『ヘルドッグス』の続編『天国の修羅たち』あらすじとネタバレ

警察官でありながらヤクザになり切り多大な殺人を犯した出月は、警視庁からもヤクザからも追われる身となりながら、自らの罪と潜入捜査の真実をマスコミに暴露した。

火消しに躍起になる組特隊に対し、出月梧郎が生きているかもしれないと確信を得るや立ち上がったのは女性刑事の神野真里亜。

真里亜自身も監視され命を狙われる中、協力者を得て、ついに出月と合流することに成功する。

出月の本当の目的は何なのか。警視庁が隠し通そうとした真実が今明かされようとしている。

『ヘルドッグス-地獄の犬たち-』で、東鞘会を壊滅させるために潜入捜査官となった出月梧郎のその後を描いた待望のシリーズ第3弾!

スポンサーリンク

『ヘルドッグス-地獄の犬たち-』シリーズとは?

『ヘルドッグス-地獄の犬たち-』

シリーズ第1弾。出月梧郎は潜入捜査官として十朱義孝と東鞘会を壊滅させるべく送り込まれることになりました。

暴力団構成員として、葛藤しながらも数々の悪事と殺人に手を染めていく兼高昭吾こと出月梧郎。果たして出月の運命や…。

『煉獄の獅子たち』

シリーズ第2弾。出月梧郎が潜入する前の東鞘会の内部分裂による全面戦争を描いた物語。

潜入捜査官だったはずの十朱義孝こと是安総は、警察を裏切り自らの意志でヤクザの世界で生きていくことに…。

小説『天国の修羅たち』のあらすじ

宮口暁彦という老ジャーナリストが惨殺された。痕跡を残さない残忍な殺し方はプロの犯行と思われた。

早速捜査本部が設置され、捜査一課の神野真里亜は新宿署のマル暴刑事の樺島順治とバディを組むことになった。

宮口は相手が暴力団だろうが宗教団体だろうが切り込んでいくノンフィクション作家で、暴力団からはとりわけ睨まれており、過去にも2度襲撃されていた。

東鞘会の内部分裂に端を発し、十朱義孝を始めとする幹部がことごとく命を落としたのが、1年前のこと。生き残った幹部クラスは大前田忠治だけと言われている。

十朱との銃撃戦で殉職した阿内将は、命をかけて市民を守ったとして英雄扱いされていた。

ところが、その後姿をくらました兼高昭吾からマスコミ各社に届いた通称「兼高ファイル」は世間を大いに騒がせた。

兼高は本名が出月梧郎という警察官であることや、同じく潜入捜査官だった十朱と東鞘会を壊滅させるべく潜入していたこと、自らが犯した罪を全て公にした。

警視庁は「兼高ファイル」を全否定し、兼高の遺体が見つかったと発表されたことで、今では真相を追うマスコミも無くなっていた。

捜査本部会議で真里亜は青ざめた元同僚の鑑識課員・米井飛鳥を見て、ただ事ではないことが起こっていると感じ、飛鳥を問い詰めた。

宮口が殺害された現場にはもう1人いたことがわかっているが、検出された指紋は出月梧郎のものだったと言う。その事実を上層部はもみ消そうとしているのだった。

真里亜は樺島を伴って、ジャーナリストの車田拓を訪ねた。

車田は兼高の遺体として処理されたのは全くの別人で、歯牙鑑定をしたのも過去に淫行罪で逮捕歴のある歯科医師だと告げた。

さらに現警視総監の美濃部尚志が守る牙城はそう簡単に崩せるものではないと忠告された。

組特隊(組織犯罪対策特別捜査隊)隊長の近田厳夫から激しい叱責を受けながら、真里亜は本当は何が起こっているのか、真相が知りたいという欲求が止められなかった。

当時高校生だった姉の琉夏が殺人事件の被害者となったのに、15年経った今でも犯人が捕まっていない。真里亜の警察官としての本懐はこのときに始まった。

真里亜は「兼高ファイル」を読み返し、出月悟郎の潜入に、阿内将、近田厳夫、岩倉俊太郎、町本寿が関わっていたことを知ると、今は府中運転免許試験場に左遷されている町本に会いに行くことにした。

樺島とともに訪ねると、町本はごつかった体は2回りくらい小さくなり、アルコール臭と加齢臭のきつい老人と化していた。

町本が飲んだくれのふりをしていることに気付いた真莉亜が詰め寄ると、町本も覚悟を決めたようだ。

町本の指摘で一緒に行動していた樺島が組特隊のスパイだとわかり、身柄を拘束して町本のアパートへと連れて行った。

町本のアパートで真里亜は、兼高ファイルの内容は事実であること、国会議員の国木田義成の息子・謙太がモデルをコカインの過剰摂取で死亡させた事件で東鞘会に大きな借りを作ってしまったことなどを聞いた。

突然玄関ドアの鍵が開けられ、覆面の男たちがなだれ込んできた。完全にプロの殺し屋たちだ。町本は真里亜に黒いセカンドバッグを託し、裏から逃がした。

町本に言われた通り、農工大の駐輪場に身を潜めているとワンボックスカーがやってきて真里亜を拾った。運転していた女性は名乗らなかったが、出月の連絡員を担っていた衣笠典子と思われた。

典子によると、町本を襲撃したのは華岡組のプロのヒットマン・生駒豊中。組特隊が関西ヤクザの華岡組と手を組んで秘密を知るものを始末していると言う。

車は赤坂の雑居ビルに乗りつけて、典子と真里亜は近日オープン予定のネットカフェに入っていった。そこにいたのは出月梧郎だった。

出月は逃亡後身を潜めていた沖縄で襲撃され左目を失っていた。4か月前真実を証明するために東京に戻り、まず最初に接触したのが町本だった。

町本は出月を待っていたかのように協力を申し出た。真里亜が町本から託されたセカンドバッグには大金が振り込まれた銀行口座の通帳と印鑑、キャッシュカードが入っており、誰かが出月を支援していることは明らかだった。

朝になり出月、典子、真里亜の3人は三田の警視庁官舎に向かった。早朝ランニングに出てきた近田を護衛ごと拉致すると、警視庁監察官の能見一久と合流した。

能見や町本を通じて出月を援助しているのは、まさに美濃部や国木田と敵対している警察庁の長官官房長だということだ。

大前田忠治は相模湖畔にある東鞘会のアジトにいるという情報を得て、出月たちが相模湖畔に着いたときには、すでに生駒と豊中がひと暴れした後だった。

真里亜が向かった2階のトレーニングルームでは豊中と大前田の忠臣・本並一泰が対峙していた。本並は豊中を始末すると階下へ向かった。

1階の射撃場では、華岡組、東鞘会、出月による三つ巴の銃撃戦が繰り広げられることとなった。

華岡組を一掃し、出月は本並に大前田の居場所を聞いた。相模湖畔のアジトは華岡組をおびき出すための囮であり、大前田の手は美濃部と国木田謙太に迫っていた。

典子が出月の傷を手当てしながら都内に戻る車の中で、3人は大前田が動画配信する映像を見た。

大前田の拷問を受け、国木田謙太はかつてモデルをコカインで死に至らしめたことを告白し、美濃部は十朱が組特隊が放った潜入捜査官だったことをしゃべっていた。

出月はこの場所に見覚えがあった。青梅にある鞘盛産業の処理場だった倉庫だ。急行し乗り込むやいなや、大前田たちとの激しい銃撃戦が始まった。

出月が大前田を後ろから羽交い絞めにすると戦いは決した。そこへ出月からの連絡で能見たちが到着した。

出月は「裁かれたかった」と言い、真里亜に手錠をかけさせた。真里亜は出月の夢を継ぎ、出月を守ることを心に誓った。

『天国の修羅たち』の感想

『ヘルドッグズ-地獄の犬たち-』を読んでから、出月梧郎のその後が気になって気になって、早く読みたいと待ち望んだシリーズ第3弾です。

第1弾『ヘルドッグス-地獄の犬たち-』、第2弾『煉獄の獅子たち』の総集編です。この二つを読んだからには『天国の修羅たち」を読まないと終われませんよ!

出月の人生を狂わせた上に、出月の存在自体を抹殺しようとした警察組織との戦い。命懸けでそれを支えることになったのは、かつて姉を殺された女性警察官でした。

大切な人を殺されるという生き地獄のような経験をした2人だからこそ、悪を許さない揺るぎない強さがあったのでしょうね。

出月一人に全てをなすり付けて存在自体をなかったことにしようとしていた輩たちが、社会的地位を失っていく様は、シリーズ3冊通しての憑き物が落ちていくかのような胸のすく思いがしました。

一方で出月のたどり着いた場所は…。うーん。そうなんだけど、それしかないんだけど、ちょっとモヤモヤ。他人に狂わされた人生と言っても、結局は自分で決断して実行しているんだから…、そうなんだよね。

任務とはいえ何人ものヤクザを手にかけ、良心の呵責に耐え切れず眠れぬ夜を過ごしていた出月梧郎が、穏やかな日々を送れているのなら、裁かれることは救いなのかもしれないと、自分を納得させるしかありませんでした。

最後まで見届けることができてすっきりしましたが、切なさが残る物語でしたね。

『天国の修羅たち』を電子書籍で!

『ヘルドッグス-地獄の犬たち-』を読んでしまったら、これを読まずには終われませんよ!
2022年11月8日時点の情報となります。 オフィシャルサイトにて必ず最新の情報をご確認ください。

 

天国の修羅たち 3冊合本版
U-NEXT 836円 2508円
music.jp 836円 2508円
amazon prime 752円(Kindle版)
836円(紙の文庫本)
2257円(Kindle版)
ebookjapan 836円 2508円
Booklive 836円 2508円
コミックシーモア 836円 2508円
honto 836円 2508円