原作小説『地獄の犬たち Hell dogs』あらすじとネタバレ

暴力団・東鞘会系神津組に所属する兼高昭吾。殺した人間の数は両手の指では足らない極悪非道を貫くキラー。

兼高は、実は警視庁の潜入捜査官で本名を出月梧郎という。出月の任務は東鞘会の中枢に潜り込み、幹部を抹殺し組織がにぎっている秘密を手に入れること。

着々と東鞘会7代目会長の十朱義孝に近づいていく出月だが、身分がばれると一瞬で消される運命にある。

決死の綱渡りが続く出月の運命は…?そして、東鞘会がにぎる秘密とは?

深町秋生さんの衝撃作『地獄の犬たち ヘルドッグス(Hell dogs)』は想像のはるか上をいくハラハラドキドキのクライムサスペンス!漫画でも読むことができます!

スポンサーリンク

主な登場人物の相関関係

5代目東鞘(とうしょう)会会長の氏家必勝(うじいえまさかつ)が刑務所で獄死すると、神津組初代組長だった神津太一(こうづたいち)が6代目東鞘会会長に就任した。

神津の就任を不服とした氏家必勝の息子・氏家勝一(うじいえしょういち)は、東鞘会から離脱すると和鞘(わしょう)連合を結成し、神津太一を殺害。東鞘会と和鞘連合は全面戦争となった。

東鞘会は組員に軍事訓練を受けさせ、あらゆる手段を使って和鞘連合を壊滅に至らしめ、戦いに敗れた氏家勝一は海外に逃亡した。

東鞘会7代目会長には神津組2代目組長だった十朱義孝(とあけよしたか)が就き、神津組3代目組長を土岐勉(ときつとむ)が継ぐこととなった。

十朱を支える神津組組長土岐勉、熊沢組組長熊沢伸雄(くまざわのぶお)、鞘盛(しょうせい)産業社長大前田忠治(おおまえだちゅうじ)の3人を東鞘会の「三羽ガラス」と呼ぶ。

神津組若頭補佐の兼高昭吾(かねたかごろう)こと本名・出月梧郎(いでづきごろう)は警視庁が送り込んだ潜入捜査官。指揮官である阿内将(あないまさる)との連絡には兼高が通うリラクゼーションサロンのセラピストである衣笠典子(きぬがさのりこ)が請け負っている。

小説のあらすじは?

兼高昭吾室岡秀樹は沖縄に来ていた。沖縄に逃げている和鞘連合の残党、喜納(きな)修三を始末するためだ。兼高と室岡は喜納とその護衛の2人を死闘の末に叩きのめし、沖縄の裏社会の力を借りて死体を処理した。

これまで兼高は決して少なくない人数の人を殺してきたが、なかなか慣れない。人を殺した後は胃液が逆流し嘔吐をくり返す。精神安定剤と睡眠薬が手放せなかった。

自分が殺したはのは生きる価値のない悪党ばかりだと自らに言い聞かせ、なんとか精神を保っていた。それもこれも東鞘会の中枢に近づくため…。兼高は警視庁の潜入捜査官だった。

連絡が取れるのは指揮官である警視庁組織犯罪対策部特別捜査隊隊長の阿内将ただ一人。兼高はアメリカにサーバーがある秘匿性の高い会員制サイトにログインして喜納殺害の経緯を阿内に報告した。

兼高と室岡が東京の組事務所に戻ると組長の土岐勉は大いに喜んでいたが、組のNo2・若頭である三國俊也(みくにとしや)はおもしろくない様子だった。金儲けと交渉で成り上がった経済ヤクザの三國は、腕っぷしだけでのし上がってきた武闘派の兼高や室岡には激しい対抗心を燃やしていた。

土岐や三國らとともに焼肉やクラブで祝杯をあげた後、兼高は「池之端リラクゼーションサロン」に向かった。そこは兼高が唯一本来の自分を取り戻せる場所だった。

そこでセラピストとして働く衣笠典子は兼高と阿内を繋ぐ連絡員だ。典子は兼高にメモを見せた。そこには兼高が阿内と情報共有するための会員制サイトの新しいパスワードが書かれていた。

念には念を入れて毎月パスワードは変更され、典子によって兼高に伝えられた。

典子はヤクザの親分たちからも愛される腕のいい指圧師だ。シングルマザーで一人息子・順一を育てあげたが、順一を曳舟連合のヤクザに惨殺された典子は、自分が得た情報を全て阿内に報告する情報提供者となっていた。

土岐から呼び出された兼高は、室岡とともに東鞘会会長の十朱義孝の護衛につくように言われた。海外を転々と逃げ回っている氏家勝一が、どうやらヒットマンを雇って反撃ののろしを上げようとしているのだった。

やっと東鞘会会長の十朱に近づくことができる…。

30年近く前、自宅の隣の小さなスーパーで発砲事件があり、第一発見者となったのが出月梧郎少年だった。犠牲となったアルバイトの高校生のお姉さんは梧郎の初恋の相手だった。

梧郎少年は事件をきっかけに刑事になりたいと思うようになり、中学高校と剣道を究め、念願の警視庁に入った。

警視庁に入ったからといって刑事になるには狭き門をくぐり抜けなければならない。心折れそうになる中で声をかけたのが阿内将だった。任務遂行の暁には刑事にしてやると約束の上で…。

兼高の使命は東鞘会会長・十朱義孝に近づき息の根を止め、東鞘会を壊滅させることだ。十朱は警視庁の信用を失墜させる重大な秘密を握っているのだった。

兼高と室岡は無事にテストにも合格し、鞘盛産業の本並一泰(ほんなみかずひろ)、熊沢組の海老原勇喜(えびはらゆうき)とともに十朱の護衛に就任し、十朱の会長室にも出入りできるようになった。

一刻も早く任務を片付けて堅気の身に戻りたいと気持ちは焦っていたが、阿内からは信用を勝ち取るまでは手を出すなと言われた。

銀座の高級クラブ「天童」で、十朱が関西最大の暴力団・華岡組筆頭若頭で西勘組トップの俵谷一房(たわらやかずふさ)とその秘書の金村恒美(つねみ)を招いて話をする場が設けられた。

華岡組は東鞘会から分裂し本家に牙をむいた氏家勝一を焚きつけて援助していたと言われている。その華岡組が関西を本拠地としている西勘組と名古屋を本拠地とする琢真会とで内部分裂を起こしているのを利用して、十朱は西勘組を抱きこもうとしていた。

十朱らをもてなすホステスの中に初めて見る顔があった。源氏名を留華(るか)といった。留華が十朱のために作った水割りを、兼高が留華に「飲め」と言うと、留華はグラスを叩き割ると兼高を攻撃してきた。

十朱の毒殺に失敗した留華は、鞘盛産業の破棄物処理場に連れて行かれた。東鞘会の”処理場”と呼ばれる場所だった。全裸にされ凄惨な拷問がくり返されたが、女は一向に口を割らなかった。

十朱が女の陰部に手を入れると、そこからGPS発信機が出てきた。罠だと気づくのが遅かった…。応援を呼んだが、あっという間にサブマシンガンを持った敵に囲まれ、熊沢伸雄は女ごと銃弾を浴びて命を落とした。

熊沢の葬儀の場で土岐は「トップである十朱自らが拷問部屋に出しゃばったせいで子分が命を落とした」と十朱に直突きをくらわした。

親分に暴力を働いたケジメに指をつめようとした土岐を、東鞘会理事長の大前田忠治がステッキで一撃し、手打ちとなった。

十朱の毒殺を見破った兼高は高く評価され、十朱の直参となることとなった。

「池之端リラクゼーションサロン」でタブレット端末を使って阿内と連絡を取った兼高は、熊沢を襲った奴らが警察に雇われていることを知った。三羽ガラスも残りはあと二羽。阿内は「土岐はお前が殺れ」と兼高に命じた。

極道を憎み極道を壊滅させるために警察官になった兼高だったが、極道の世界で濃密な時間を過ごすにつれ、わかりやすい仁義に魅せられ、任務と感情の狭間で押しつぶさそうだった。

兼高は十朱、土岐、大前田ら最高幹部に呼び出された。十朱は東鞘会には警察が手出しできないほどの大きな秘密を握っていると言った。それゆえ国外逃亡している氏家勝一を陰から支援して東鞘会の壊滅を謀っているのだと。

そして一人の男が画面に映し出された。阿内将だった。

氏家を裏で操っている阿内の口を割らせるために、別れた阿内の妻と娘を拉致するよう命令が下された。

兼高は小学校4年生の北里梨帆と母親の真由子を拉致した。トイレの個室から阿内との連絡に使っているサイトに「家族に注意しろ」とメッセージを送ったが阿内の動きはなかった。

神津組が経営するラブホテルの一室に梨帆と真由子を放り込んだ。その姿を写真に撮り阿内に送りつけ、阿内はまんまと身柄を拘束され同じラブホテルへと運ばれてきた。

阿内が口を割るということは、すなわち兼高の身が危ないということだ。それでも土岐らの前で拷問の手を緩めるわけにはいかない。

阿内はもちろんのこと、阿内の目の前で妻や娘も拷問され、ついに阿内は口を割った。阿内の口から語られた場所は、三國が経営するタイパブ「ディージャイ」の女たちが暮らす寮だった。

阿内は兼高の忠告を読んだうえでわざと拉致され、東鞘会に偽の情報を掴ませたのだった。おまけに「娘には手を出さないでくれ」と泣きすがりながら、兼高の耳元で「胸に白いハンカチを突っ込んでおけ」とささやいた。

土岐は三國に神津組4代目を譲る件で話があると電話して、三國の事務所へと向かった。土岐の周りの殺気立った若衆たちを見て、三國は自分が嵌められたことを悟った。

土岐らは三國を伴って「ディージャイ」の女たちの暮らす寮へと向かった。目的の部屋の前に到着すると、道路を挟んだ向かいのマンションの屋上からサブマシンガンを構えた男たちが攻撃してきた。

三國は最後の最後で土岐をかばって凶弾に倒れた。兼高は向かいのマンションからの銃撃を避けるように、土岐らとともに目的の部屋へと入っていったが、そこにも多数の敵がいた。

奥の寝室からは武装した氏家勝一が現れた。兼高の胸ポケットの白ハンカチを見て、氏家がターゲットを変えたのを見て、土岐は兼高が潜入捜査官であることを一瞬で悟った。

土岐は兼高へ突っ込んできたが、兼高は一瞬早く土岐を叩きのめした。氏家が「これで東鞘会は俺のものだ」と吠えたが、兼高は土岐のステッキに仕込まれたドスで氏家の腹を切り裂いた。

警察は和鞘連合の氏家と神津組の三國が結託してクーデターを起こしたと発表した。土岐や三國だけでなく東鞘会の勇猛な戦闘員の多くも命を落とし、同時に氏家も始末した。全ては阿内の一か八かの作戦であった。

大前田は持病が悪化したため入院生活を余儀なくされ、兼高はますます十朱の側近として大きく働くこととなった。

室岡が話があると兼高を神津組の経営する焼肉屋「金天」に呼び出した。土岐が死んでからめっきり元気がなくなく様子がおかしかった。

室岡は茶封筒を取り出すと、兼高に「ここから逃げろ」と言った。茶封筒の中に入っていたのは典子と阿内が会っている写真だった。

兼高を目の敵にしていた三國が独自に調べていたもので、三國のデスクの中から室岡が発見したのだった。「逃げろ」と言う室岡に、兼高は金属製の箸を振り下ろした。

腕っぷしの強い室岡とやり合うのは簡単なことでなかったが、室岡の様子がおかしいと感じていた兼高は防刃ベストを身に付けていた。

料理長から包丁を奪うと、兼高は一気に室岡を斬りつけた。

室岡を始末した兼高にもう時間は残されていなかった。証拠は処分したが、十朱の目は欺けないことを悟った兼高は「これから秘密を奪い取る」と阿内にメッセージを送った。

一連の事件の結末は?(ネタバレ)

ここから先は大いにネタバレを含みます。知りたくない方は【+ボタン】を開かないでね。

十朱が握る秘密とは?
十朱義孝は本名・是安総(これやすそう)、元警視庁組織犯罪対策部刑事の潜入捜査官だった。

是安は特捜隊隊長の木羽保明(きばやすあき)警視とタッグを組み、東鞘会5代目会長・氏家必勝を逮捕して獄死させ、分裂した東鞘会と和鞘連合の抗争により6代目会長・神津太一と和鞘連合幹部の首を獲った。

ところが東鞘会壊滅まであと一歩と思われた矢先、十朱は東鞘会7代目会長に就任し、警察と縁を切り、身も心も極道の世界の住人となってしまった。

警察が暴力団に潜入捜査官を投入したという、絶対に世間に知られてはならない秘密を握っている東鞘会に警視庁は手を出せなくなってしまったのだった。

兼高が起こした行動は?
兼高が土岐を手にかけた時、土岐は十朱が元警察官だということを知っているような言い方をしていた。

そして、十朱が「あの世にいる土岐が、おれや東鞘会を守ってくれている」と語っていたのがずっと心に引っかかっていた。

十朱が潜入捜査官であった証拠は、土岐の内縁の妻である浅見奈々子が営んでいる小料理屋「あざみ亭に」にあると読んだ兼高は、阿内に「あざみ亭」の場所を教えて、自分も「あざみ亭」に向かった。

事態の結末は?
兼高は「あざみ亭」に忍び込んで、暗がりの中、調理場やカウンターの内側を調べていた。

突然「そんなところにはねえよ」と言う聞き覚えのある声がした。十朱だった。

十朱は、自分と木羽がつながっていた記録や話している動画、極秘計画書などが入ったSDカードをカウンターの上に置き兼高に言った。

おれのもとに来い。

ヤクザの幹部として働いた兼高は、たとえ顔を変えても声や仕草が多くの極道たちに記憶されており、刑事として最前線で活躍できる場はやって来ないのだと。

そして更に、6代目の神津太一が氏家に暗殺されたとき、十朱は三羽ガラスに自分の正体を打ち明けた上で警視庁を出し抜く方法を提示したと語った。

十朱とつながっていた木羽を自殺に見せかけて始末したのも十朱だった。

十朱を殺るしかないと戦ったが、十朱の応援部隊も到着し、兼高は拘束されてしまった。

兼高を乗せた車が”処理場”に向かっていると、突然ワゴン車が横から突っ込んできた。運転していたのは阿内だった。

瞬く間にヤクザと警察による銃撃戦が始まった。阿内と部下たちが十朱の銃弾に倒れる中、兼高は十朱にタックルするように懐へ飛び込んだ。

至近距離で兼高の頭に拳銃をむける十朱の額を、阿内の銃が撃ち抜いた。阿内は親友だった木羽の仇を討ったのだった。

十朱のポケットから奪ったSDカードを阿内の携帯電話に挿し、データを秘密のサイトに転送し、兼高は警察の到着を待った。

警察病院に運ばれた兼高は、阿内が死んだことで警察官から激しい怒りを受けたが、組対部長の岩倉俊太郎がやってきたことで、ようやく警察官・出月梧郎の名前を取り戻した。

岩倉は出月と連絡員だった衣笠典子の身の安全を保障すると約束した。しかし、典子は息子を殺した曳舟連合の総長の自宅に出張マッサージに行き、若衆に気付かれることなく頸椎をへし折ってあの世に行かせたあと、そのまま行方をくらましていた。

東鞘会や華岡組は懸賞金をかけて出月の首を狙っている。両手の指では足りない人数を殺した出月が、警察の中に居場所があるとも思えなかった。

病室の前で見張りをしていた警察官を失神させると、出月は病院を出ていった。

タクシーの中から、秘密のサイトからダウンロードしたデータをテレビ局、新聞社、出版社にメールで送りつけた。自分が潜入捜査官だった事実も含め、全てを公表する覚悟だった。

警察と極道の両方を裏切る…。出月が選んだ新たな戦いだった。

小説を読んだ感想

いわゆる「潜入捜査もの」の物語、そもそもが私の一番好きなジャンルです。ドキドキしながらもワクワクしたり切なさに泣きそうになったりして、一気に最後まで読み進めることができました。

最初から兼高が”潜入捜査官”だということが分かった上で物語が進んでいくので、ばれるんじゃないか…もしかしたらもう誰か知ってるんじゃないかと、ハラハラドキドキが止まりません。

それだけでも充分読み応えある内容ですが、ある使命感を持ってスパイとなる主人公が、任務と潜入先での情との間で葛藤し苦悩する姿を、胸がえぐられるような気持ちで見守ることになります。

最後は新たな戦いを誓った出月梧郎…。これまでの戦いとは比べ物にならないくらいの試練が待ち受けている気がします。続編が読みたいなぁと思ってしまうのは私だけではないはずです。

『ヘルドッグス 地獄の犬たち』の後に上梓された『煉獄の獅子たち』は、この出月梧郎のその後の物語を描いたものではなくて、『ヘルドッグス』へと続く東鞘会の内部分裂を描いた物語です。

出月梧郎の物語は頭の中で思い描いて、ひとり悶々とするしかなさそうです。

ヤクザものなのである程度覚悟していましたが、ヤクザ同士の衝突に拷問…とにかく命のやりとりの手段の描写が恐ろしくえげつないです。

これ本当に映画化するの?実写になると恐ろしさとドキドキが倍増すると思うんだけど。だいぶ心臓に悪そうだわ…。

『ヘルドッグス』を電子書籍で!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)コミック版でも読むことができます(現在2巻まで)。期待は裏切りませんよ!
2022年4月5日時点の情報となります。 オフィシャルサイトにて必ず最新の情報をご確認ください。

ebookjapanで5/31まで50%OFFクーポン適用中!

コミック版 小説版
U-NEXT 748円/巻 924円
FOD PREMIUM 680pt/巻 840pt
music.jp 748円/巻 924円
amazon prime 673円/巻(Kindle版)
748円/巻(紙のコミック)
832円(Kindle版)
924円(紙の文庫本)
ebookjapan 748円/巻 924円
まんが王国 680pt/巻
Booklive 748円/巻 924円
Renta! 680pt/巻
コミックシーモア 748円/巻 924円
honto 748円/巻 924円