平野啓一郎が問う死生観、小説『ある男』のあらすじとネタバレ

2歳の息子を脳腫瘍で亡くした直後に父が急逝し、実家の宮崎に戻ってきた傷心の里枝。そんなとき出会った「谷口大祐」と里枝は再婚します。

夫と過ごした3年9か月はまさに”幸せ”と呼べるものでした。

ところが…、愛した夫が、まったくの別人だった…。

愛した夫は本当は誰なのか?夫はなぜ他人の戸籍を騙っていたのか?人が誰かを愛するとき、その人の過去が必要なのか?

ヒューマンミステリーと言われるジャンルですが、いやいや、壮大な愛の物語です!

スポンサーリンク

小説のあらすじは?

横浜で弁護士をしている城戸のところに、宮城県に住む里枝から「ある男」について調べてほしいと連絡があったのは、城戸が里枝の離婚調停を担当してから8年後のことでした。

横浜の大学に進学し建築家の卵と結婚し2人の男の子を授かった里枝は、幸せな人生を歩いているはずでした。

ところが次男の遼が2歳のときに脳腫瘍と診断され半年後に亡くなると、治療方針を巡って対立した夫と何事もなかったように生活することはできず、里枝は離婚を決意しました。

離婚が成立してほどなく、宮城県の実家の父親が急逝し、里枝は長男の悠人を連れて実家に戻って生活することを決意しました。

亡き夫「谷口大祐」が林業で生計を立てたいと里枝の住む町にやってきたのは4年前のことでした。

大人しく穏やかな性格で、仕事は真面目で一人前になるのには3年かかると言われている職場で大祐は1年半で十分信用されるまでになっていました。

里枝の働く文房具店に、画材とスケッチブックを買いに来て話をするようになると、大祐は「友達になっていただけませんか」と言いました。

大祐は群馬県の伊香保温泉にある旅館の次男であること、兄が東京で飲食店を始めたのでしかたなく大祐が旅館を継いだこと、父が肝臓がんに侵され大祐が生体肝移植のドナーになることを迷っている間に手遅れになってしまったこと、それ以来家族とは縁を切って生活していることなどを里枝に話しました。

大祐と里枝は間もなく結婚し、女の子を授かりました。

しかし幸せな時間は長くは続きませんでした。悠人12歳、花3歳のときに大祐は自分が伐採した杉の木の下敷きになって亡くなりました。39歳でした。

「自分にもしものことがあっても実家には連絡しないでほしい」という大祐の言葉を守っていた里枝でしたが、1周忌を迎えるころに大祐の実家に手紙で知らせることにしました。

手紙を受け取った大祐の兄・谷口恭一は宮崎に飛んできました。そして、線香をあげようと遺影を目にした恭一は信じられない一言を発しました。

これは大祐じゃないですよ

里枝は何をどうしていいのかわからなくて、城戸に連絡したのでした。

里枝から話を聞いた城戸は「愛にとって、過去とは何だろう」という疑問にぶち当たっていました。

城戸は在日三世でした。生まれた時から日本で生活し、ハングルも読めず、高校時代に日本人に帰化していましたが、ヘイトスピーチを聞くたび城戸の出自が妻や娘に何か影響を与えるのかもしれないと感じずにはいられなかったのです。

城戸は宮崎に飛び、里枝が旧姓の「武本」の戸籍を復活させるのを手伝いました。里枝は「大祐」が描いたスケッチブックを見せながら、絵の通りの純粋で真面目で思いやりのある人だったと語りました。

「谷口大祐」と呼ぶことが適当ではない気がして、城戸は誰だかわからないこの男を「X」と呼ぶことにしました。

大祐の元恋人・後藤美涼は、大祐の名前で偽のアカウントを取得しfacebookを運営することにしました。大祐が見つけたらきっと何らかのコンタクトを取ってくると考えてのことです。

弁護士仲間の中北には事あるごとに相談していましたが、「犯罪歴を隠したいがために他人の戸籍を手に入れたのでは?」という意見を聞き、城戸は社会保障関連の事件を調べてみて珍妙な裁判記録にたどり着きました。

男2人がそれぞれの目的のために戸籍を交換していたという事件です。この事件には戸籍交換を仲介するブローカーが存在していました。

小見浦というブローカーが横浜刑務所に服役中だと知り、城戸はこの男に会いに行きました。

城戸が「谷口大祐という方をご存知ですか」と聞くと、小見浦は「伊香保温泉の次男坊でしょ」と答えました。しかしそれ以上の情報は教えてはくれませんでした。

しばらくすると小見浦からヌードを模写した稚拙なハガキが送られてくるようになりました。「弁護士先生の目は節穴ですか?マ・ヌ・ケ!」という挑発文と共に送られてきたヌード漫画の模写をよく見てみると、右の乳首を取り囲むように「谷口大祐」左の乳首には「曾根崎義彦」と書かれていました。

「X」は「曾根崎義彦」なのか?しかし、調べても「曾根崎義彦」という人物について何も情報が得られませんでした。

2週間が経過したある日、城戸は友人弁護士が携わっている死刑廃止運動の一環で確定死刑囚の美術展を見に行きました。

城戸はその中の一枚の絵に釘付けになりました。かつて里枝に見せてもらった「X」が描いた絵に似ているような気がしました。

その絵を描いた人物は「小林謙吉」といい20年も前に刑が執行されていました。城戸が「小林謙吉」の名前で検索してみると、出てきた写真は「X」そっくりでした。

衝撃の結末(ネタバレ)

ここから先はネタバレを含みます。知りたくない方は【+】を開かないでね。

小林謙吉という人物
小林謙吉が事件を起こしたのは1985年のこと。典型的なギャンブル依存症で借金で首が回らなくなり、知り合いの工務店社長に金の無心をするも断られ、逆上して一家を刺殺した上に放火し、死刑判決を受けました。

事件当時、小林謙吉には「誠」という小学4年生の息子がいましたが、母親は誠を連れてすぐに転居・離婚して、現在は「原誠」という名前になっているようです。

城戸の推察
「原誠」は2006年から万引き常習犯となり何度も有罪判決を受けていたことがわかりました。

「原誠」を弁護した弁護士から話を聞くと、「原誠」は知的障害を持ったホームレスで、小見浦と同じ横浜刑務所にいたということです。

城戸は「原誠」がホームレスの「曾根崎義彦」と戸籍を交換し、その後に「谷口大祐」と2度目の戸籍を交換したのではないかと推察し、現在「原誠」を名乗っている男に会いに行くことにしました。

しかし「原誠」を名乗る男は本当の名前は「田代昭蔵」だと言い、「X」の写真を見せても「知らない」と答えました。

曾根崎義彦という人物
美涼が開設した「谷口大祐」のfacebookには、ある人物の代理人と名乗る人から「偽アカウントを今すぐ削除するように」という警告文が送られていました。そして、アカウントは凍結されてしまっていました。

美涼がこの警告文を送った人物こそ「大祐」に違いないと言うので、城戸は「伝えたいことがある」というメッセージをこの代理人に送りました。

警戒しながらも代理人から返事はすぐに来ました。代理人を騙っていますが、彼自身が「谷口大祐」であり現在「曾根崎義彦」という名前を騙っていることはすぐにわかりました。城戸は美涼と一緒に会いに行くことにしました。

名古屋で「曾根崎義彦」と対面した城戸は、単刀直入に「谷口大祐さんですよね」と聞くと、男は躊躇しながらも「そうです」と答えました。

「X」は誰だったのか
「原誠」が若い頃に通っていたボクシングジム「X」の写真を見せると、ジムの会長とかつて「原誠」と一緒に練習していたという元ボクサーの柳沢は「マコトです」と断言しました。

「原誠」はバンタム級で東日本の新人王になって、全日本に挑戦する前にけがをして姿をくらましていました。里枝と出会う9年前のことでした。

城戸が突き止めた戸籍交換の相関図は次の通りです。

殺人犯の息子として生きていくことが困難だった「原誠」は2度の戸籍交換で「谷口大祐」という名前を手に入れ、里枝と結婚したのでした。

真実を知った里枝は?
城戸からの報告を受け取った里枝は、長男の悠人には本当のことを教えることにしました。

悠人は血はつながっていなかったけれど「お父さん」のことが大好きで、姓を「武本」に変えると「お父さん」とのつながりがなくなってしまうことを気に病んでいました。

全てを知った悠人は「お父さんは、自分が父親にしてほしかったことを僕にしてたんだと思う」と言いました。

「原誠」にとって里枝と過ごした3年9か月が人生で最もかけがえのないものだったように、里枝にとっても「大祐」の妻として過ごした月日は幸せだったと思うのでした。

小説の感想は?

切なくて辛い物語でした。

考えても考えても「愛にとって、過去とは何だろう」という疑問に対する答えは見つかりそうにありません。

理性的に考えると、”犯罪者の息子だから”という理由で不利益を被ることなどあってはならないと思います。その家に生まれてきたばっかりに、自分は何もしていないのに社会からつまはじきに遭うなんて怖ろしすぎるし悲しすぎる…。

でもそれって、もしかしたら実体験がないから言えることなのか?もしも身近で起こったり被害者が自分の親しい人だったら、同じことが言えるのか?と考えたら、全く想像がつきません。

 

購読する方法は?


「愛にとって過去とは?」を問う物語です。
11/16までebookjapanはクーポン利用で半額!
【価格は2021年9月18日現在】

U-NEXT 902円
FOD PREMIUM
music.jp 902円
amazon prime 902円(Kindle版)
902円(紙の文庫本)
漫画全巻ドットコム
ebookjapan 902円
まんが王国
Booklive 902円
Renta!
コミックシーモア
honto 902円
スポンサーリンク