実在した『犬部!』が犬バカキャストによって感動の映画化!

「犬部」はかつて北里大学 十和田キャンパスに実在した、動物愛護サークルです。

そのサークルを取材した「北里大学獣医学部 犬部!」を原案に、映画では新しい「犬部」が描かれます。

犬が大好きな人はたくさんいますが、「犬バカ」と呼ぶのにふさわしい犬好きはそうそういるもんじゃありません。

そんな「犬バカ」が奇跡的に集ってできた動物保護サークル「犬部

名前は「犬部」だけど、ネコもいっぱい出てくるよ!動物たちの可愛さに癒されながらも、現代社会の問題に触れてみてください!

スポンサーリンク

犬バカ キャスト

花井颯太:林遣都

「犬のためなら死ねる」と言ってのける正真正銘の犬バカ。獣医師を目指し、獣医学部に通いながら保護犬や保護ネコの命を守るためのサークル「犬部」を立ち上げます。

相棒は「花子」。卒業後は獣医の道へと進みます。

柴崎涼介:中川大志

颯太の親友で、同じ獣医学部に通う「犬部」のメンバー。

相棒は「太郎」。卒業後は動物愛護センターの職員に。

映画のあらすじと見どころは?

颯太が実験犬を助けたことをきっかけに、たった一人から始まった動物保護活動が、周りを巻き込んでサークルとなっていき、動物の命を助けるために若者たちが奮闘する姿が描かれる過去。

そして、メインとなるのは獣医となって新たな問題と立ち向かう現代の物語です。

獣医師となって一つでも多くの命を救うために保護活動を続けていた颯太が逮捕されてしまいます。集まったかつての「犬部」の仲間たち。そこには涼介の姿はありませんでした。

信念を曲げずに突き進む颯太と自分の無力感にさいなまれる涼介。心の中の思いは同じなのだと思います。1匹でも多くの動物が幸せに暮らしてほしい…。

かつて「犬部」というのが北里大学・十和田キャンパスに実在していて、それを取材して書かれた片野ゆかさんのノンフィクションを原案にしています。映画の中で起こっていることは決して架空の話ではなく、実際の保護イヌ・保護ネコをめぐるリアルな問題です。

たくさん出てくる犬ネコはもちろん可愛いに違いなのですが、これはあくまでも人間をテーマにした映画。多くの動物が殺処分されるのは「人間の都合」。

それが当たり前の世の中になってほしくない、イヌやネコたちにも幸せに暮らしてほしいと、今日も日本中のあちこちで獣医師や動物保護団体の方が奔走しておられます。

”あふれるほどの愛”をこの映画から受け取ってください!

主題歌はNovelbright『ライフスコール』

動物たちののために戦う優しい心と葛藤を描いた楽曲です。

 

スポンサーリンク