原作漫画『ブラック・ナイト・パレード』

コンビニ・ポーソンでのバイトも3年になる日野三春は、訳あって「サンタクロースの家」に就職することになった。しかも、黒いサンタとして…。

良い子にプレゼントを配る赤いサンタはすでに死んでいて、今は黒いサンタが悪い子にがっかりするプレゼントを配る世の中。

現在も連載継続中のこの漫画。ポンコツの青年が黒いサンタにこき使われる、ただのおもしろい漫画だと思ったら大間違い!信頼と友情の熱い物語です!

ブッダとイエスのシュールな共同生活を描いた『聖☆おにいさん』の中村光さんが、今度はサンタクロースを題材にブラックファンタジーを描きました。

スポンサーリンク

漫画(最新話7巻まで)のあらすじは?

大学受験にも就活にも失敗し、コンビニポーソン練間北口店でのバイト生活3年の日野三春(ひのみはる)、22歳。

迷惑かけられまくりのバイトの後輩・田中皇帝(かいざー)の就職が決まり可愛い彼女までいることがわかった。そして、今日も届く不採用通知…。

むしゃくしゃしながら帰りに寄ったホルモン屋台で、黒いサンタと出会った。

謎のに飲み込まれた三春が目を覚ますと、黒いサンタが「内定だ」と言った。手取り30万円、残業代にボーナス、昇給もある。おまけに寮住まいで3食付き。

喉から手が出るほど欲しかった「内定」だが、怪しいことこの上ない。やっぱり逃げようと決心したが、なんとそこは北極にある「サンタクロースの家」だった。

しかたなく三春は就職することに決めたが、実はサンタクロースの家に集められているのは「悪い子」だけ。罪の重さ分だけ「黒いサンタ」として働かされるらしい。

黒いサンタの服を着た謎の人物の名はクネヒト。赤いサンタは死んだので今やサンタクロースの家の家長。今は悪い子に石炭や臓物、鞭などをくれてやる黒いサンタだけが暗躍しているのだそうだ。

同僚として働いている、実家のお寺を放火して黒いサンタとして働くことになった北条志乃(ほうじょうしの)と、料理上手でイケメンの古平鉄平(こひらてっぺい)はいいヤツだ。

プレゼントを作るのは帽子さん率いる帽子の妖精たち。もらったプレゼントの「がっかり指数」を測定する機械で思いがけず才能を発揮した三春の配属先は「石炭課」に決定した。

無料で資格も取れると聞いて、三春は配達員の資格を取ることにした。ここでは配達員とは9名のトナカイのことで、特別手当1000万円が支給されるエリートだ。リーダーのルドルフに選ばれるとさらに1000万円の手当てがもらえる。

さまざまな偶然から、三春の父親・日野冬馬は実は「赤いサンタ」だったこと、三春が3歳のときに事故で亡くなったことになっていたが実はサンタを憎む奴から命を狙われていたこと、三春は3歳のときにクネヒトと出会っていたことなどがわかってきた…。

驚くべきことに、田中皇帝と彼女の赤井稲穂(あかいいなほ)すでにサンタの家に就職してトナカイとして働いていた。さらに皇帝は、実は三春を守り続けていたのだった。

クリスマスを終え、一時的な里帰りを許された黒サンタたち。帰省中の三春・志乃・鉄平、さらにプロレスラーのベンジャミンにトナカイ合格の知らせが届いた。

北極のサンタの家に戻る途中の飛行機の中で、なぜか三春の母・春子が同乗していることに気付いた三春。社長さんに挨拶するためと言うが、何かおかしい…。

赤いサンタを殺したのはネズミたち。そしてネズミたちは赤いサンタの血を受け継ぐ三春のことをずっと探していた。皇帝がネズミたちの目から三春を守っていたが、それもついに限界が。

ネズミたちは鉄平を洗脳し、三春が赤いサンタの息子であることや、殺されたはずの赤いサンタはルドルフかもしれないという情報を得、春子をサンタの家におびき出していたのだった。

三春やルドルフの抵抗むなしく、鉄平は春子を連れて去っていった。

その頃、ベンと志乃はネズミたちの後を追ってドロッセルマイヤーと遭遇していた。ドロッセルマイヤーの作ったサンタクロースの家には、表の世界と裏の世界が存在し、1年後のクリスマスイブをループする世界、1年後のクリスマスをループする世界への入り口が存在していた。

1年後にトナカイがたくさん殺されている世界にやってきた三春。 赤いサンタクロースの服を着たクネヒトが現れ、この世界は三春によってもたらされたと言った。

「アダマスの剣」を持った帽子さんが助けに来てくれて何とか逃げ延びた三春と志乃とベンだったが、そこに現れたのは「鉛の矢」で心臓を撃ち抜かれた鉄平。

三春が自分の体に傷を付け、鉄平の中に寄生していたネズミを引きずり出すと、ネズミは人間の子・アトラスへと姿を変えた。

ドロッセルマイヤーがネズミたちを連れてやってきた。万事休すかと思われたその時、ルドルフが「アダマスの剣」を持って現れ、ドロッセルマイヤーの胸を刺した。

ドロッセルマイヤーはルドルフから奪い取った心臓を自分の胸の中に隠していたため、ドロッセルマイヤーを刺したはずのルドルフは死んでしまった。

「アダマスの剣」とは全てのものを”終わり時間”へと進めてしまう力を持ち、赤いサンタしか持つことができない。

志乃も鉄平も殺されてしまったが、クネヒトから「アダマスの剣」を奪い取った三春はドロッセルマイヤーの腕時計を「アダマスの剣」で刺した。

映画『ブラックナイトパレード』の見どころは?

なんてったって中村光さんの漫画の一番の魅力は、そのシュールすぎる展開にあります。『聖☆おにいさん』にはまった人なら悶絶するくらい楽しんでいただけます。

サンタの家の社長・クネヒトと工場長の帽子さんが忠実に再現されている時点で、もうおもしろくない訳がない!

↑姿が見えない黒サンタ。実は三春にだけ姿が見えていたという驚愕の事実!

ただし、今回はファンタジーの世界と言うと聞こえはいいけど…かなりブラック。子どもたちの憧れの存在のサンタクロースまでもが真っ黒です。

チャラ男の皇帝を演じる中川大志さんが、わざわざ歯を1本抜いてキャラを寄せているのも大きな見どころです。最初は腹立つチャラ男だった皇帝は意外に大活躍しますよ!

原作漫画は時空が飛んだり状況が二転三転して、7巻終了現在で誰が敵か味方かちょっと訳が分からなくなってるんだけど…、原作と映画は同じ結末に落ち着くんだろうか?

根底に流れているのは家族愛、信頼、友情、使命感といった熱い熱い想いです。

中村光ファンとしては絶対に漫画と映画の両方を見届けなくては!

『ブラックナイトパレード』を電子書籍で!

現在も継続連載中!三春の運命やいかに?!
2022年10月11日時点の情報となります。 オフィシャルサイトにて必ず最新の情報をご確認ください。

ebookjapanで11/7まで50%OFFクーポン適用中(6冊まで)!

U-NEXT (1,2巻)587円/巻,(3-7巻)606円/巻
music.jp (1,2巻)587円/巻,(3-7巻)606円/巻
amazon prime (1,2巻)587円/巻,(3-7巻)606円/巻(Kindle版)
(1,2巻)618円/巻,(3-7巻)638円/巻(紙のコミック)
漫画全巻ドットコム (1,2巻)587円/巻,(3-7巻)606円/巻
ebookjapan (1,2巻)587円/巻,(3-7巻)606円/巻
まんが王国 (1,2巻)534pt/巻,(3-7巻)551pt/巻
Booklive (1,2巻)587円/巻,(3-7巻)606円/巻
Renta! (1,2巻)534pt/巻,(3-7巻)551pt/巻
コミックシーモア (1,2巻)587円/巻,(3-7巻)606円/巻
honto (1,2巻)587円/巻,(3-7巻)606円/巻
いつでも書店 (1,2巻)534pt/巻,(3-7巻)551pt/巻
Amebaマンガ (1,2巻)534pt/巻,(3-7巻)551pt/巻
コミック.jp (1,2巻)587円/巻,(3-7巻)606円/巻