式は朝からかつ丼だったり、友達が遊びに来るとやたらと会話に入ってきたりするけど、優子は自分が大事にされていることは充分感じていて、何の不満もありませんでした。

クラスのムードメーカー的な存在で人気者の浜坂くんが、優子に好意を示してくれましたが、萌絵が浜坂くんのことを好きになったので仲を取り持ってほしいと優子に頼んできました。

優子は浜坂くんに萌絵のことを伝えようと思いましたが、自分のことを好きだと言ってくれている人に友達を薦めるのは失礼なような気がして、言うことができませんでした。そのことを正直に萌絵と史奈に話すと、友達を優先しないなんて信じられないと、クラスの女子から無視される羽目になってしまいました。

優子が大して気にもしていないように見えるのが不満なのか、1人の女子が「血のつながっていない父親と一緒に生活してるなんてひくわ~」と優子の生い立ちを語り始めました。優子は事実だけははっきりさせておいた方がいいかなと、淡々と正しい経緯を話し「親が変わっただけで、私は何も困ってない」ということも付け加えておきました。

そのことを森宮さんに話すと、ちょっとずれてる森宮さんは「スタミナをつけて乗り切ろう」とたくさん餃子を作ってくれました。それから毎日アレンジ餃子を食べる羽目になったけど…。

数か月も経つとなんとなく女子の無視も収まってきて、萌絵には新しい彼氏ができたみたいで、優子はまた萌絵と史奈と一緒に帰るようになりました。

高校最後の合唱祭。優子は今年もピアノ伴奏を引き受けました。ピアノ伴奏は歌とは別に先生の指導を受けることになります。そこで別のクラスの早瀬くんのピアノに、優子は聞きほれてしまいました。

優子は早瀬くんのことが気になっていましたが、彼には年上の彼女がいるそうで、その彼女のいる音大へ進学することになっていました。

優子は園田短大を受験してあっさりと合格通知を受け取りました。受験の前にお腹が痛くなったり吐き気がしたりしながら心配していくれていた森宮さんに一番に報告に行って、2人でラーメンを食べて帰りました。

 

優子の生い立ち

優子を生んだ母親は、優子が3歳になる前に交通事故で亡くなりました。そのため実の母の記憶はありません。幼いころはおじいちゃんとおばあちゃんのお世話になりながら、お父さんと2人暮らしでした。

小学校の入学式、優子はお友達のみんなはお母さんと一緒に来ていることが不思議でなりませんでした。お父さんは「お母さんは遠いところにいる」と言っていました。

2年生になったとき、お父さんは優子にお母さんがいない理由を教えてくれました。「死ぬ」というのがどういうことかわかるようになっていた優子は、どれだけ待ってももうお母さんには会えないんだと知って、とても悲しい気持ちになったことを覚えています。

2年生の夏休み、お父さんは優子との買い物に「お友達のお姉ちゃん」の「梨花さん」を連れてきました。梨花さんは、ふわっとしたスカートにリボンの付いた鞄を持っていて、茶色い髪は後ろでまとめられて、石鹸みたいないいにおいがしました。

優子の髪をまとめてかわいいお団子ヘアにしてくれたり、ピンクのかわいい筆箱やおそろいの鉛筆と消しゴムを買ってくれたり、優子の周りにキラキラしたものを持ってきてくれました。

梨花さんはお父さんより8才年下の27才。優子が3年になる前の春休みに、お父さんは梨花さんと結婚して3人の生活が始まりました。

梨花さんはいつも優子の髪をかわいくくくってくれたし、若くてきれいで、自慢のお母さんでした。梨花さんも優子との生活が楽しくて仕方がないようで「お母さんって楽しい」といつも言っていました。

女の子は好かれなきゃだめよ!どんな時でも、どんな相手とでも笑っておかなきゃ!というのが梨花さんのモットーで、優子は大好きな梨花さんの言うことは聞いておこうと心に決めたのでした。

4年生が終わる終業式の日、お父さんが早く帰ってきて話があると言いました。お父さんは4月からブラジルに転勤することになってしまいました。

梨花さんはブラジルにはついて行かないと言います。優子はお父さんについてブラジルに行くか、梨花さんと日本に残るのか、究極の選択を迫られました。お父さんと梨花さんのどちらかを選ぶことはできませんでしたが、日本とブラジルのどちらがいいかと聞かれると答えは簡単…。優子は梨花さんと日本に残ることにしました。

お父さんと梨花さんは離婚して、優子は水戸優子から田中優子になりました。梨花さんは相変わらずかわいい服を買ってくれたりしたけど、月末になると必ず金欠になり、生活は楽ではありませんでした。

梨花さんは働き始め、パンの耳をただでもらってきたり、大家のおばさんから野菜をもらったりして節約していましたが、生活は全然楽にはなりませんでした。梨花さんは「あー、貧乏っていやだ」と言いながらも毎日楽しそうで、相変わらずほしいものは何でも買ってしまうのでした。

優子は毎週お父さんに手紙を書いて、梨花さんに「出しておいてね」とお願いするのでしたが、お父さんからは一度も返事が来たことはありませんでした。

6年生になると周りで習い事をしている友だちが多くなり、それがうらやましかった優子は「ピアノ習いたいなぁ」と口にしたことがありました。梨花さんは「ピアノか…。このアパートじゃピアノは置けないから、少し待っててね。」と言いました。

小学校卒業式の日、夕食後のケーキを食べながら梨花さんは「卒業おめでとう。ピアノをお祝いにするね。」と言い、さらに「明日、引越し」と言いました。

今度の家は豪邸で…、防音のピアノ室があって…、さらに新しいお父さんがいました。梨花さんは、泉ヶ原茂雄さんと再婚したのでした!

泉ヶ原さんの家にはお手伝いさんがいて、優子は家で何もすることが無くなってしまい、週に2回ピアノの先生が来てくれることになりました。ピアノは泉ヶ原さんの亡くなった奥さんが使っていたもので、泉ヶ原さんが大切にしているものでした。優子が奏でてうれしいと言ってくれる泉ヶ原さんのために、優子は夢中でピアノの練習をしました。

3か月もすると、何不自由ない生活に飽きた梨花さんが「退屈で死にそう。一緒に逃げよう。」と言い出しました。そして梨花さんは家を出て行ってしまいました。いや、ちょっと違う…。夕方になると毎日やってきていろんなおしゃべりをして「一緒に行こう」と言うのでした。

梨花さんは泉ヶ原さんと離婚しましたが、夕方になると現れるという生活が続いていました。中学3年生の3学期のある日、梨花さんは男の人の写真を持ってきて優子に見せました。その男の人は、中学校の同級生で、東大卒で一流企業で働いている森宮さんといい、梨花さんは結婚するつもりだと言いました。

中学校を卒業した春休み、梨花さんが突然やってきたかと思うと、森宮さんと籍を入れたこと、優子をひきとりたいということを泉ヶ原さんに話しました。泉ヶ原さんは動じることなく「わかった」とだけ言いました。

泉ヶ原さんに聞くと、梨花さんとは時々会って話していたようで、今回の話も知っていたとのことでした。一番長く優子のそばにいて優子のことを何でも知ってる梨花さんと一緒にいるのが優子にとって一番いいと判断したようでした。今回も優子は大人が決めたことに従うしかないのです。

森宮さんと梨花さんと優子、3人での生活が始まってたった2か月で、梨花さんは「探さないでください」という置手紙を残していなくなりました。それからしばらくして、梨花さんからは「離婚届」が送られてきました。どうやらまたまた再婚するつもりのようです。

梨花さんらしいと言えば梨花さんらしいけど、今度はどうなるんだろう…、森宮さんも気の毒だな…などと優子が考えていたら、森宮さんは離婚届にさっさと記入してしまいました。

森宮さんは「好きな人より、大事なことを優先させなきゃ。大事なのは優子ちゃんだ。この離婚届出したら、俺は正真正銘の優子ちゃんの父親になれるんだよな。得した気分。」と嬉しそうに話しました。

好きな人と結婚したら子どもがついてきて、好きな人がいなくなって子どもだけが残ったというのに、この人は本当に事態が飲み込めているのだろうか?優子は訳が分からなくて聞いてみました。

森宮さんは、結婚前に梨花さんが話してくれていたことを教えてくれました。

優子ちゃんの母親になってから、明日が二つになった。自分の明日と、自分よりたくさんの可能性と未来を含んだ明日がやってくるんだって。すごいと思わない。」梨花さんはそう言ったと言います。

そして森宮さんは「明日はちゃんと二つになった。自分のと、自分のよりずっとの大事な明日が、毎日やってくる。自分以外の未来に手が触れられる毎日を手放すなんて、考えられない。俺にとって、親になるって、そういうことだから。」と言いました。

 

優子のそれから

短大を卒業した優子は、栄養士の資格を取って山本食堂という小さな家庭料理のお店に就職しました。高齢者用の宅配弁当も行っていて毎日大忙しでしたが、誰かに喜んでもらえる毎日は充実していました。

ある日の閉店間際、やってきた来たお客はなんと早瀬くんでした。おいしい料理に感動した早瀬くんが優子の手を取って握手をすると、優子は真っ赤になってしまいました。

心と体はこんなにも正直なんだ。早瀬くんに「俺のこと好きなの?」と言われ正直にうなずいてしまいました。

それから早瀬くんと優子はつきあうことになりました。

早瀬くんは音大に行ったものの深刻に音楽に向き合う毎日に違和感を感じていて、イタリアに行ってピザ作りの修行に行ったり、日本で食べ歩きをしたりしていました。そして音大卒業間近となって大学を中退し、今度はハンバーグ作りの修行にアメリカに行ってしまいました。

最初はおもしろおかしく話を聞いていた森宮さんでしたが、大学を中退してアメリカに行った話をすると「そいつはだめだな。真剣に将来を考えられるやつとつき合うべきだ。」と言いました。

アメリカから帰ってきた早瀬くんはスーツケースを引いたまま山本食堂にやってきて「音楽と愛にあふれたレスランを作りたい。優子、結婚して。」と言いました。

その後、早瀬くんがフランス料理屋の正社員になって、結婚に向けて動き始めることにした2人。優子は、まず森宮さんと早瀬くんを会わせることにしました。

森宮さんは「こんな風来坊との結婚なんて賛成するわけがない!」と頑として譲らない様子。

優子はたくさんいる他の親への挨拶を先に済ませて、森宮さんは最後にすることにしました。と言っても居場所が分かるのは泉ヶ原さんだけです。

手紙を書いて訪ねて行くと、泉ヶ原さんは優子と早瀬くんを大歓迎してくれました。梨花さんの居場所を知らないか聞いてみると、意外にも泉ヶ原さんは知っていると言いました。

梨花さんは病院に入院していました。優子だけで話をしに行くことになって病室を訪ねると、ネームプレートは「泉ヶ原梨花」となっていました。

梨花さんは、優子の結婚話は本当に喜んでくれました。そして、これまでの経緯を話してくれました。

泉ヶ原さんの家を飛び出したのは毎日退屈だったから、というのは本当のことでしたが、梨花さんはそれからしばらくして病気が発覚したのでした。1人目の実のお母さんを事故でなくして、その上2人目のお母さんまで亡くしてしまうのは優子がかわいそうすぎると考え、梨花さんは優子の前から姿を消すことにしました。

優子を託すなら誰がいいかと考えているときに、同窓会で偶然再会した森宮くんのことを思い出して、彼しかいないと畳みかけるように結婚まで持っていったということでした。2人の男をまんまと計画に乗せたと思っていましたが、泉ヶ原さんは梨花さんの病気に気付いていて、お金のかかる手術や入院の面倒も全部引き受けてくれて、今に至っているのでした。

実のお父さん・水戸秀平の居場所を知っているか聞いてみると、意外にも「知ってる」と。それから1週間もしないうちに梨花さんから荷物が送られてきました。

中には何通もの手紙が入っていました。ブラジルにいた頃のお父さんからの手紙でした。梨花さんからの手紙には、お父さんからは10日に1通は手紙が来ていたこと、2年後ブラジルから帰って何度も優子に会わせてほしいと連絡があったこと、今は再婚して2人の娘さんがいること、そして現在のお父さんの住所が書かれていました。

やっぱりピアノと向き合っている方が合っている早瀬くんは、フランス料理店をやめて音楽教室の講師と結婚式やレスランでピアノを弾く仕事をするようになりました。

最後の大トリ、森宮さんを説得するために、2人で料理を作って森宮さんの帰りを待ちます。ブツブツ文句を言いながらも夕食を食べた後、森宮さんは他の親がみんな賛成しているのに、自分だけが反対してもしょうがないと半ば投げやりな態度で「いいや、俺」と言いました。

早瀬くんは「他の人にどれだけ祝福してもらっても、お父さんに賛成してもらわないと結婚はできません。」ときっぱりと言いました。

優子の知らない間に、早瀬くんは森宮さんに、手紙と自分が弾いたピアノを録音したCDを送っていました。森宮さんが言うには、全36曲のそれぞれにまつわる2人のぞっとするような思い出と、どれだけ優子を幸せにするかを書いた不気味なメッセージが添えられていたとのこと。

早瀬くんの弾く「麦の唄」を聴きながら、森宮さんは「優子ちゃんの故郷はここだよ。いつでも帰っておいで。」と言いました。

 

結婚式当日、そこには優子の実父・水戸秀平の姿もありました。梨花が送ってきた120通におよぶ手紙を、優子は読まないことに決めていましたが、森宮さんは読まずにはおれませんでした。

会いたいという気持ち、優子の幸せだけを願っている切実な思いに触れ、水戸さんを結婚式に呼ぶべきだと思った森宮さんが招待したのでした。優子は森宮さんが手紙をこっそり読んでいたことに気付いていて「やっぱりね」と驚く様子もありませんでした。

そろそろ式が始まる時間になって、スタッフの人が「新婦とお父さま以外は教会にご移動ください。」と言うので、森宮さんは優子と水戸さんを残して教会に移動しようとしました。

するとスタッフから呼び止められ「森宮さんは新婦と入場するのでこちらへ」と促されました。「いやいや」と首を振る森宮さんに「優子ちゃんが巣立つのは森宮くんのところ」と梨花さんが言い、水戸さんも泉ヶ原さんも大きくうなずきました。

森宮さんが教会の入口にいくと、優子が「私が旅立つ場所も、戻れる場所も森宮さんのところしかないよ。ありがとう、森宮さん。」と言いました。

光が差し込む道の向こうに早瀬くんの姿が見えました。森宮さんは、大きな未来へとバトンを渡す幸せをかみしめていました。

小説の感想

ここ最近読んだ本の中で、いちばん心が動かされて胸が熱くなった物語です。ラストシーンでは涙が止まりませんでした。

子どもを虐待したり捨てたりという事件が、現実の世界でも横行しているし、最近読んだ本や見た映画もそういう子どもが主人公になっているのが多くて、胸が締め付けられる思いをしていました。

明日が二つになった」って、なんて素敵な言葉なんでしょう。子どもが3人いる私は、手の中に明日を4つ持ってるってこと。そのうち3つがキラキラ輝いてるんですよね。

そんなことわかってたんだけど、毎日の忙しさや思うようにならないことにイライラして忘れてしまっていました。

なんだかちょっとずれてる森宮さんと、少し変わってる優子ちゃんのやり取りは、本当の親子かと思うくらい…、いや、お互いを気遣う気持ちがあふれてるから、本当の親子以上にほっこりしてて温かです。

誰かのことを大事に思う気持ちは、伝わっていくし繋がっていくんだということ、改めて感じて優しい気持ちになりました。

最後が結婚式のシーンだったからかな。読んだ後は目の前がキラキラしていました。映画も見に行かなくっちゃ!

購読する方法は?


無料版で途中まで読めるので、ちょっとだけでもこの素敵な気持ちを体験していただきたいです!
【2021年4月16日現在】

U-NEXT 800円
FOD PREMIUM
music.jp 799円
amazon prime 800円(Kindle版)
814円(紙の文庫本)
漫画全巻ドットコム
ebookjapan 799円
まんが王国
Booklive 800円
Renta!
コミックシーモア 800円
honto 800円

ポイント購入は100pt購入に110円かかるので、同じ価格となります。

スポンサーリンク