ウェルザードの小説を漫画化した『カラダ探し』あらすじとネタバレ

「私のカラダを探して」と頼まれるとカラダを全部見つけないとゲームから降りることもできない…、しかも毎日「赤い人」に殺され続ける…。

そんな恐ろしいゲームが50年続いている高校。延々と続く『カラダ探し』を終わらせるためにゲームに巻き込まれた高校生たちは”呪いを解く”ことを決意します。

本格ホラーとして若者たちの間で大人気となり、小説投稿サイトでホラー部門1位を獲得したウェルザードの『カラダ探し』が漫画化され、電子コミック累計閲覧数は1億回を突破した超人気作品となりました。

橋本環奈さん主演で実写映画化されることも決まった

スポンサーリンク

「カラダ探し」とは?

学校に伝わる怪談「カラダ探し」にはルールがあります

・「赤い人」は放課後の校舎に現れる
・「赤い人」は1人になった生徒の前に現れる
・「赤い人」を見た者は校門を出るまで決して振り返ってはならない
・ 振り返った者はカラダを8つに分けられ校舎に隠される
・「赤い人」に殺された生徒は翌日みんなの前に現れて「カラダを探して」という
・「カラダ探し」を拒否することはできない
・「カラダ探し」の最中にも「赤い人」は現れる
・「カラダ探し」はカラダを見つけるまで行われる
・「カラダ探し」は死んでも死ねない
・「赤い人」は歌を唄う
・「赤い人」に追いつかれたら背中にしがみつかれ、歌を唄い終わったら殺される

「赤い人」は白い服を着ているのですが、殺した人の返り血を浴びて真っ赤になっています。双子の姉と「赤い服」の取り合いをしたことが原因で、服を赤く染め上げていると言われています。

8つのカラダの部分を集めると「カラダ探し」ゲームは終了となり、その時点で死んでいる人は記憶の一切を失います。そして、生き残った者の誰かが棺桶に入ることで元の世界での時間が進み始めます。

棺桶に入った人は「カラダ探し」にかかった日数後、目を覚まし、8つに裂かれた「カラダ探し」をお願いする立場になります。

そうして「カラダ探し」は50年間延々と繰り返されてきました。

小説版とコミック版の違い

小説版は「カラダ探し→第二夜→第三夜→最終夜」の順で掲載されました。

第三夜は『カラダ探し』のもう一つの架空の世界を描いていて、漫画化されるにあたって『カラダ探し解』として後付けされた形で刊行されました。

『カラダ探し最終章』で呪いを解くカギを留美子と武司が知っている理由が描かれています。

コミック版 小説版
第1夜(11/9) カラダ探し(1~7巻) カラダ探し(上)(下)
第2夜(11/21) カラダ探し第弐章(8~11巻) カラダ探し第二夜(上)(下)
第3夜(11/26) カラダ探し最終章(12~17巻) カラダ探し最終夜(上)(下)
呪われた血族 カラダ探し解(1~5巻) カラダ探し第三夜(上)(下)

『カラダ探し』のあらすじは?

カラダ探し 11/9

私のカラダ探してからそう頼まれたのは明日香理恵留美子翔太健司高広の6人。

単なるうわさだと思って信じていませんでしたが、真夜中の12時になると6人は制服を着て学校にいました。見えない壁があって学校から出ることもできません。

そして「赤い人」が現れ殺されます。朝になると何事もなかったかのように目が覚めますが、殺された感覚だけは生々しく残っていました。

学校に行くと、どういう訳かまた昨日と同じ11/9が始まります。

遥から「カラダ探し」を頼まれ、夜中には学校に集められ、「赤い人」に殺されて朝を迎え、迎える朝は11/9…。八つ裂きにされた遥のカラダを全て探し出すまで何度も同じ夜が繰り返されるのでした。

自分が助かりたい一心で仲間を犠牲にしたり囮にしたり、一時は険悪なムードになった6人でしたが、とにかく11/9を早く終わらせたい一心で、協力しながら遥のカラダを探すことにしました。

校長室で右腕、理科室で腰、体育館で右胸、図書室で左脚、トイレで左胸、温室で左腕、玄関ホールで右脚と7つのカラダを集めて棺桶に収めていきました。

農業科の八代先生が「カラダ探し」のことを何か知っていそうだったので尋ねてみると、先生もかつて「カラダ探し」したことがあると言い、「小野山美子(おのやまみこ)」について調べろと言いました。

調べてみると「小野山美子」は50年前、11歳のときにバラバラ殺人事件の被害者になった少女でした。バラバラにされた遺体は当時建設中のこの校舎に隠されていたのでした。

そして写真の美子の見た目はまさに「赤い人」そのものでした。

美子には双子の姉・美紀がいましたが、美紀は美子が殺された数日後に原因不明の病で亡くなっていました。

美子を殺したとされる山岡泰蔵は知的障害を持っており、美紀美子とは仲が良かったといいます。本当に泰蔵が犯人なのかどうかもわからないま、泰蔵はその後自殺をしていました。

健司が明らかに何かにとり憑かれ操られて仲間を襲うようになりましたが、それは山岡泰蔵の仕業でした。健司の祖父・雄蔵は山岡泰蔵の兄だったのです。

泰蔵の意識から健司に断片的に情報が伝わり、美子も泰蔵も泰蔵の弟:雄蔵に殺されたことがわかりました。

遥の身体の最後の部分、頭部が学校中のどこを探しても見つからず、完全にお手上げ状態かと思われましたが「赤い人」が持っているぬいぐるみの中に隠してあるのではないかと当たりを付けて奪うことにしました。

健司が「赤い人」からぬいぐるみを奪いリレーして、明日香が遥の頭部を収めると、遥が復活して「最後に残った人が棺桶に入れば”明日”がくる」とゲームの終わらせ方を伝えました。

遥に突き飛ばされて棺桶に放り込まれた明日香。無事に朝を迎えることができましたが「カラダ探し」終了時に死亡していた仲間は記憶を消去されていて、誰も明日香のことを覚えていませんでした。

そして明日香だけは「カラダ探し」にかかった日数だけ時間を経て11/20に目覚めていたのでした。

「カラダ探し」が終わったら付き合おうと約束していた高広は、終了時に瀕死の状態でも生きていたので明日香のことを覚えていましたが、今のままでは明日香は学校から出ることもできず高広と付き合うこともできません。

明日香が元の生活に戻る方法は1つしかありません。今度は明日香が誰かに「カラダ探し」頼んで体を見つけてもらい、呪いを解く必要がありました。

カラダ探し第弐章 11/21

「カラダ探し」を頼むことを決意した明日香美雪高広留美子翔太武司結子に「私のカラダを探して」とお願いしました。

高広、留美子、翔太は2度目ですが「カラダ探し」の記憶があるのは高広だけで、とにかく高広の立てる作戦に沿って一刻も早く明日香のカラダを探すことにしました。

武司と結子は全く非協力的で、「カラダ探し」の邪魔ばかりしてきます。それでも順調にカラダを探し出し、残るは左脚だけとなりました。

武司はとにかく「カラダ探しの」邪魔をして「明日」が来ることを阻止しようとしてきますが、それには理由がありました。

武司の妹のあゆみが、カラダの部分が見つかるたびに体の状態が悪くなっていき、今では瀕死の状態となっていたのでした。

美雪は「カラダ探し」を終わらせて元の生活に戻ることと、あゆみを救うことが同時にできないかと考え、”呪いを解く”方法を模索し始めました。

武司以外の5人は八代先生を伴って、美子と美紀が住んでいた小野山邸へと行ってみると、かつての小野山家の様子が幻のように現れました。

生前の美子と美紀の関係があまり円満なものではなかったことがわかり、「赤い人」は美子の呪い、「カラダ探し」は美紀の呪いということがわかってきました。

美雪は「赤い人」に襲われる直前にどうやったら呪いが解けるかを聞き出し、一か八か試してみることにしました。

「カラダ探し」が終わることを全力で阻止していた武司も、もしかしたら物事が好転するかもしれないことを願って、隠していた最後の左脚を差し出しました。

8日目、カラダが全部そろって「カラダ探し」が終了し明日香が復活しましたが、棺桶には誰かが入らなくてはなりません。

美紀を棺桶に入れることを画策しましたが逆に怒りを買う結果となり、美雪が棺桶に入ることになりました。美雪は自分しか美子と協力して呪いを解くことができないと考えていました。

カラダ探し最終章 11/26

11/21の「カラダ探し」が終わったときに美雪が棺桶に入っていったので、美雪が8日後の11/28に「カラダ探し」を頼んでくるはずだったのに、なんと「カラダ探し」を頼んできたのは村田幸恵でした。

幸恵によって「カラダ探し」を頼まれたのは明日香日菜子武司中島小川の6人です。

「カラダ探し」経験者は明日香、遥、武司の3人いましたが、11/21の「カラダ探し」が終わったらあゆみは元気になっているどころか1年前に死んだことになっていて、武司は無気力で廃人のようになっていました。

「頼む側」にも「頼まれる側」にもなったことがある明日香と遥は、一刻も早く「カラダ探し」を終わらせるべく作戦を立てて必死でカラダを探します。

「カラダ探し」の途中、明日香は美紀から「”黒くて怖い人”を早く追っ払って」と頼まれます。”黒くて怖い人”の謎を解くために、明日香は高広と八代先生とともに小野山邸へと向かいました。

小野山邸の地下には隠し部屋があることがわかりました。明日香にだけ黒い人型のようなものが見え、阻止されて部屋に入ることができませんでした。高広と八代先生が入って調べてみると、そこには儀式を行っていたような跡がありました。

美子の死を悲しんだ両親が美子を生き返らせるための黒魔術を行いましたが、それは失敗し”黒くて怖い人”を呼び寄せただけに終わりました。”黒くて怖い人”は美子に取り憑き”赤い人”が生まれ、さらに「赤い人」が美紀に取り憑き呪い殺したということのようです。

そして美紀は「赤い人」が世界に解き放たれないように「カラダ探し」の中に閉じ込めているのでした。

「カラダ探し」6日目の夜、全てのカラダが揃い幸恵は復活しました。幸枝は高広に好意を持っていて、明日香たちに「カラダ探し」を頼んだのは嫌いだったから。嫌いな人たちが殺し合いをするのを見たいと再び棺桶に入ろうとする幸恵を阻止して、小川が棺桶に入りました。

呪いを解くために明日香と遥は八代先生とともに美子のお墓に行きました。掘り返してみるとそこには死んだばかりのようなきれいな体の美子が眠っていました。

11/28、美雪が目を覚ましました。美紀の呪いを解くために、美雪は美子と美紀を会わせました。すると美子は美紀と美雪を殺して「カラダ探し」の世界を破壊しました。

「カラダ探し」の世界から解き放たれた「赤い人」を止めるためには、今度は美子の呪いを解く必要があります。その方法は、なぜか留美子と武司が知っていました。

美子の”心臓”を見つけ出しそれを美子の亡骸に返すと「赤い人」は追い出されて、小野山邸の地下にある壺に吸い込まれていきます。そのタイミングで壺を破壊すれば全ての呪いが解けるということでした。

明日香、高広、遥が小野山邸に向かい、留美子、武司、結子、八代先生、健司は美子の墓へ向かいました。

”黒くて怖い人”と美子の妨害に遭いましたが、なんとか心臓を返し、明日香が「赤い人」が吸い込まれた壺を破壊することに成功しました。

明日香と高広が目覚めたのは11/29の朝、自分の部屋でした。おそるおそる学校に向かってみると全ての呪いが解け、歪んだ世界は元通りになっていました。

最後の戦いで命を落とした仲間は全ての記憶を失っていて「カラダ探し」のことを覚えているのは明日香と高広だけです。武司士の妹のあゆみもちゃんと生きていました。

とても苦しくて辛い「カラダ探し」でしたが、明日香と高広は”絆の物語”だと感じていました。

『カラダ探し解』のあらすじは?

学校に伝わる「赤い人」の怪談。「赤い人」は大切にしていたウサギのぬいぐるみを探しています。もしも家に見知らぬウサギのぬいぐるみがあったら「赤い人」がぬいぐるみを取り返すために殺しにやってきます。

留美子美雪あゆみ健司龍平が放課後5人でカラオケに行った帰り道、ゴミ捨て場にうさぎのぬいぐるみを見つけます。留美子と美雪はぬいぐるみに何かはわからないけれど、違和感を感じていました。

その夜、留美子のもとに美雪から電話があり「部屋にうさぎのぬいぐるみがある」と言われます。見ると留美子の部屋にもうさぎのぬいぐるみが…。

慌てて窓から捨てると、そこに「赤い人」が現れて留美子は殺されました。

目が覚めるとそこは夜の学校。美雪、あゆみ、健司、龍平も同じように「赤い人」に殺されて目が覚めると学校にいました。

そこに留美子が校門で見かけた紙の長い美しい女性が現れ「ここは生と死の狭間の世界。死ぬはずだった魂を私が連れてきた。7日以内に校舎内に散らばった自分のカラダを見つけないと、魂は死へと旅立つ」という「カラダ探し」のルールを説明しました。

生徒玄関のショーケースには5人の首が収められていて、カラダを全部見つけられたら開くようになっていると言われ、5人は半信半疑で自分のカラダを探し始めました。

途中で「赤い人」に出会って殺されてしまいましたが、目覚めると翌朝。夢なのか現実なのか5人全員が同じ体験をしていました。

転校生がやってくると、それはまさしく昨日見た美しい女性で、名前を「小野山美紗」といいました。

「カラダ探し」3日目、美紗は留美子に”小野山美子の呪い”で歪められたこの世界を元に戻したいと言いました。

美紗の説明によると、美紗は美子が亡くなった後で生まれた男の子の娘、つまり美子の姪ということですが、本当の世界では存在しないはずの人間でした。同じように龍平も本当の世界では存在しないはずの人間ということでした。

そしてあゆみと美雪は本当の世界では死んだことになっているのだと言いました。

この歪んだ世界「解の世界」は、美子の呪いが解放されたときに、あゆみが生きていることを強く願った武司の意識の中に美紀が逃げ込んで作ったものでした。

「解の世界」を破壊するために、5人はとにかく一刻も早く自分の体を取り戻すこと、美紗は美子の心臓を探し出して小野山邸の地下にある壺に納めることを協力して進めることにしました。

最初はギスギスしていた6人でしたが、本当の世界では存在しなかったり死んでいたりするはずのみんなも協力して、何とか留美子が壺に心臓を納めて「解の世界」を崩壊させることができました。

気が付いた留美子は「本当の世界」に戻っていました。それでも「解の世界」での意識は残っています。

「解の世界」で留美子が経験した通り、美子の心臓は中庭にあり、明日香たちは美子の心臓を美子に返すことに成功したのでした。

明日香たちには見えませんが「解の世界」からやってきた、龍平、あゆみ、美雪、美紗の魂は明日香たちを援護していました。

目が覚めた11/29。明日香と高広以外は「カラダ探し」の記憶を失っていました。龍平の魂は武司の双子の龍平として、美紗の魂は三神遥として「本当の世界」に生を受けていました。

みんな記憶には残っていませんが、どこかで繋がっていたんじゃないかと思えるくらい、一緒にいると安心できる仲間たちなのでした。

漫画の感想は?

第一印象は…めちゃくちゃグロくて怖い。最後まで読める気がしなかった…。

6人のメンバーが赤い人に殺されるのですが、その殺され方が手足だけでなく頭や胴体まで引きちぎられて…、その返り血を浴びて”赤い人”は真っ赤。それが毎晩毎晩続くのです。怖すぎるでしょ。

さすがに『カラダ探し』17巻+『カラダ探し解』5巻の全22巻を読破したら、結末の方が気になってしまってグロさには慣れてしまいましたが(笑)

ただ怖さやグロさを描いていると思ったら大間違いで、ストーリーの構成は秀逸です!

ホラーでありながら、ラブストーリーあり友情ありの盛りだくさんの物語です。そのさじ加減がすばらしい!

呪いが解けた時にはホッとするのもありますが「感動」と言った方が近いかも。

それにしても、この物語を実写化するですって?!ガチでリアルに描かれたら怖くて映画館では見られないかもしれないんですけど…。

購読する方法は?


コミック版『カラダ探し』全17巻
コミック版『カラダ探し解』全5巻
小説版『カラダ探し』全8巻
【価格は2021年11月8日現在】

コミック版 小説版
U-NEXT 418円/巻,(解)459円/巻 550円/巻
FOD PREMIUM 380pt/巻,(解)418pt/巻
music.jp 418円/巻,(解)459円/巻 550円/巻
amazon prime 418円/巻,(解)460円/巻(Kindle版)
440円/巻,(解)484円/巻(紙のコミック)
550円/巻(Kindle版)
616円/巻(紙の文庫本)
漫画全巻ドットコム 418円/巻,(解)459円/巻 550円/巻
ebookjapan 418円/巻,(解)459円/巻 627円/巻
まんが王国 380pt/巻,(解)418pt/巻
Booklive 418円/巻,(解)459円/巻 550円/巻
Renta! 380pt/巻,(解)418pt/巻
コミックシーモア 418円/巻,(解)459円/巻 550円/巻
honto 418円/巻,(解)460円/巻 550円/巻