dTVドラマ『Re:名も無き世界のエンドロール Half a year later』映画後必見!

映画『名も無き世界のエンドロール』の衝撃のラストにはまだ続きがありました。

映画のラスト、まさにエンドロールの後にあったカットは、<闇の交渉屋>キダの更なる果てを描く物語へと続いています。

キダを演じている岩ちゃんが、このカットを見て「キダ死ぬ気なんじゃないか…」と心配したというエピソードがあるくらい衝撃的な終わり方でした。

マコトのプロポーズ大作戦から半年後。死んだように生きていたキダの元に舞い込んできた依頼が、再びキダの運命を動かし始めます。

1日あれば、世界は変わる…

大好きだったヨッチが大事にしていた言葉を口にする謎の女・ミチル。キダに近づく彼女の目的は?

『名も無き世界のエンドロール』の原作者である行成薫さんが書き下ろした、<闇の交渉屋>キダのもう一つのエンドロール。

映画を見た人なら気になって仕方がないはず!

くれぐれも映画を先に鑑賞してから見てくださいね!面白さが半減するからもったいないよ!

スポンサーリンク

映画から続くキャスト

キダ:岩田剛典

マコトに頼まれた衝撃の「プロポーズ大作戦」から半年後。死んだように生きていたキダが、再び動くことを決めた依頼は、幼なじみを救ってほしいというものでした。

ミチル:松井愛莉

18歳のときに両親が亡くなり、身寄りがなくフラフラしているところをケイに拾われました。ケイの元から逃げたいと思いながら、逃げたら妹に手を出すと脅されています。

ケイ:金子ノブアキ

ミチルが働く高級クラブのオーナーであり、恐怖で人を支配する裏社会のボス。

マコト:新田真剣佑

リサの父・安藤議員は高級クラブ「アクトレス」の常連で、在りし日のマコトは、安藤に連れられ「アクトレス」に来ていました。

気になるあらすじは?

第1話 再び動き出す<闇の交渉屋>キダ

日本中を巻き込む衝撃の「プロポーズ大作戦」から半年後。死んだように生きているキダの元に、川畑から新たな仕事が舞い込んできます。

ある男を高級クラブ「アクトレス」から抜けさせてほしいという幼なじみからの依頼。

キダが交渉に出向く前にビルの屋上でタバコを吸っていると、突然見知らぬ女性が「ここあたしの場所なんだけど」と現れました。

今にも死にそうな顔をしているキダに向かって言った言葉は「死んじゃダメだよ。1日あれば、世界は変わるんだからさ。

キダは五十嵐という男を「アクトレス」から逃がすために交渉に向かいました。

第2話 <闇の交渉屋>に迫る 謎の男と女

キダの住むマンションの隣の部屋に、先日屋上で会った女性が引越してきました。「お隣だから仲良くしてよ」と挨拶する女性はミチルと名乗りました。

五十嵐を逃がしたためにケイに目を付けられてしまったキダは、追われる身となります。隠れているところへ助けに来てくれたのは、隣に住むミチルでした。

ミチルは「ケイから逃げたい」と、キダに交渉してほしいと言いました。

第3話 <闇の交渉屋>と対峙するもう一つの<闇>

ミチルに電話をかけると、電話にはケイが出ました。1億円用意して交渉に出向いて来いと言います。

誰かを助けるのは理屈じゃない。この世界にいなかったことにされてしまうのはさみしいからと、キダは川畑からお金を借りてミチルの囚われている「アクトレス」へ乗り込んでいきます。

追い詰められ捨て身のケイと対峙するキダ。

ケイは警察に逮捕され売春組織は摘発されるに至りました。そしてミチルはケイから解放され新しい道を歩き始めます。

すべては川畑の思惑どおり…。

なぜミチルがヨッチの言葉を?
ケイの店はかつて安藤から援助を受けて営業していました。そのためマコトは安藤に連れられてケイの店「アクトレス」にたびたび訪れていました。

「私の世界は変わらない」と言うミチルに、マコトは「押し釦は押さないとずっと赤のまま。1日あれば世界は変わる。」と語っていました。

視聴する方法は?

動画配信サービス

dTVオリジナルドラマなので、dTVでしか見ることができません。
初回31日間は無料なので、ぜひこれを機会に視聴してみてね!
dTV
2021年5月28日現在 現在の配信状況についてはホームページもしくはアプリをご確認ください。


★オリジナルドラマが見たい
★映画も楽しみたい
★音楽が好き
 (MVやライブ映像が豊富)
★リーズナブルな料金で楽しみたい
(月額税込み550円)

レンタルDVD

TSUTAYA DISCAS ならDVDの宅配レンタルが利用できます。


購入


DVD 3303円
【価格は2021年5月28日現在】

スポンサーリンク