小説『ドクター・デスの遺産』実在した

”どんでん返しの帝王”の異名を持つ中山七里さんのサスペンス。刑事犬養隼人シリーズの第4作目です。

今回のテーマは「尊厳死」「安楽死」。実に重い。重すぎる…。

〈ドクター・デス〉は実在した人物です。末期患者の「死ぬ権利」を支持し、130人もの安楽死に関わったとされています。

スポンサーリンク

禁断の小説、あらすじは?

「悪いお医者さんが来て、お父さんを殺しちゃったんだよ。」という子どもからの一本の通報を発端に、これまで闇に隠れていた「安楽死」という連続殺人事件を追うことになった警視庁捜査一課の刑事、犬養隼人と高千穂明日香。

少年の父・馬籠健一は肺がんで自宅療養中のところ、心不全で亡くなったとのことでした。息子が言うには、1人目のお医者さんが来て注射をしたら、お父さんは急に静かになって、息を引き取ったとのこと。

遺体を引き取り司法解剖をした結果、血中のカリウム濃度が異様に高いという、かつて東海大学医学部付属病院で発生した安楽死事件の患者死亡時のデータと瓜二つでした。

妻を問い詰めると「営利目的ではなく〈死ぬ権利〉を主張し、積極的安楽死を推進するために活動している」とうたった【ドクター・デスの往診室】というサイトが存在し、サイトを通じて「ドクター・デス」に安楽死を依頼したことを認めました。

【ドクター・デスの往診室】のサイトにコメント欄に書き込みをした人物を特定し、直接会ったことがないか地道に聞き込みをし、ドクター・デスの人相を特定しようとします。みんな口をそろえて言うのが「頭のてっぺんが禿げていて、背が低く、印象に残らない顔」だということ。

そして、実際に安楽死をお願いした家族は、苦しむ家族を安らかに眠らせてくれたことに、むしろ感謝しているような口ぶりなのでした。

顔も名前もわからないとあっては犯人の特定のしようがありません。犬養は禁断の手段に出ます。

犬養の一人娘・沙耶香は重度の腎臓病で入院していました。沙耶香をおとりに使おうというのです。しかし、娘に万が一のことがあってはいけないので、仮名で別病院におびき出すという計画を実行しました。

ドクター・デスとの約束の時間警察の包囲網は強固なものでしたが、ドクター・デスは現れませんでした。

そして、沙耶香の元には塩化カリウム製剤の点滴バッグが届けられていました。

ドクター・デスの存在が世間に公表されてからは「ドクター・デスに安楽死させられた人がいる」という通報があり、またしても安楽死が遂行されていました。

ここでも「ドクター・デスの顔は印象が薄くてあまり覚えていない」と言われますが、同伴の看護師は個性のある顔立ちだったとの供述を得ます。

似顔絵から雛森めぐみという看護師を特定します。

雛森めぐみは「ダクター・デスの目的は知らなかった。抗がん剤の一種を注射していると思っていた。」と語り、その医者の名前は「寺町亘輝」だと言いました。

名前がわかったところで捜査に進展はなく、こう着状態が続いていましたが、鑑識課から有力な情報がもたらされました。ドクター・デスが足を踏み入れた場所から採取された土の中からは「凝灰質粘土の土と風化した藻」が含まれていることがわかりました。

その土質に該当する場所は3か所。ホームレスがテント村を形成している河川敷でした。

捜査員をNPO職員に潜入させ、テント村の様子を録画し、「寺町亘輝」らしき人物がいないか精査したところ、それらしき人物が見つかります。

警察は慎重に包囲網を敷き、「寺町亘輝」を確保しました。

事件の結末は?(含ネタバレ)

ここから先はネタバレです。

中山七里さんの作品は最後の最後に「どんでん返し」が待っているので、映画を見る予定の方は、結末を知らない方が絶対おもしろいですよ!

寺町亘輝の正体は?
寺町亘輝はただのホームレスで、実はドクター・デスに雇われていました。

そうです。ドクター・デスの正体は…

看護師の雛森めぐみでした。

ドクター・デスとの対決
ドクター・デスから犬養に「海外に逃亡する」という連絡が入ります。

ところが、ドクター・デスは日本で最後の仕事をするために、島根県に向かっていました。

最後の依頼者・久津輪博信の自宅に着いたドクター・デスを待っていたのは、高千穂と犬養でした。

その時、パラパラと音がしたかと思うと、轟音と共に久津輪邸は土砂に押しつぶされてしまいます。

犬養、高千穂、ドクター・デスは無事でしたが、久津輪氏は天井を支えていた梁の下敷きになっており、瀕死の状態でした。

「肋骨が折れて肺に突き刺さっている。もって10分か15分。呼吸自体が拷問になっている状態。絶命するまで耐えがたい苦痛を味わい続ける。」そう言って、ドクター・デスは筋弛緩剤のアンプルを取り出しました。

「それは、殺人だ」と止める犬養。苦痛にあえぐ久津輪氏の悲鳴…。犬養は手を伸ばすことができませんでした。

「これはわたしの背負う罪よ。あなたは関わらなくていい」

ドクター・デスの遺産
雛森めぐみは、かつて〈国境なき医師団〉の一員でした。

中東で起こった独裁政権と民主化の闘いは、実際戦争そのものでした。薬も麻酔もなく、毎日、苦痛にのたうち回りながら死んでいく患者。医師や看護師がどんなに頑張っても救えない命がそこにはありました。

めぐみが尊敬し、手となり足となりつくしてきた医師のブライアンが、激痛にあえぐ一人の患者に、筋弛緩剤を注射しました。

「これは治療ではない」と思っためぐみでしたが、ブライアンから「これはわたしが背負う罪だ。めぐみは関わらなくていい」と言われました。

戦況が悪くなりテントをたたんで撤退しようとしたその時、大きな爆撃があり、目の前のビルが吹き飛びました。満身創痍で立ち上がっためぐみが見たのは、2本の鉄筋に体を貫かれたブライアンの姿。ブライアンからアンプルを手渡され「死ぬ権利を与えてくれ」と言われためぐみは、彼の望みを叶えることしかできませんでした。

「安楽死」は法には反しているかもしれないけれど、人道には則っている。事例を増やせば、垣根は低くなり罪悪感も減退する。先代の〈ドクター・デス〉の遺産はその過程で価値あるものに変わっていく。

それがめぐみの信じる正義でした。

小説の感想

さすが「どんでん返しの帝王」の異名を持つ中山七里さん!犯人を追い詰めたと思ってからの展開が超絶面白かったです!

…なのに、このずーんとくる読後感は一体何?

理由はわかっているんです。テーマが重い…。重すぎるんです。

「安楽死」は犯罪。日本ではそうです。頭では、わかっちゃいるんです。

でも実際に、目の前の大切な人が苦痛に顔を歪ませている姿を、直視し、平気でいられるか?と問われると「はい」と言える自信はありません。

自分自身に置き換えてもそうです。残りわずかな余命とわかっていて、苦しみたいかと言われたら「苦しみたくない」と答えてしまうでしょう。

心と頭が全く同じ方向に向かないから、爽快なサスペンスのはずなのに、読んだ後辛くて苦しくて、あーモヤモヤする。

誰かと議論してみようと、ほんの少し思ってみたりもするけど、きっと答えは出ないし、決着することはないのがわかっているので、やっぱりやーめたって思ってしまう…。きっと、今の日本という国がそうなのでしょうね。

高齢化社会、高額医療、延命治療、終末医療…どれもいずれは避けて通ることのできない、直面するに違いない問題です。せめて、大切な家族とは目を逸らさずに、話しておかなければいけないのでは…と思いますが。できるかな。

うーん、やっぱり私は「安楽死」には賛成はしないなぁ…。

あなたは、どういう感想を抱くのでしょう。

購読する方法は?


映画とは違う大どんでん返し!ぜひ体験してね。
【価格は2021年2月現在】

U-NEXT 704円
FOD PREMIUM
music.jp 704円
amazon prime 634円(Kindle版)
704円(紙の文庫本)
漫画全巻ドットコム
ebookjapan
まんが王国
Booklive 704円
Renta!
コミックシーモア
honto 704円

ポイント購入のサイトでは100pt購入するのに110円かかるので、同じ価格となります。

犬養隼人シリーズとは?

警視庁刑事部捜査一課の刑事である犬養隼人を主人公とした推理小説です。扱うテーマは常に”

『切り裂きジャックの告白』と『七色の毒』の中の『白い原稿』は沢村一樹さんが犬養隼人を演じてドラマ化されています。

切り裂きジャックの告白:臓器移植

七色の毒(短編集):色にまつわる7つの事件

ハーメルンの誘拐魔:ワクチンの副作用

ドクター・デスの遺産:尊厳死、安楽死

カインの傲慢:臓器移植と貧困


この作品で興味を持った方は、ぜひシリーズでどうぞ!5冊合本になった電子書籍もあります。3960円です。
【価格は2021年2月現在】

スポンサーリンク