映画『護られなかった者たちへ』主役級キャストで描く問題作

原作は中山七里さんの傑作『護られなかった者たちへ』です。

東日本大震災から10年という節目の年に、震災に端を発したある出来事から現在へと続いている物語を描いています。

そして<10年目の殺人>は起きた

連続”餓死”殺人事件という、異様とも思える殺害方法は何を意味するのか…、佐藤健さん演じる利根の怒りに満ちた目は、一体何に向けられているのか…。

その裏側にある切ない理由を知ったとき、何も感じずにいられる人はいないでしょう。

世の中に大きな問題を投げかける、衝撃のヒューマンミステリーです。

スポンサーリンク

主役級豪華キャスト

利根泰久:佐藤健

生活保護というシステムの裏に潜む様々な思い…悲しみや怒りをぶつけることが自分の役目だと語る、佐藤健さん。今回は犯罪者の役です。

予告編を見ていただいても分かる通り、今回の佐藤健さんは目が違います。その目の中に潜む”怒り”の正体を知ったら、心穏やかではいられなくなります。

笘篠誠一郎:阿部寛

利根泰久を追う宮城県警の刑事。実は笘篠自身も家族を震災で亡くしている震災遺族です。

ケースワーカー・円山幹子:清原果耶
国会議員・上崎岳大:吉岡秀隆
宮城県警刑事・蓮田智彦:林遣都
東日本大震災被災者・遠島けい:倍賞美津子

映画のあらすじ

東日本大震災から10年経った仙台で、全身を縛られたまま放置され餓死させられる…という凄惨な連続殺人事件が起こります。

捜査線上に浮かんだのは刑期を終えて出所したばかりの利根泰久という男。利根はかつて、知人を助けるために放火、傷害事件を起こしていました。

笘篠と蓮田は、2人の被害者の共通項から、次第に利根を追い詰めていきますが、決定打がない中で、新たな事件が起こってしまいます。

被害者はなぜ”餓死”という殺され方をしたのか?

そこには衝撃の事実が隠されていました。

映画の見どころ

東日本大震災から10年経った宮城県仙台市。震災から見事に復興したところもありますが、その陰で貧困や格差という問題は未だ根強く残っていました。

震災に端を発したある出来事が、10年経って牙をむいていく…。

日本という国が抱えている社会問題を題材にした映画です。

佐藤健さんが殺人事件の容疑者の役を、狂気をまとった迫真の演技で魅せてくれますよ。ただこの物語は単なる殺人事件じゃないのが中山七里さんの真骨頂。

原作から少しアレンジされて、震災とも絡んだ物語になっているのでメッセージ性は必然的に増してきますよね。

弱者が取り残され見てみぬふりをされている世の中に、果たして明るい未来なんて存在するのか?佐藤健さんが全身全霊で訴えるメッセージを受け取ってください!

それにしてもキャスティングをみて「え?!」胸がザワザワ…。原作を読んだ人ならわかっていただけると思います。

主題歌 桑田佳祐『月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)

2011年に発表され、2011年9月被災地にエールを送るために敢行された宮城ライブのアンコールで演奏された名曲。

「現在(いま)がどんなにやるせなくても 明日は今日より素晴らしい」という歌詞が、登場人物に、私たちに寄り添ってくれます。

スポンサーリンク