映画『20歳のソウル』神応援曲”市船soul”を作った青年の実話

千葉県の市立船橋高校には、その曲がかかるとヒットが出る、と言われる神応援曲があります。その名も「市船soul」。

その曲を作ったのは、相棒のトロンボーンに「ロナウド」と名付ける吹奏楽が大好な青年でした。

音楽の先生になることを夢見て大学生になった矢先癌を発症し、1年半におよぶ闘病生活の末に、20歳という若さでこの世を去った浅野大義さん。

幼いころから音楽を愛し、音楽とともに育ち、青春を駆けぬけた大義さんの人生を描いた中井由梨子さん著『20歳のソウル 奇跡の告別式、一日だけのブラスバンド』が珠玉のキャストで実写化されます。

うん、これ絶対号泣するやつですよ。

スポンサーリンク

珠玉のキャスト

浅野大義:神尾楓珠

ムードメーカー的な存在の大義さんの周りでは争いごとが起こらない空気がありました。いつもニコニコして誰の話にも平等に耳を傾ける大義さんのことがみんな大好きでした。

大義さんになりきるためにピアノとトロンボーンを猛特訓し、病気のシーンでは減量して撮影に臨んだという神尾楓珠さんが、大義さんの魅力や生き様を爽やかに演じます。

↑この方が浅野大義さん

高橋健一先生:佐藤浩市

大義さんが「雲の上の存在」と尊敬し憧れた、市船吹奏楽部の顧問の先生。もちろん実在する先生で、そのカリスマっぷりは半端じゃありません。

サラリーマンから一転、国語の先生になり、その後全く未経験の吹奏楽の顧問になると、プロの指揮者に弟子入りして徹底的に吹奏楽を学びました。

それだけでも頭が下がるのに、なんと高橋先生は顧問5年目にして吹奏楽コンクール全国大会金賞受賞を達成し、マーチングコンテストでも全国大会出場を果たしました。

「みんなのために自分ができることを考えろ」「音楽は人間関係だ」という高橋先生の一言一言は、大義さんの生き方に大きな影響を及ぼしました。

↓この方が高橋先生です。

 

映画のあらすじは?

スポーツ強豪高校の市立船橋高校には”市船soul”という神応援曲があります。

「”市船soul”がかかると点が入る」「かっこいい」と市船のみんなから愛される応援曲を作ったのは、吹奏楽部3年生の浅野大義。

幼いころピアノに出会ってから音楽漬けの毎日を送り、中学高校と吹奏楽に青春をささげ、顧問の先生に憧れて音楽の先生になることを夢見ていた普通の青年です。

大人になって、夢を叶えて、結婚して家族をもって…そんな普通の生活が待っていると思っていたのに、大義にそんなふつうの未来が訪れることはありませんでした。

19歳で癌を発症し、1年半に及ぶ闘病生活の末に、20歳の大義はその生涯を閉じました。

大義の告別式には、高橋先生の声かけで164人もの同級生や先輩後輩が楽器を持って集まりました。大義とともに演奏した思い出の曲のあと、大義の霊柩車を送り出したのは”市船soul”でした。

映画の見どころは?

”実話”に基づくこの物語。

当然”市船soul”が流れることでしょう。短調の印象的なメロディーは本当にかっこいいですよ。そしてこの先も、この曲を聞くたびにみんな「浅野大義」という人物を思い浮かべることでしょう。

大義さんを知る人はみんな、彼のことを口をそろえて「優しかった」と言います。

そんな大義さんのために、告別式に楽器を持って集まった仲間は164人。どれほど仲間たちに愛されていたかがわかります。

ロケもできるだけ大義さんが実際に過ごした空間で…と、市立船橋高校はもちろん船橋市のあらゆる場所で行われたそうです。

「浅野大義」というありのまま人間を、多くの人に伝えたいという皆さんの気持ちが形になった映画なんですね。

劇中には”jasmine”という、大義さんが作曲したもう一つの名曲も演奏されるとのこと。そして、中井由梨子さんがどうしても『20歳のソウル 奇跡の告別式、一日だけのブラスバンド』で書くことができなかったエピソードも入れられています。

若くして亡くなってしまったことは悲しいけれど、きっと「浅野大義」という人物の人となりに触れて、最後は清々しい気持ちで温かい涙を流すことになると思います。

神尾楓珠さんの爽やかな大義と、佐藤浩市さんのカリスマ先生はもちろん期待大ですが、まだ発表のない大義の恋人・愛来ちゃんを誰が演じるのかも楽しみですね。

スポンサーリンク