映画『CUBE』豪華キャストによる日本版リメイクのあらすじは?

この部屋に一度入ったら、最後…。

最後って何?どうなるの?その答えがこの映画に用意されているのかどうかもわからない「密室サスペンス」。

オリジナルは1997年世界に衝撃を与えたカナダの映画『CUBE』です。

立方体の部屋に閉じ込められた人々。部屋の6面にはそれぞれ1つずつ、隣の部屋へとつながる扉がありますが、隣の部屋は安全とは限りません。

何が怖ろしいかって、ワイヤーで切り刻まれたり、炎で焼かれたり…というトラップ。いやいや、一番怖ろしいのは困難に直面するたびに、次第に現れてくる人間の本性です。

このオリジナル映画の世界観を守りながら、日本の価値観や人間性などを落とし込んだ本作品。

オリジナル『CUBE』の監督ヴィンチェンゾ・ナタリ公認のリメイク版で、ナタリ自身もクリエイティブ協力として制作に参加しているとのこと。

あの恐怖がよみがえります。閉じ込められた人々に救いはあるのでしょうか?

この映画はミステリーでありながら、豪華キャストによる人間ドラマでもあります。

スポンサーリンク

閉じ込められたキャストは?

後藤裕一:菅田将暉

29才エンジニア

甲斐麻子:杏

37才団体職員

越智真司:岡田将生

31才フリーター

宇野千陽:田代輝

13才中学生

井手寛:斎藤工

39才整備士

安東和正:吉田鋼太郎

61才会社役員

映画のあらすじは?

目が覚めるとそこは謎の立方体=CUBEの中。

どういう理由で集められたのか、彼らにどんなつながりがあるのかも全く分からない男女が6人。

出口を探すために隣の部屋に移動しようとすると、そこには火炎噴射やワイヤースラーサーといった殺人的なトラップが次々と仕掛けられています。

扉には暗号と思われる数字。これを解かない限り次の部屋に進むことはできません。

CUBEから安全に脱出することを目標とする仲間のはずなのに、追い詰められるにつれて次第に人間性をむき出しにしていく人々。

本当に出口はあるのでしょうか?彼らは脱出することができるのでしょうか?

オリジナル『CUBE』を見よう!

この映画を鑑賞する前に、オリジナルのカナダ映画『CUBE』をぜひ見てみましょう!

日本のリメイク版はオリジナル版とは結末が異なると発表されているのでネタバレにはならないと思いますよ。

う~ん、全く訳わからなくてひたすら怖いだけかもしれません。これが怖くて見られなかったら、日本版も無理かもなぁ。

スポンサーリンク