原作小説『夜、鳥たちが啼く』あらすじは?

悶々と暮らしていた慎一の元に、裕子が3歳の息子・アキラを連れて転がり込んできた。裕子は友人の妻だ。

母屋を裕子とアキラに明け渡し、慎一は離れのプレハブで生活する。この奇妙でアンバランスな生活は一体どこに行きつくのか?

佐藤泰志さんの小説に出てくる登場人物は、世の中を諦めつつも人との繋がりを心の底から欲し必死で生きている…そんな市井の人々です。

「不遇の作家」とも言われる佐藤泰志さんの作品が、近年大いに見直されまたまた映画になることになりました。

スポンサーリンク

『夜、鳥たちが啼く』のあらすじは?

2か月前、慎一(25歳)のもとに裕子と息子・アキラ(3歳)が転がり込んできた。裕子は慎一の友人・邦博の妻だ。邦博は仕事で知り合った若い女に入れあげているようだ。

転がりこんできたと言っても一緒に暮らしている訳ではない。裕子とアキラは母屋で生活し、慎一が離れのプレハブで生活しているのだ。

新しいアパートが見つかるまでという約束だが、裕子が部屋を探している気配は感じられなかった。裕子とアキラと一緒に海に出かけたこともあり、近所の人や大家には家族とみなされているのかもしれない。

ある夜、慎一が母屋に行くと裕子の姿はなくアキラが一人で眠っていた。冷蔵庫のビールを拝借してプレハブに帰ろうとしたところへ裕子が帰ってきた。

どうやら男と飲み歩いていたみたいだ。裕子はそうやって時々夜出かけて行く。そして男の匂いを漂わせて帰ってくる。

裕子をプレハブに誘い、一緒にビールを飲んだ。その夜、慎一と裕子は初めて体を重ね、朝までに3回求め合った。

隣の奥さんに裕子は、別居していたけど訳あって戻ってきて、今は家庭内別居の状態と説明したようだ。

慎一はこのまま結婚せずに家庭内別居状態を続けていかないかと、裕子に提案してみた。

裕子は結婚生活にも慎一の両親との関係にも、気楽ではいられないと言った。それでも裕子は今のような生活を続けていくことに前向きみたいだ。

自然になるようになればいい。

『大きなハードルと小さなハードル』その他の収録作品

第1部(1~5)は「秀雄もの」と呼ばれている秀雄と光恵の物語の短編集です。

1.美しい夏

秀雄(23歳)と光恵が東京の古いアパートで暮らし始めた時、秀雄は無職だった。光恵はその時働いていたスーパーをやめることが決まっていた。

喧嘩して帰ってきた夜、秀雄は東京を出て山梨の田舎で暮らそうと言った。引っ越すお金もないというのに。

2.野栗鼠

秀雄と光恵の間には陽子という娘が生まれていた。陽子が2歳8か月の夏、秀雄の祖母が亡くなって、久しぶりに家族で故郷に帰ってきた。

親子3人で山に登った。

3.大きなハードルと小さなハードル

1年後の夏、秀雄は仕事を辞めて無職だった。ひどいアルコール中毒で、1週間前にも朝から酒を飲んで素手で次々とガラスを叩き割っていった。

入院を勧められたが秀雄はことわった。裕子は陽子を連れて実家に帰っていった。お酒がやめられたら帰ってくると言って。

4.納屋のように広い心

裕子が5歳2か月になった陽子を連れて出ていった。「あたしも好きにやります。放っておいてください。」という手紙を残して。

秀雄には心当たりがなかった。酒も自力でやめたし、引越屋の仕事も始めた。秀雄は見つかった裕子を迎えに行った。

5.裸者の夏

秀雄一家は光恵の実家に来ていた。秀雄は陽子を連れて川を見に行くのが癒しだった。

6.鬼ヶ島

美智子と別れて文子と生きていくことを決心した高橋のお話。

小説を読んだ感想は?

簡単に言ってしまうと生きることをどこかあきらめてしまったような男が、少しだけ生きることに前向きになっていく物語とでもいうのかな。

転がりこんできたのはよりにもよって友達の奥さん。今後波乱が起こる気しかしないのに、それを断ることもできなければ近づくこともできない…。

夜になると出かけて行って男の匂いをさせて帰ってくる裕子のことが気になって気になって仕方がないのに、それを咎めることも聞き出すこともできない…。

そんな慎一が、相変わらず主導権は裕子に握られているんだけど、自分の気持ちを素直に伝えてみたり歩み寄ってみようとする姿には愛おしさすら感じてしまいます。

なるようになればいいと、自然の流れに身を任せてみるのも、時にはいいかもしれない。問題が起こってから考えればいいや。

この二人の関係、そんなにお気楽に続いていけるかどうか疑問だけど。2人に幸あれとついつい祈ってしまうような物語でした。

山田裕貴さんと松本まりかさんで実写化されるなんて、キャラがドストライク過ぎて期待度は必然的に大きくなってしまいます。

映画では慎一は売れない作家となっているようです。頼りなくて繊細な慎一と、我が道をゆく裕子。映画ではどんなエピソードが追加されて描かれるんでしょうね。楽しみです!

『夜、鳥たちが啼く』を電子書籍で!

2022年7月21日時点の情報となります。 オフィシャルサイトにて必ず最新の情報をご確認ください。

U-NEXT 836円
music.jp 836円
amazon prime 794円(Kindle版)
836円(紙の文庫本)
漫画全巻ドットコム 836円
ebookjapan 836円
Booklive 836円
コミックシーモア 836円
honto 836円
いつでも書店 760pt