映画『アオハライド』キラキラキャストによる青春ラブストーリー(含ネタバレ)

「青春(あおはる)」に「乗ろう!」という、正統派青春ラブストーリー。恐る恐るこぎ始めた青春だったけど、次第にみんな全力で駆けぬけていこうとする姿が愛おしくなる物語です。

咲坂伊緒さんの原作・青春三部作第一弾!「アオハライド」とは「あおはる(青春)」に「RIDE(乗る)」という意味で、咲坂さんによる造語です。

青春は、ただただ楽しいだけではなく、時には痛みを伴うものです。つまりは、誰にでも心覚えのある青春あるあるの出来事てんこ盛りの物語です。

スポンサーリンク

青春キラキラキャスト

吉岡双葉:本田翼

中学生の時クラスメイトからハブられていた経験から、高校ではひたすら女子との付き合いに気を遣い、男子にはもてないようにガサツ女を演じていました。洸に再会して、思うようにならないこともいっぱい経験して、双葉がだんだんと成長していく姿が眩しすぎます!

馬渕洸:東出昌大

双葉の初恋の相手”田中洸”は名前が変わって、なんと双葉と同じ高校に通っていました。心に闇を持つ洸は「どうでもいいよ」という、なんだか投げやりな態度ばかりとり、双葉は気になって仕方ありません。

槙田悠里:藤本泉

可愛くて男子に人気があるというだけで女子からハブられていました。中学生のときの自分を見ているようでモヤモヤしていた双葉は「嫉妬してるだけじゃない」と言ってしまい、同じようにハブられるはめに。でもそのおかげで悠里とは仲良しになりました。

村尾修子:荒川優愛

一匹狼的な存在でしたが、双葉たちと一緒に委員をすることになって少しずつ友達としての距離を近づけていきます。実は田中先生に恋しています。

小湊亜耶:吉沢亮

修子のことが大好き。いつもノリが良くて明るくいムードメーカー。

↑左から洸・双葉・悠里・修子・小湊

映画のあらすじ(含ネタバレ)

中学生のときに友達からハブられていた経験から、とにかく男子にはもてないように、女友達に気を遣って生活していたある日、初恋の人「田中くん」と再会したことで、双葉の人生は大きく動き始めます。

かわいいというだけでハブられていた悠里のことをかばったせいで、双葉も友達からハブられることになりますが、割り切る強さを知って、新しい一歩を踏み出す決心をします。その一歩目が…。

2年生になって、なんと双葉は学級委員に立候補します!そしてめでたく同じクラスになった洸も学級委員、悠里・修子・小湊がイベント委員になり一緒に宿泊のリーダース研修会に参加します。個性さく裂でいろいろありましたが、同じ朝日を一緒に見たことで、5人の絆は強くなるのでした。

優しいんだか意地悪なんだかよくわからない洸に振り回されて、自分の気持ちからなんとなく目をそらし続けていた双葉でしたが、悠里に洸のことが好きだと言われ、自分の気持ちにはっきり気付いてしまいます。

洸の心の闇が「母親の死」にあることを知って、双葉は洸を新しい世界に連れ出そうとします。そこに洸が長崎で中学時代を一緒に過ごした鳴海が洸を頼ってやってきます。鳴海のお父さんが亡くなり、その悲しみに寄り添うことで、洸は自分の母に何もできなかった罪悪感をまぎらわわそうとしていました。

時を同じくして、双葉にも菊池くんが思いを告げます。洸に「つきあえない」と言われた双葉は、優しい菊池くんの思いに応えようと付き合うことにします。

修学旅行の行き先が長崎に決まり、小湊たちは洸が長崎での暗い思い出をふっ切るために、洸の思い出の地を巡る計画を立てます。そこで、母の本当の思いを知り、自分は楽しんだり笑ったりしてもいいんだと素直になります。

洸は鳴海に、双葉は菊池くんに本当の気持ちを告げ、やっと2人は互いに好きだと伝えあうことができたのでした。

 

映画のここを見てほしい! と感想

可愛くておとなしい女の子だったために、男子からもてるようになり、女子からは嫌われることになってしまった中学生時代の双葉。高校入学を機に、二度と同じ目には遭いたくないと、ガサツを演じ女友達に同調しまくる…これって青春あるあるですよね。

でも、ぼっち経験のある双葉、悠里、修子は、それぞれ友達と自分を大切にすることを知り、ともに成長していきます。グズグズ悩んでばっかりいないで「変わろう!」とする健気な姿には、若いって素晴らしい!見習わなくては!と素直に感動しました。

そして、洸は母親の死、鳴海は父親の死(原作では小湊も大切な人の死)を経験します。大切な人を亡くすというのはどういうことなのか、という乗り越えるのが難しいテーマも含んでいます。こんなにも重い気持ちを、中高生の少年一人で抱えきれるものなのか、見ていてとても切ない気持ちになりました。

それにしても青春って、本当にめんどくさい!恋の駆け引きはかみあわないし、頭ではわかっていても全然心が言うこと聞いてくれないし。これが、若いってことなんでしょう。年を取るって、ただ単に年齢が1つずつ増えていくだけではなく、だんだんと損得で物事を判断したり、早めに決めて諦めたりするようになることなんでしょうね。

私には若さのかけらが一粒も残ってないことに気づいちゃったわ…。

『アオハライド』視聴できるサービスは?

会員は見放題有料レンタルの両方あるようです。

U-NEXT 無料
FOD PREMIUM 無料
dTV レンタル 330円(標準) 440円(HD)
amazon prime 無料
Hulu 無料
music.jp レンタル 440円

ぜひ、お得な視聴方法でご覧ください。

主題歌 『キラリ』

大好きな人と笑い合える、普通の毎日を過ごしたい…というありきたりだけど一番贅沢な思いを歌った、いきものがかりの『キラリ』

物語にぴったりな歌詞をかみしめてほしいなぁ♪

勝手に 映画 vs 原作

仲良し5人組はもちろんのこと、菊池くん役の千葉雄大さん、漫画のキャラがそのまま抜け出してきたみたいで完成度高すぎるでしょ。アオハライドの漫画の表紙の双葉なんて本田翼さんにしか見えない!

みんな雰囲気持っていて、不器用な青春を必死で走っていて、これぞ直球の青春映画って感じでした。

ただ漫画で13巻あるエピソードを2時間の映画に詰め込むには、少し忙しすぎたのは否めません。というか残念!修子と田中先生や小湊にもいろいろエピソードがあるし、洸に告白して玉砕した悠里にも新しい恋が訪れます。

でもって、洸は黒い猫ちゃんをほっとけなくなって飼い始めるんです。映画に入れてほしかったな。

「あと1ミリ」の距離が縮められない双葉と洸のもどかしい気持ちも、たまに素直で可愛くなる洸も、漫画の方がキュンキュンしちゃうかな。映画もいいけど漫画をぜひ読んでほしいです!

そんなわけで 40 vs 60

スポンサーリンク